犬が食べれる野菜

さつまいもの栄養成分が犬にもたらす効果とは

      
犬が食べれる野菜
       

犬がさつまいもを食べても大丈夫です。さつまいもは食物繊維を含み、栄養価が高いので、犬に健康効果をもたらします。しかし、さつまいもは高カロリーなため、あたえる量については注意が必要です。またさつまいもの皮には注意点がありますので、こちらについても詳しく解説します。

さつまいもを犬が食べても大丈夫?

さつまいもを食べている犬

「犬にさつまいもを食べさせても本当に安全なの?」という疑問は、多くの犬の飼い主が共有する一般的な懸念です。

この点に関して獣医師たちの監修した情報に基づきますと、さつまいもは、犬に有害な毒素を含んでいないため、調理したさつまいもは犬にとって安全な食材であるので、犬にさつまいもをあげても大丈夫と結論づけられます。

また、獣医師・Joshua Montgomery 博士によりますと「犬がさつまいもを食べること」について、次のように述べています。

犬はサツマイモを食べても大丈夫です。実際、サツマイモは食物繊維、ビタミン(A、B6、Cなど)、鉄、カルシウム、セレンなどのミネラルが豊富なため、多くの高品質ドッグフードの材料としてよく使われています。また、犬の視力、成長、筋力に有益なベータカロテンも提供します。

https://bettervet.com/

さらに、多くのドッグフードにさつまいも(スイートポテト)が原材料として使用されています。また、さつまいもを使った犬用のたくさんのレシピも紹介されていること、犬用のさつまいものドライフーズなどもたくさん販売されていることからもさつまいもの安全性が裏付けられます。

しかし、重要なのは食べさせる方法です。生のさつまいもをそのままあげるのではなく、必ずよく洗ってから煮る、焼く、蒸すなどの調理を行ってから食べさせましょう。これにより、犬が安全にさつまいもを消化し、栄養を得られるようになります。

犬のためのさつまいもの調理法

犬にさつまいもをあげる前には、適切な調理方法を採用しましょう。

  • まず、さつまいもは必ず調理してください。焼く、蒸す、茹でるなどの方法がありますが、生で与えるのは避けてください。生のさつまいもは消化が難しく、犬にとっては健康リスクを引き起こす可能性があります。
  • 次に、特に小型犬に与える際は、窒息のリスクを避けるために、一口サイズに小さく切ってください。これにより、犬が安全に食べることができます。
  • さらに、調味料は加えないでください。焼いたり蒸したりしたさつまいもは、塩分やその他の調味料を加えずにそのまま与えるのが最善です。これらの添加物は犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、特に塩分は犬の健康にとって非常に危険です。

これらのガイドラインにそうことで、犬にとって安全かつ栄養価の高いおやつとして、さつまいもを提供することができます。

それでは、さつまいもを調理する際のポイントについて詳しく説明します。さつまいもは、ゆでる、蒸す、焼くなど様々な方法で調理できますが、ここでは特にゆでる方法に焦点を当てます。

さつまいもをゆでる基本的な手順

  1. さつまいもの下処理
    • さつまいもをよく洗い、土や汚れを落とします。
  2. カットする
    • 調理時間を短縮するため、また火の通りを均一にするために、さつまいもを一口大や棒状にカットします。カットする際は、大きさを揃えることがポイントです。
  3. ゆでる
    • 大きめの鍋に水を張り、さつまいもを入れて中火にかけます。水からゆで始めることで、さつまいもの中心まで火が通りやすくなります。
    • 水が沸騰したら、弱火にして蓋をし、柔らかくなるまでゆでます。ゆで時間はさつまいもの大きさや種類によって異なりますが、一般的には水からゆでて15分程度です。
    • 竹串などがスムーズに刺さるようになったら、火から下ろし、水気を切ります。

ゆでる際のポイント

  • ゆで始めは冷水から:さつまいもを冷水からゆで始めることで、内部まで均等に熱が通りやすくなります。
  • 弱火でゆっくりと:弱火でゆっくりとゆでることで、さつまいもの甘みが引き出され、ほくほくとした食感になります。
  • 水の量:さつまいもがしっかりと水に浸かるくらいの水の量が必要です。水が蒸発してさつまいもが露出しないように、途中で水を足すことがあれば加えてください。
  • 加熱後の扱い:ゆであがったさつまいもは熱いうちに皮をむくと、皮が剥きやすくなります。ただし、火傷には十分注意してください。

このように、さつまいもをゆでる際は、カットの大きさを揃えること、冷水からゆで始めること、そして弱火でゆっくりと加熱することが大切です。これにより、さつまいも本来の甘みとほくほくとした食感を最大限に引き出すことができます。

さつまいもの栄養成分が犬にもたらす効果

さつまいもの最大の特徴は、豊富な食物繊維にあります。またビタミンやカリウム、カルシウムなどの栄養素も多く含んでおり、栄養バランスがよいため準完全食品1とも呼ばれています。これらがもたらす効果と他の栄養価のメリットについて見てみましょう。

1、さつまいもの豊富な食物繊維

犬は食物繊維を分解する酵素を持っていないため、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)のガイドラインでは、食物繊維に関する明確な基準は設けられていません。そのため、犬にとって食物繊維が必須であるとは言えませんが、ドッグフードの成分としてその存在は無視できません。

多くのドッグフードには約3~5%の食物繊維が含まれており、これはドッグフードメーカーが犬の健康に対する食物繊維の利点を認識していることを示唆しています。

下表に示すように、さつまいもは高い食物繊維を含んでおり、これが人間同様に犬の消化を助け、便のスムーズな排出を促します。さらに、食物繊維は消化促進だけでなく、他にも多くの健康上の利点をもたらします。これらの点を踏まえて、犬の食事にさつまいもを取り入れる場合は、適切な量と調理方法に注意することが重要です。

皮つきと皮なし水溶性食物繊維不溶性食物繊維総量
皮つきの蒸したさつまいも1.0 g2.8 g3.8 g
皮なしの蒸したさつまいも0.6 g1.7g2.3 g
100gあたりの食物繊維の比較

さつまいも皮なしの食物繊維総量は、2.3gです。この値は、セロリー1.5g、はくさい1.3g、きゅうり1.1gより多い量です。

食物繊維は急激な血糖値を抑制する

食物繊維は、炭水化物が吸収される速度を緩やかにするため、血糖値の上昇を抑制する効果があります。この作用は、糖尿病に効果があるとされています。

参考文献:PURINA Institute

腸内細菌叢の健康

食物繊維は、健康的な腸内細菌の栄養源となり、腸内フローラのバランスを改善します。

体重管理

食物繊維は満腹感を増すため、過食を防ぎ体重管理に役立ちます。

心血管疾患のリスク低減

一部の食物繊維は、悪玉コレステロール(LDL)を低下させる効果があり、心臓病のリスクを減少させる可能性があります。

炎症の軽減

一部の食物繊維は炎症を減少させる効果があるとされ、慢性炎症性疾患の予防や管理に役立つ可能性があります。

食物繊維はガンのリスクを最小化する

食物繊維ががんリスクを低下させるというのは人間に関する研究からの説ですが、これが犬にも当てはまるかは明確ではありません。それでも、食物繊維が犬の健康に及ぼす可能性については注目に値します。

腸内環境の健康は免疫力を高める上で非常に重要であり、腸内の善玉菌は健康維持の鍵を握っています。これらの善玉菌は食物繊維をエネルギー源として好み、十分な食物繊維が摂取されない場合、善玉菌の数は減少し、他の栄養源を利用する細菌が増加します。この変化は、病原性の高い細菌が腸壁を超えて体内に侵入するリスクを高める可能性があります。

したがって、食物繊維の摂取により腸内の善玉菌のバランスを保ち、結果として免疫力を強化することが期待できると考えられます。ただし、犬における食物繊維の効果に関する具体的な研究はまだ限られているため、これらの情報は一般的なガイドラインとしてのみ参考にされるべきです。

参考記事:がんのリスクを最小化するもの①:食物繊維

2、ベータカロテンの効果

さつまいもにはベータカロテン2が豊富に含まれていますので犬にとって効果のある栄養素です。ベータカロテンは体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは犬の目の健康、免疫機能、細胞の成長に役立つ効果があります。

3、ビタミンとミネラルが豊富

ビタミンC3、マンガン、カリウム、鉄4などの他のビタミンやミネラルが含まれており、優れた供給源となります。ビタミンは他にも、ビタミン E、ビタミン A、カロテノイドが含まれ、こららはすべて強力な抗酸化物質です。

4、さつまいもはGI値が低い食品

さつまいものGI値(グリセミック・インデックス)は、生では55ですが、蒸したものは45~50のため、低GI食品5で、血糖値の上昇を抑制する効果があります。

5、ポリフェノール(主にクロロゲン酸)が豊富

さつまいもの皮に含まれるポリフェノールの量は、平均して100gあたり228mgとされています。ポリフェノールには多様な種類が存在しますが、さつまいもに含まれる主なポリフェノールはクロロゲン酸です。

クロロゲン酸は、その健康への効果において特に注目されています。中性脂肪の蓄積による脂肪肝を予防する効果があるとされ、さらには糖尿病の予防にも効果があると考えられています。これらの効果は、さつまいもの皮を犬の食事に取り入れる際の大きなメリットと言えます。

ただし、犬の健康においてクロロゲン酸がどの程度効果的であるかについては、まだ研究が進行中です。したがって、さつまいもの皮を犬に与える際には、適切な量と調理方法を守ることが重要です。また、獣医師のアドバイスを受けることも、犬の健康を考慮した上での良い選択となります。

6、ヤラピンが便秘を防ぐ

さつまいもを切ると白い液体が出てきます。この液体をヤラピンと言い、整腸作用があるとされています。さつまいもは食物繊維が含まれていますので、このヤラピンとの相互作用により便秘解消に役立ちます。

犬にあたえてよいさつまいもの量はどれくらい

与えてよい量にカットしたさつまいも

犬に与えてよい「さつまいもの量」。これを知るには、犬にとって1日に必要なカロリーの把握が必要です。

犬に必要な1日あたりのカロリー計算

犬の体重やライフステージに応じて、その必要とする一日のカロリーは異なります。子犬、成犬、そしてシニア犬や高齢の犬(ハイシニア)では、代謝のレベルや運動量に差があるためです。

おやつは必要カロリーの10%以内

おやつは、1日の必要カロリーの10%以内が推奨されています。この指針に基づき、さつまいもの適量を計算するための自動計算フォームをご用意しました。

このフォームを使用することで、犬のサイズやライフステージに応じた適切なさつまいもの量を簡単に算出できます。ただし、算出された量は上限量ですから、それを超えて食べさせないでください。

また、さつまいも以外のおやつをあげるときは、さつまいもの量を半分にするなどにして調整してください。いずれにしましても、おやつをあげたときは、主食のドッグフードを少なくしましょう。

犬が食べていいさつまいもの上限量とカロリーを計算

129 kcal

犬の体格別、さつまいもの量(グラム)

上の計算フォームから得られた「犬に与えてよい1日あたりのさつまいもの上限量」を下記に記載しました。表の「子犬」とは、生後4ヶ月から1年までの幼犬をいいます。成犬とシニア犬は、避妊・去勢しているものとして計算しています。

さつまいもは、大きさにバラツキがありますので、大きさでは表現しずらいため、食べさせていい上限量をグラム表示にしています。

参考までにさつまいもの大きさとその重量を下に示しましたので、グラム数からさつまいも1/3本や1/2本などに換算してください。

例)5kgの成犬のさつまいもの上限量は、33gです。このワンちゃんに大きいさつまいもを食べさせるときは、33÷300×100=11%。大きいさつまいもの約1/10本が上限量になります。

  • 大きい「さつまいも」:1本/約300g
  • 中くらいの「さつまいも」:1本/約200g
  • 小さい「さつまいも」:1本/約100g
犬の体重子犬のさつまいもの上限量とカロリー成犬のさつまいもの上限量とカロリーシニア犬のさつまいもの上限量とカロリー
2kg18g(24kcal)15g(19kcal)11g(14kcal)
3~5kg25g~36g(32~47kcal)20~29g(26~37kcal)15~22g(19~28kcal)
6~10kg42~61g(54~79kcal)33~49g(43~63kcal)25~37g(32~47kcal)
11~15kg66g~83g(85~107kcal)52~66g(68~85kcal)39~50g(51~64kcal)
16~20kg70~82g(90~106kcal)52~62g(67~79kcal)
21~30kg85~111g(110~144kcal)64g~83g(82~108kcal)
犬の体重とライフステージ別のさつまいもの最大量

焼きいもを犬にあげても大丈夫?

犬に焼きいもをあげても大丈夫

焼きいもを犬に食べさせても大丈夫です。焼きいもは、人間だけでなく犬にとっても素晴らしい栄養源です。主な成分は炭水化物で、天然の甘みを持ち、エネルギーを提供します。

さらに、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カルシウムを含み、犬の免疫系を強化し、健康な皮膚や骨を維持するのに役立ちます。さらに、焼きいもには食物繊維が豊富に含まれており、消化を促進し、健康な消化器系をサポートします。

しかし、すべての犬が焼きいもを同じように消化できるわけではありません。そのため、初めてあげるときは少量から始め、犬の反応を見守りましょう。

焼きいもは栄養価が高いため、過剰に与えると体重増加の原因になります。小型犬には一日に数片、大型犬には一日に数切れを目安にしましょう。

子犬がさつまいもを食べても大丈夫?

離乳食の終わった子犬にさつまいもを食べさせることは、適切な量と方法を用いれば安全ですが、子犬の敏感な消化器官に配慮し、慎重に導入しましょう。

初めて食べさせるときは、子犬の体重1キログラムあたり約1〜2グラムの量から始めましょう。さつまいもは必ず加熱処理をして柔らかくし、消化しやすい状態にしてください。

子犬がさつまいもを食べた後の反応を注意深く観察し、何か異常が見られた場合には、すぐにあげるのをやめ、獣医師に相談することが大切です。

さつまいもは栄養価が豊富であり、健康的な食品ですが、子犬の消化器官の発達段階に合わせて、慎重に量を調整することが肝心です。安全かつ健康的な食事の一部として、子犬の食事にさつまいもを取り入れる際には、常にこの点を念頭に置くことが望ましいです。

老犬がさつまいもを食べても大丈夫?

老犬にさつまいもをあげるときは、適切な量と方法に注意すれば一般的に安全ですが、年齢に伴う消化器官の変化を考慮することが重要です。

高繊維で栄養価の高いさつまいもは、老化に伴う免疫力の低下や消化不良に効果的な対策となる可能性があります。

ビタミンA、C、食物繊維、ポリフェノールなど、老犬の健康をサポートする栄養素が含まれています。ただし、老犬は若い犬と比べて消化器官が敏感になることが多いため、さつまいもを初めて与える際は少量から始め、その後の体調の変化を注意深く観察することがたいせつです。

さつまいもは消化しやすくするために、必ず加熱してあげましょう。さつまいもの量や頻度について不安がある場合は、獣医師に相談することを推奨します。

個々の犬の健康状態に応じて慎重に取り入れることで、老犬にとってさつまいもは栄養価の高い健康的な食事の選択肢となります。

さつまいもを与えてはいけない犬

さつまいもは多くの犬にとって健康的な食品ですが、一部の犬にとっては適切な選択ではない場合があります。特に、糖尿病を患っている犬、肥満傾向にある犬、あるいは特定の食物アレルギーや感受性を持つ犬にとって、さつまいもの過剰な摂取は健康上のリスクを高める恐れがあります。

さつまいもには天然の糖分が含まれており、これが糖尿病の犬の血糖値を不安定にすることがあります。また、カロリーが高いため、肥満のリスクを抱える犬にとっては不適切な選択となる可能性があります。さらに、食物アレルギーを持つ犬にとっては、アレルギー反応の原因となる恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

したがって、犬の健康状態や特定の栄養ニーズに配慮し、獣医師の指導のもとで食事を調整することが重要です。特に健康上の問題を抱える犬の場合、どのような食品を与えるかは非常に慎重に選ぶ必要があります。適切な食事選択は、犬の長期的な健康と幸福に直結します。

さつまいもの注意点

犬にさつまいもを与えるデメリットもありますので、注意事項をご覧ください。

1、生のさつまいもは食べさせない

さつまいもは、塩、砂糖、バター、スパイスなどの材料を加えずに調理(焼くか茹でる)する必要があります。生のさつまいもは消化が難しく、窒息の危険があるため適していません。調理することで、生のさつまいもに含まれる有毒化合物であるソラニンのレベルが減少します。

2、適度な量が大切

さつまいもは適度に与える必要があり、犬の1日のカロリー摂取量の10%を超えてはいけません。過剰摂取は胃腸の問題を引き起こし、場合によっては体重増加やその他の健康上の問題を引き起こす可能性があります。

3、さつまいもの皮

犬にさつまいもの皮を与える場合、適切に処理され、適量であれば一般的には安全だとされています。さつまいもの皮には、実の部分と同じように、栄養素が豊富に含まれています。特に食物繊維の含有量が高く、消化促進に役立つと言われています。

しかし、皮は硬いため、消化不良や窒息のリスクを高める可能性があることに注意しましょう。そのため、さつまいもの皮をあげる際には以下の点に注意してください。

  • 適切な処理:皮を与える前には、農薬や汚れを取り除くために十分に洗浄してください。
  • 適量の管理:与える量は犬のサイズや健康状態に応じて調整し、窒息のリスクを避けるために小さなピースに切ってあげましょう。
  • 観察:あげた後は、犬の反応を注意深く観察し、消化不良やアレルギーの兆候がないか確認しましょう。

4、特定の健康状態にある犬には避けましょう

肥満の犬には、糖分が多いためさつまいもは適さない可能性があります。さらに、腎臓結石や膀胱結石になりやすい犬は、さつまいもにはシュウ酸塩が含まれているため避けるべきです。

5、さつまいもの与えすぎ

犬にさつまいもを与えすぎると、肥満や消化不良による下痢を引き起こす場合があります。また、さつまいもにはシュウ酸が含まれており、多量に摂取すると尿路結石を引き起こす可能性があります。

6、さつまいもアレルギーに注意しましょう

犬がさつまいもにアレルギーを示すことはまれですが、徐々にさつまいもを導入し、アレルギー反応や胃腸障害の兆候がないか監視することが重要です。

7、獣医師に相談しましょう

犬が特定の疾病状態にある場合や特別な食事が必要な場合は、さつまいもを犬の食事に取り入れる前に必ず獣医師に相談してください。

よくある質問

Q
犬に「干し芋」を与えても大丈夫ですか?
A

犬に干し芋を与えても大丈夫です。こちらも適量に注意して与えてください。干し芋の適量についてはこちらの記事をご覧ください。

犬用のさつまいもレシピ

愛犬のために手軽に作れる健康的なおやつをお探しですか?「犬用さつまいもレシピ」は、ビタミンAや繊維を豊富に含むさつまいもを使用して、愛犬の健康をサポートします。

自宅で簡単に作れるレシピは、愛犬が喜ぶ自然な甘さと栄養を提供し、一緒に過ごす時間をより特別なものにします。さつまいもの優れた栄養価と、手作りの温かみを愛犬にも味わわせてあげましょう。

犬用さつまいもビスケット

このレシピは、さつまいもの自然な甘さと栄養を活かした、犬用の健康的なビスケットです。さつまいもはビタミンA、ビタミンC、繊維、その他の栄養素が豊富で、犬の健康に多くの利点を提供します。

材料

  • 1個のさつまいも(中サイズ)
  • 2カップの全粒小麦粉(犬が小麦にアレルギーがない場合)またはオートミール粉(小麦アレルギー対応)
  • 1個の卵
  • 1/2カップの無塩チキンブロスまたは水

作り方

  1. オーブンを180℃に予熱します。
  2. さつまいもをフォークで数箇所穴を開け、オーブンで45分間焼いて柔らかくします。焼き上がりには、さつまいもがフォークで簡単に突き刺せるほど柔らかくなっていることを確認してください。それが柔らかく十分焼けている良い指標になります。焼き時間を適宜調整して、さつまいもが完全に柔らかくなるまで焼くことが大切です。
  3. 焼きあがったさつまいもを冷ましてから、皮を剥き、中身をマッシュします。
  4. ボウルにマッシュしたさつまいも、全粒小麦粉(またはオートミール粉)、卵、チキンブロスを入れてよく混ぜます。
  5. 生地がまとまったら、薄く伸ばして好みの形に切り分けます。
  6. 切り分けたビスケットをオーブンシートに並べ、160℃のオーブンで25分間焼きます。
  7. 完全に冷ましてから、愛犬に与えてください。

調理時間

  • 準備時間: 約15分(さつまいもを焼く時間を除く)
  • 調理時間: 約70分(さつまいもを焼く時間含む)
  • 冷却時間: 約30分

与えていい量

  • 小型犬: 1日に1~2枚
  • 中型犬: 1日に2~3枚
  • 大型犬: 1日に3~4枚

与える量は犬のサイズと日常の食事に応じて適量を守り、ビスケットはあくまでおやつとして与えてください。新しい食品を導入する際は、犬の反応を観察し、アレルギー反応や消化不良の兆候に注意してください。

犬とさつまいものまとめ

さつまいもには、食物繊維、βカロテン、ビタミンやミネラルなどを豊富に含む野菜で犬にとって毒性となるものは含んでいませんので、与えても問題ない野菜です。

ただし注意点として、適量を与えること、生のさつまいもは与えない、皮や硬い部分は取り除く、腎臓結石や膀胱結石になりやすい犬には与えない、アレルギーに注意する、不安がある場合には事前に獣医師に相談するなどの注意が必要です。

以上、「犬にさつまいもを与えても大丈夫。与えていい量や注意点を解説」でした。

  1. 準完全食品は、人間が生きていく上で必要な栄養素を含んでいますが、完全に満たしてはいません。そのため、一部の栄養素が不足していたり、過剰に含まれていたりする食品を指します。 ↩︎
  2. さつまいもの皮付き蒸しでβカロテンは45㎍含まれています。 ↩︎
  3. さつまいもは、みかんと同等のビタミンC 24mg が含まれています。 ↩︎
  4. さつまいも皮付き蒸し100gあたり、マンガンは、0.39mg、カリムは、390mg、鉄は0.5mg含まれています。 ↩︎
  5. GI値は55以下が低GI食品です。低GI食品は、ゆっくりと血糖値が上昇します。 ↩︎

参考サイト

Can Dogs Eat Sweet Potatoes?
Sweet potatoes are a fiber-rich healthy treat for dogs, as long as they're prepared correctly and fed in moderation. Lea...
Can Dogs Eat Sweet Potatoes? Vet Approved Facts & FAQ | Pet Keen
Before you give your dog any new food it's best to know if it is safe to do so. We discuss sweet potatoes and their risk...
https://brownvethospital.com/blog/can-dogs-eat-sweet-potatoes/
Can Dogs Eat Sweet Potatoes?
Can dogs eat sweet potatoes? Yes, but only in certain situations. Ellevet discusses how you can safely feed your dog thi...

記事投稿者

misato

ご訪問ありがとうございます。犬好きのMisatoです。愛犬と共に健康で生活していけるよう役立つ情報を発信していきます。

関連記事

犬はバナナを食べても大丈夫です!1日あたりの量と注意点について解説
犬にナッツ(アーモンド・カシューナッツ)は大丈夫?
犬のカロリー自動計算とRERの求め方を解説
犬に炭水化物は必要ですか?それとも不要?適切な量ならいいの?
犬のビタミン不足と摂りすぎのリスク。ビタミンCが摂れる野菜と果物
タイトルとURLをコピーしました