犬が食べれる果物

犬が栗を食べるメリットはありますか?

      
犬は栗を食べても大丈夫 犬が食べれる果物
       

犬が栗を食べることは、一般的には安全で大丈夫ですが、与える量や犬の年齢によって留意すべき点があります。栗は犬にとって有害な成分を含まないため、適量であれば健康的なおやつとなります。

しかし、栗はカロリーが高く、食物繊維も豊富なため、過剰に与えると消化不良や肥満の原因をつくることになります。特に生後6ヶ月未満の幼犬や、特定の健康問題を持つ犬には慎重な導入が必要です。この記事では、犬が栗を食べるメリット、犬に栗を安全に与えるための量、適切な年齢、およびその他の注意点について詳しく説明します。

栗を犬が食べても大丈夫

犬が栗を食べても大丈夫な理由は、栗が犬にとって毒性がないこと、栄養価が高いこと、適度な量であれば消化にも良いからです。栗はビタミンC、ビタミンB群、食物繊維、ミネラルなどを含んでおり、これらは犬の健康に役立つ栄養素です。

獣医師によるレビュー

ほとんどの栗は犬にとって無毒であり、控えめに与えれば安全に摂取できます。マルタ・ビダル・アバルカ獣医師

Can Dogs Eat Chestnuts? Vet-Approved Safety Facts & FAQ
Vet approved Reviewed & Fact-Checked By Dr. Marta Vidal-Abarca BVSc GPCert (Ophthal) MRCVS (Veterinarian) The informatio...

犬に生の栗は与えるべきではない

生の栗を犬に与えるべきではありません。そのまま与えると、犬が栗を丸呑みしてしまうことがあり、これが胃腸内で異物となり、健康問題を引き起こすリスクを高めます。

さらに、生の栗は硬さがあり、噛むのが難しいため、特に歯や歯茎に問題を持つ犬にとっては、歯や歯茎を傷つけるリスクがあります。そのため、歯や歯茎の損傷を避ける目的で、生の栗の与え方を避ける必要があります。

犬にもたらす栗の栄養上のメリット

栗には炭水化物、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれており、エネルギー生産、消化器官の健康、免疫機能、全体的な健康をサポートしてくれます。

食物繊維の効果

  • 消化促進:食物繊維は消化器系の健康をサポートし、便通を良くします。これにより、便秘の予防や解消に役立ちます。
  • 腸内フローラのバランス:食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなり、健康な腸内フローラのバランスを促進します。これは、免疫システムの強化や病気への抵抗力を高める効果があります。
  • 体重管理:食物繊維は満腹感を与えるため、過食を防ぎ、体重管理に役立ちます。これは、肥満を予防する上で重要な役割を果たします。
  • 血糖値の安定:食物繊維は消化吸収を遅らせることで、食後の血糖値の急激な上昇を抑制します。これにより、糖尿病のリスクを低減することができます。
  • 心血管系の健康:食物繊維の摂取は、コレステロール値を改善し、心血管系の健康をサポートするとされています。

犬にとって、栗を含む食物繊維は、適量であればこれらの利点を享受することができます。しかし、過剰に与えると消化不良や腹痛を引き起こす可能性があるため、摂取量には注意が必要です。

犬に栗を与えすぎたときのデメリット

栗を剝いているシーン

犬に栗を与えすぎた場合、いくつかのデメリットや健康上の問題が生じる可能性があります。栗は栄養価が高いものの、適切な量を守らないと以下のような問題が起こり得ます。

消化不良

栗は繊維質が豊富で、犬が過剰に摂取すると消化不良を引き起こすことがあります。これは、腹痛、下痢、嘔吐などの症状を伴うことがあります。

肥満

栗はカロリーが高く、犬に過剰に与えるとカロリー摂取過多につながり、肥満のリスクを高めます。肥満は、関節病、糖尿病、心臓病など、さまざまな健康問題の原因となり得ます。

栄養の偏り

栗を多量に与えることで、犬の食事が偏り、必要な栄養素が不足する可能性があります。犬の食事はバランスが重要で、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素を適切な比率で摂取する必要があります。

アレルギー反応

犬によっては栗に対してアレルギー反応を示すことがあります。過剰に与えた場合、アレルギー反応が顕著に現れることがあり、皮膚のかゆみや消化器症状などを引き起こす可能性があります。

喉に詰まるリスク

特に生の栗をそのまま与えた場合、硬くて大きい栗が喉に詰まり、窒息の危険性を高めます。これは非常に危険な状況であり、緊急の対応が必要となる場合があります。

犬が栗を食べ始めるのに適した年齢を確認しよう

犬が栗を食べ始めるのに適した年齢は、一般的には生後6ヶ月以上の時期が考えられます。生後6ヶ月を過ぎると、多くの犬が固形食をしっかりと消化できるようになり、人間の食べ物を少量、安全に試せる段階に入ります。

シニア犬に栗を食べさせても大丈夫

栗にはカリウムが多く含まれているため、腎臓病や心臓病など、栗の摂取が禁忌となる特定の健康上の問題がなければ、シニア犬でも栗を食べることができます。

犬に与えてよい栗の量

犬に与えてよい栗の量

栗の量は犬の1日のカロリー摂取量の10%を超えてはなりません。このガイドラインは肥満の予防に役立ち、栗が主な食料源ではなくおやつまたは栄養補助食品としてあげてください。

犬の体重別・食べていい栗の目安量(栗の個数)

栗は、1個24gで37kcalの可食部で計算しています。栗の量は、獣医師監修下の情報による1日の必要カロリーの10%としています。栗を初めて与える場合には、少量から始めてアレルギーなどの様子を観察してください。

成犬の重量(kg)1日の推奨カロリー摂取量(kcal)栗からのカロリー摂取量(kcal)栗の量(g)栗の個数
330030190.8個
540040251個
760060381.5個
1070070451.9個
1590090582.4個
20110110713個
251300130843.5個
301500150974個
犬の体重別・食べていい栗の量(栗の個数)

栗をあげたときは、それに見合った主食のカロリーを減らしてください。

栗の調理と注意事項

栗は消化しやすいように柔らかくするために調理(茹でたり焼いたり)する必要があります。窒息を防ぎ、消化を良くするために、硬い外皮と苦い内皮を取り除く必要があります。特に犬がこれまで栗を食べたことがない場合は、副作用がないか監視するために常に少量から始めてください。

また、市販の栗製品には犬に合わない添加物や成分が含まれている可能性があるので注意が必要です。市販の栗製品を犬に与えることを検討する場合は、犬に有害となる可能性のある添加物や成分がないか成分リストを注意深く調べることが重要です。

多くの加工食品には砂糖、塩、保存料が含まれており、犬の健康に悪影響を及ぼし、肥満、糖尿病、ナトリウムイオン中毒などの問題を引き起こす可能性があります。

与える際の注意事項

  • プレーンな栗を選ぶ:香料や材料を加えていない、プレーンな調理済みの栗を選びましょう。これにより、栗が犬にとって可能な限り安全で健康的であることが保証されます。
  • 適量が鍵:前述したように、過剰摂取を防ぎ、栄養バランスを維持するために、栗の量は犬の 1 日のカロリー摂取量の 10% 以下に制限する必要があります。
  • アレルギー反応に注意する:まれではありますが、栗に対してアレルギー反応を起こす犬もいます。症状には、かゆみ、発赤、消化器系の不調などがあります。犬に栗を与えた後にこれらの症状が現れた場合は、使用を中止し、獣医師に相談してください。
  • 犬の健康を考慮する:特定の健康上の問題、特に腎臓や心臓に影響を与える問題を抱えている犬は、栗などのカリウムを多く含む食品を避ける必要がある場合があります。犬の食事に新しい食品を導入することに不安がある場合、特に既存の健康状態がある場合は、必ず獣医師に相談してください。
  • 徐々に与える:犬に初めて栗を与えるときは、犬の反応を確認するために少量から始めます。この段階的な導入は、リスクを最小限に抑えながら副作用を特定するのに役立ちます。

参考サイト

記事投稿者

misato

ご訪問ありがとうございます。犬好きのMisatoです。愛犬と共に健康で生活していけるよう役立つ情報を発信していきます。

推奨記事

犬のハイシニアは何歳?小型犬と大型犬では違うの?
ペットの健康を守る法律、「ペットフード安全法」徹底解説
犬のビタミン不足と摂りすぎのリスク。ビタミンCが摂れる野菜と果物
犬に危険な食べものはチョコレートだけではない:健康を守るための全知識!
犬はトマトやミニトマトを食べて大丈夫?適量ならいいの?
タイトルとURLをコピーしました