犬が食べれる果物

犬にさくらんぼを与える際の重大な注意点とは

      
犬がさくらんぼを食べても大丈夫 犬が食べれる果物
       

犬にさくらんぼを与えても大丈夫ですか?メリットは何ですか?何個までなら大丈夫?さくらんぼの種を食べてしまったけど大丈夫?アレルギーは心配ないの?そのような飼い主の疑問について解説します。

さらに、犬にさくらんぼを与える際の注意点も掲載しています。その理由としては、人間にとって美味しく、栄養価が高い果物を犬に与える際には注意が必要だからです。

それでは、いってみましょう。

犬はさくらんぼを食べても大丈夫?

結論から言いますと、犬はさくらんぼを食べても大丈夫です。さくらんぼにはビタミンやアントシアニンなどの栄養が含まれていて果肉には健康を害する物質は含まれていませんので大丈夫です。

ただし、さくらんぼの種は、窒息の危険性がありますし、種や茎には、アミグダリンという危険な物質が含まれていますので必ず取り除いてから食べさせてください。

重ねて注意点として、さくらんぼは糖分が高いため、過剰に与えると肥満や糖尿病のリスクを高めますので、適量を与えるよう心がけましょう。

さくらんぼを食べさせる際の調理法

先ほども言及しましたが、さくらんぼの種は犬にとって危険なため、必ず取り除いてから与えてください。種にはシアン化合物が含まれており、これが体内で分解されるとシアン化水素ガスを発生させ、中毒を引き起こす可能性があります。獣医学の専門家や動物の栄養に関するガイドラインでも、さくらんぼの種や他の果物の種(例えば、リンゴや桃の種)がペットに有害であると広く認識されています。

小型犬や子犬には、さくらんぼを小さく切って窒息のリスクを減らすことが重要です。

さくらんぼを食べさせるメリット

さくらんぼには主な成分として、ビタミンC、食物繊維、カリウム、アントシアニン、メラトニンを含んでおり、これらは犬の健康にも良い影響を与えると言われています。

ビタミンC

抗酸化作用があり、免疫機能の強化や皮膚の健康維持に役立ちます。また、コラーゲンの生成を助け、健康な皮膚や骨を維持するのに重要です。

食物繊維

消化器系の健康を促進し、便秘の予防やコレステロール値の低下に寄与します。また、食物繊維は満腹感を与えるため、体重管理にも役立ちます。

カリウム

血圧の調節に重要な役割を果たし、心臓の健康に寄与します。また、筋肉の機能や神経系の健康維持にも必要なミネラルです。

アントシアニン

強力な抗酸化物質で、体内の細胞を保護する役割があります。これにより、心臓病やがんなどの慢性疾患のリスクを減らすことができるとされています。

メラトニン

睡眠の質を改善するとされています。メラトニンは体内の睡眠サイクルを調節するホルモンで、適切な量を摂取することで、より良い睡眠を促進することができます。

犬が食べてよいさくらんぼの量

犬が食べていいさくらんぼの量

犬におやつとして与える際の目安は、1日の必要カロリーの10%以内にする必要があり、残りの 90% はバランスのとれたドッグフードから摂取する必要があると獣医師は説明しています。獣医師が推奨する「犬に与食べさせてよいさくらんぼの量」を表にしました。

犬の体重に応じたさくらんぼの量

犬の体重 さくらんぼの目安量
超小型犬(1~10kg) さくらんぼ 1個
小型犬(10~14kg) さくらんぼ 2個まで
中型犬(14~23kg) さくらんぼ 4個まで
大型犬(23~41kg) さくらんぼ 5個まで
超大型犬(41kg以上) さくらんぼ一掴み

犬に食べさせてよいさくらんぼの量についての参考サイト:petMD

犬にさくらんぼを食べさせる頻度とタイミング

さくらんぼは日常的に食べさせるものではなく、たまのご褒美や特別な日に限定して食べさせるべきです。

たとえば、運動や長い散歩の後など、活動的な時間の後にさくらんぼを少量食べさせることで、リフレッシュやハイドレーションのための良いスナックとなります。

そして、さくらんぼは通常の食事とは別に食べさせることが推奨されます。これは、さくらんぼが消化される速度や方法が通常のドッグフードと異なるため、消化不良を避けるためです。

さくらんぼ以外の健康的なおやつの選択肢を知っておこう

犬にとってさくらんぼ以外にも、多くの健康的なおやつの選択肢があります。これらのおやつは、栄養価が高く、適切に与えれば犬の健康をサポートすることができます。以下に、犬に安全な代替スナックのいくつかを紹介します。

1. りんご

  • 種を取り除き、皮をむいたりんごは、犬にとって素晴らしいスナックです。ビタミンAとCを含み、繊維質が豊富で、歯をきれいに保つのにも役立ちます。

2. にんじん

  • 生のにんじんは、低カロリーで繊維質が豊富な健康的なおやつです。また、犬の歯の健康を促進するのにも役立ちます。

3. かぼちゃ

  • 無塩のかぼちゃは、犬にとって優れた食材です。消化を助け、犬の健康に必要なビタミンとミネラルを提供します。

4. スイートポテト(さつまいも)

  • 無塩で調理したスイートポテト(さつまいも)は、ビタミンAが豊富で、犬にとって健康的なおやつです。しかし、与え過ぎに注意し、適量を守ることが重要です。

5. ブルーベリー

  • 抗酸化物質が豊富なブルーベリーは、犬にとって健康的なスナックです。凍らせて与えると、夏場の涼しいおやつにもなります。

6. グリーンビーンズ

  • 生または無塩で蒸したグリーンビーンズは、低カロリーで繊維質が豊富なため、肥満が気になる犬に最適なおやつです。

いずれの食材も、全体の食事量の10%未満に抑えるようにしてください。また不確かな場合や犬に特定の健康問題がある場合は、獣医師に相談してください。

犬にさくらんぼを食べさせる際の注意点

さくらんぼを食べようと見つめいているチワワ

さくらんぼは少量から食べさせてください

一部の犬はさくらんぼを消化しにくいか、アレルギー反応を示すことがあります。初めてさくらんぼを与える際は少量から始め、犬の反応を注意深く観察することが必要です。

さくらんぼのアレルギー症状

犬がさくらんぼを食べた際にアレルギー反応を示す場合、以下のような症状が現れます。

  1. 皮膚の問題: かゆみ、赤み、発疹、腫れなどの皮膚トラブルが起こることがあります。犬が頻繁に体をかいたり、特定の部位を舐め続ける行動が見られた場合は注意が必要です。
  2. 消化器系の問題: 嘔吐や下痢といった消化器系の問題が発生することがあります。これらはアレルギー反応以外の原因でも起こり得るため、他の症状と合わせて判断することが重要です。
  3. 呼吸器系の問題: 稀ですが、重度のアレルギー反応がある場合、呼吸困難や咳、くしゃみなどの呼吸器系の症状が現れることがあります。
  4. 行動の変化: 不快感や痛みにより、普段と異なる行動を示すことがあります。例えば、落ち着かない様子や異常なほどの静かさなどが挙げられます。

アレルギー反応は個体によって異なります。上記の症状が見られた場合は、ただちに獣医師に相談してください。特に呼吸器系の問題は緊急性が高いため、速やかな対応が必要です。

また、これらの症状はアレルギー以外の病気や健康問題を示していることもあるため、症状が見られる場合は獣医師の診断を受けることをお勧めします。

中毒症状と緊急時の対応

もし犬が誤ってさくらんぼの種や茎を食べてしまった場合、中毒症状を示すことがあります。症状には呼吸困難、唾液の過剰分泌、不安定な歩行などがあります。これらの症状が見られた場合は、直ちに獣医師の診察を受けてください。

犬にさくらんぼを食べさせる際のQ&A

Q1: 犬にアメリカンチェリーを食べさせても大丈夫ですか?

A1: ブラックチェリーも含め、チェリー自体は犬に与えても大丈夫です。ただし、さくらんぼの種、葉、茎には犬にとって有毒なシアン化物が含まれていますので、取り除いて与えてください。

参考サイト:petMD

Q2: さくらんぼ以外に犬が食べても安全な果物はありますか?

A2: リンゴ(種と芯を除く)、バナナブルーベリーなどは、適量であれば犬に安全です。ただし、果物の与え過ぎが肥満の原因になることもあるので、量には注意してください。

Q3: さくらんぼの種を飲み込んでしまったらどうすればいいですか?

A3: 小量であれば大きな問題にはならないことが多いですが、種に含まれるシアン化合物や窒息のリスクを考慮して、獣医師に相談することをお勧めします。

犬が食べられるさくらんぼのレシピをご紹介します

さくらんぼと鶏肉のヘルシー犬用クッキー

このレシピでは、犬が安全に食べることができるように、さくらんぼの種を完全に取り除いた上で使用します。さくらんぼはビタミンCと繊維質が豊富で、鶏肉は良質なタンパク質の源です。このおやつは、愛犬のための健康的かつ美味しいご褒美となります。

材料

  • さくらんぼ 1/2カップ(種を取り除き、細かく刻む)
  • ささみ(鶏肉)1枚(茹でて細かく刻む)
  • 全粒小麦粉 1カップ
  • 無糖リンゴソース 1/4カップ
  • 卵 1個

作り方

  1. オーブンを予熱:180°C(350°F)に予熱します。
  2. 材料を混ぜ合わせる:ボウルに全粒小麦粉、細かく刻んださくらんぼ、ささみ、無糖リンゴソース、卵を入れてよく混ぜ合わせます。
  3. 生地をこねる:手で生地を軽くこねてから、約1cm厚さの長方形に伸ばします。
  4. 形を作る:好みの形のクッキーカッターを使用して生地を切り分けます。または、ナイフで小さな四角形や棒状に切り分けても良いです。
  5. 焼く:クッキー生地をオーブンのトレイに並べ、180°Cで約20分間焼きます。
  6. 冷ます:オーブンから取り出し、完全に冷ます。

調理時間

  • 準備時間:約15分
  • 調理時間:約20分
  • 合計時間:約35分

カロリー

  • このレシピ全体で約400〜500カロリー(使用する材料の種類や量によって異なる)。

与えてよい量

  • このおやつは高カロリーなので、犬のサイズや活動レベルに応じて適量を与えてください。一般的に、小型犬には1日1~2個、中型犬には1日2~3個、大型犬には1日3~4個が目安です。

結論

犬にさくらんぼを与えることは可能ですが、種、茎、葉を取り除いた上で、適量を守って与えることが重要です。また、犬の健康状態やアレルギーの有無にも注意し、何か異常が見られた場合は速やかに獣医師の診察を受けることが必要です。

犬が食べていい果物と食べていけない果物
犬が干し柿を食べたけど大丈夫?適切な量ってあるの?
犬のビタミン不足と摂りすぎのリスク。ビタミンCが摂れる野菜と果物
犬が食べると危険なもの:健康を守るための全知識!
ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

ペットフードアドバイザー・ゆずりんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました