犬の病気

なぜ犬の鼻は濡れて冷たいの?

      
犬の鼻は濡れていて冷たい 犬の病気
       

犬の鼻は、なぜ濡れているのでしょうか?鼻が濡れているのが普通なら、反対に乾いていると病気なのでしょうか?

この記事では、専門家の意見を基に、犬の鼻が濡れている場合と乾燥している場合の意味。また、飼い主が注意すべき他の鼻の健康サインについても触れていきます。

愛犬の健康を守るために、日々の観察がいかに重要であるかを理解し、いつもと異なるサインを見逃さないようにしましょう。この記事を読むことで、愛犬の健康管理に対する理解が深まり、より良い飼い主になる一歩を踏み出せるでしょう。

犬の鼻が濡れている(湿っている)理由

匂いの感受性を高めることができる

犬の鼻が濡れている(湿っている)。いつもなめていないのにどうして濡らすことができているのでしょうか?

それは、鼻の奥に「外側鼻腺(がいそくびせん)」という分泌腺(ぶんぴつせん)があります。この分泌腺からの分泌物(ぶんぴつぶつ)と涙腺からの涙によって、鼻を湿らせることができています。

では、なんのために犬は鼻を濡らしておくのでしょうか?

それは、犬が匂いをより効果的に捕まえるのを助ける役割も持っているためです。水分が鼻の表面にあると、分子がそこに集まり匂いをはっきりと感知できるからです。これが犬が鼻を濡らしておく理由です。

犬の鼻が冷たいのは体温調節と関係している

犬が起きているときに、その鼻をさわるとわかりますが、ひんやり冷たく感じます。それは、犬の鼻の水分が気化熱を奪って水分を蒸発させているから鼻が冷たく感じるのです。では、なぜそのような構造になっているのでしょうか。それは、犬は人間と違い、全身に汗腺が少ないので、鼻がその役割をもって体温調節しているからです。

また、犬は口を開け舌を出して、「ハァハァ」と繰り返します。この行為を「パンティング」と言いますが、これも体温調節を行っているものです。このように犬は、口や鼻で体温調節をしていますが、鼻は口より脳に近いため、より効率よく脳の温度を下げることができます。

気化熱とは?

気化熱について例をあげて説明します。

例えば、注射のときにアルコールで腕を消毒するときにヒヤッとした経験があると思います。これは、液体のアルコールが腕の気化熱を奪って蒸発しているからです。また、お風呂から出て濡れたままでいると、体が冷えてきます。これも、水滴が体から熱を奪って蒸発するから冷えて体温が下がるのです。

運動して汗をかいたときも同じです。そのままにしておくと汗が体から気化熱を奪って蒸発するため、体温が下がります。この汗を犬の鼻の水分とするならば、水分が犬の鼻から熱を奪って蒸発するから犬は体温を下げることができ、犬の鼻は冷たく感じるのです。

犬の鼻は常に濡れていない。鼻が乾いて元気がないけど大丈夫?

犬の鼻は常に濡れていない

犬の鼻の湿り具合は健康の指標となる場合がありますが、いつも濡れている必要はありません。したがって犬の鼻が乾いているだけで、ただちに健康に問題があるわけではありません。次のような理由で乾いている場合があります。

  • 乾燥:冬や空気の乾燥した環境にいると、犬の鼻も乾燥しやすくなります。
  • 水分不足:十分な水分を摂取していない場合、犬の鼻は乾燥することがあります。これは、十分な水を飲んでいない場合に見られます。
  • 睡眠時:犬が長時間休んでいる場合に、起きてすぐの鼻は乾いていることがあります。
  • 特定の薬剤の使用:一部の薬剤は副作用として乾燥を引き起こすことがあります。
  • 老化:老化現象によっても乾いてきます。老化により分泌量が減って乾燥しがちになります。

つまり、上に示すように、犬の鼻の具合は、様々な事柄によって変わります。濡れていることが常に健康の証とは限らず、同様に乾燥しているだけで健康上の問題があるとは言えません。

ただし、乾燥した鼻が持続して犬に元気がない場合や、他の症状(食欲不振、鼻のひび割れ、皮膚の赤み、腫れ、分泌物など)が伴う場合には、以下のような病気の可能性が考えられます。

  • 皮膚の感染や炎症
  • 脱水症状
  • 特定の皮膚疾患
  • 他の全身的な疾患

獣医師のSarah Wootenは、犬の鼻の乾燥を引き起こす可能性のある病気として次のものがあると説明しています。

慢性的な鼻の乾燥を引き起こす病気がいくつかあります。狼瘡(ろうそう)や天疱瘡(てんぽそう)などの自己免疫疾患は、鼻の表面に、乾燥、ひび割れ、出血を引き起こす可能性があります。

petMD

乾燥した鼻が持続して犬が元気がない場合などには、獣医師に相談してみましょう。

犬の乾燥した鼻の手入れ方法

犬の鼻の手入れには、3つのポイントがあります。

日常のチェック

犬の鼻の健康を守る。そのためには、日常的に鼻の状態を確認しましょう。乾燥が継続しているのは病気のサインかもしれません。またひび割れがないか確認することが大切です。

犬の鼻の保湿をする

特に乾燥する季節や地域に住んでいる場合、部屋の湿度をあげたり、犬の鼻専用の保湿クリームやローションなどを使って鼻のケアをすると良いでしょう。

犬専用の保湿クリームとは

犬は、鼻をよくなめる動物です。そのため使用するクリームやローションは安全なものでなければなりません。そういう意味で、犬の鼻専用に作られた保湿クリームは、原材料に天然成分が使われた商品が多く販売されています。

  • 着色料・香料・保存料を一切使っていない無添加
  • 原材料は、天然成分のみ使用。オリーブオイル、みつろう、シアバター、ラノリン
  • 100%天然由来のシアバター・オリーブオイル・ココナッツオイル・アーモンドオイル・カカオバターなどが配合されている商品。

これらの天然成分を使った犬の鼻専用の保湿クリームは、犬が鼻をなめてしまっても安全な商品です。

犬の鼻に異常を見つけたら動物病院へ

鼻に異常を感じた場合や継続的な乾燥、あるいはひび割れがある場合は、獣医師に相談することをおすすめします。以下は主な鼻水の異常症状です。

  • 鼻水が白く濁っていてくしゃみをよくする(歯周病など何らかしらの病気の疑い)
  • サラサラとした水っぽい鼻水がポタポタと垂れている(アレルギーの疑い)
  • 鼻から黄色や緑色の臭いのある鼻水が出ている(細菌感染症の疑い)
  • ピンク入りの透明な鼻水が出ている(肺の病気の疑い)
  • 血の混じった鼻水が出ている(副鼻腔炎や腫瘍の疑い)

参考サイト:笠松動物病院

5.まとめ

犬が鼻を濡らしているのには、理由があります。鼻を濡らして匂いをより効果的に捕まえるのを助けるためです。

そして、犬が鼻を濡らすことができるのは、鼻の奥にある「外側鼻腺(がいそくびせん)」という分泌腺(ぶんぴつせん)があります。この分泌腺からの分泌物(ぶんぴつぶつ)と涙によって、鼻を湿らせることができています。

また、犬の鼻が冷たく感じるのは、鼻の水分が熱を奪って気化しているからです。これを気化熱と言いますが、お風呂から出て濡れたままでいると体の熱が奪われて冷えてくるのと同じ原理です。犬はそうして鼻により体温を調節しています。

犬の鼻が乾いているときがあります。だからといって病気ではありません。長時間休んでいて起きたてのときは乾いたりしていますし、乾燥した部屋にいると乾いたりすることもありいます。

しかしながら、長期間に渡って、乾燥していたり、ひび割れがある場合は、獣医師に相談することをおすすめします。また、サラサラとした水っぽい鼻水がポタポタと垂れている場合なども獣医師に相談することをおすすめします。何らかしらの病気が隠れている場合があるからです。

以上、この記事は、犬の鼻の特性とその役割、そして鼻のケア方法についての基本的な情報を提供しました。愛犬の健康を守るための一助として参考にしてください。

犬の涙やけについての記事はこちら

犬がドッグフードを食べないときのおすすめの対処法
ドッグフードのふやかし方についての全情報
犬が食べてはいけない野菜:食べてもいい野菜はなに?
チキンミールとは?ミートミールとは?どのようなお肉なの?
misato

ご訪問ありがとうございます。犬好きのMisatoです。愛犬と共に健康で生活していけるよう役立つ情報を発信していきます。

タイトルとURLをコピーしました