ドッグフード用語集

      
       

「ドッグフード用語集」は、愛犬の健康を考える際に欠かせない情報源となります。ペットの飼い主やペットケアに携わる方々が、犬の食事に関わる専門用語や成分、栄養素を理解しやすくするために作成されたこの用語集は、犬用食品のパッケージや栄養ガイド、獣医師の説明などで遭遇する可能性のあるさまざまな用語を網羅しています。

以下では、原材料の解説から添加物、栄養学的な指標、アレルギー情報など、ドッグフードに関連する重要な用語をア行から順に解説していきます。これにより、飼い主の皆さんは製品の選択や食事の計画をする際に、より情報に基づいた意思決定が可能となり、愛犬の健康と幸せを支えることができるでしょう。

では、ドッグフードを選ぶ上でよく耳にするこれらの用語について、一つ一つ丁寧に見ていきましょう。

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

  1. ドッグフード・ア行
    1. ドッグフード・アカナ
    2. ドッグフードアレルギー
    3. ドッグフード・アイムス
    4. ドッグフード・ ウェット
    5. ドッグフード エトキシキン
    6. ドッグフード えんどう豆
    7. ドッグフード オリジン
  2. ドッグフード・カ行
    1. ドッグフード危険な添加物
    2. ドッグフード 給餌量の自動計算
    3. ドッグフード 切り替え時期
    4. ドッグフード・グルテンフリー
    5. ドッグフード ・グレインフリー
    6. ドッグフード 下痢
    7. ドッグフード 原材料
    8. ドッグフード 玄米
  3. ドッグフード・サ行
    1. ドッグフード サイエンスダイエット
    2. ドッグフード 魚
    3. ドッグフード 酸化防止剤
    4. ドッグフード サーモン
    5. ドッグフード 鹿肉
    6. ドッグフード・ シュプレモ
    7. ドッグフード 賞味期限
    8. ドッグフード 真空保存容器
    9. ドッグフード 腎臓ケア用
    10. ドッグフード 総合栄養食
    11. ドッグフード ・粗繊維
    12. ドッグフード 増粘多糖類
    13. ドッグフード 世界ランキング
    14. ドッグフード ソフトタイプ
    15. ドッグフード ソルビン酸カリウム
  4. ドッグフード・タ行
    1. ドッグフード ターキー
    2. ドッグフード ・ダイエットフード
    3. ドッグフード 食べない
    4. ドッグフード チキン
    5. ドッグフード チキンミール
    6. ドッグフード超小粒
    7. ドッグフード 低脂肪
    8. ドッグフード 糖質
    9. ドッグフード ・トッピング
  5. ドッグフード・ナ行
    1. ドッグフード ・ナチュラルバランス
    2. ドッグフード 7歳以上
    3. ドッグフード・涙やけ
    4. ドッグフード・ニュートロ
    5. ドッグフード 抜け毛
    6. ドッグフード 盗み食い
    7. ドッグフード 熱湯
    8. ドッグフード ノンオイルコーティング
    9. ドッグフード のどに詰まる
  6. ドッグフード・ハ行
    1. ドッグフード 半生
    2. ドッグフード・馬肉
    3. ドッグフード・ビーフ
    4. ドッグフード・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
    5. ドッグフード・ ヴィーガン
    6. ドッグフード 皮膚アレルギー
    7. ドッグフード ビートパルプ
    8. ドッグフード ・豚肉
    9. ドッグフード ふやかし方
    10. ドッグフード ・ヒューマングレード
    11. ドッグフード 並行輸入
    12. ドッグフード 偏食原因
    13. ドッグフード ポークミール
  7. ドッグフード・マ行
    1. ドッグフード マグロ
    2. ドッグフード ミール
    3. ドッグフード 無添加
    4. ドッグフード・モグワン
  8. ドッグフード・ヤ行
    1. ドッグフードの幼犬用と成犬用の違い
    2. ドッグフード 容器
    3. ドッグフード・ ヨーグルト
    4. ドッグフード 4dミート
  9. ドッグフード・ラ行
    1. ドッグフード ラム肉
    2. ドッグフード 流動食
    3. ドッグフード リン
    4. ドッグフード 冷蔵庫保管
    5. ドッグフード レトルト
    6. ドッグフード ロイヤルカナン
    7. ドッグフード ローテーション
    8. ドッグフード ローズマリー
  10. 犬のタンパク質の必要量とは?どのように計算するの?
  11. 高タンパクドッグフードのデメリットとメリット
  12. ドッグフードをアレンジしよう!食べないを食べるようにする有効手段

ドッグフード・ア行

アカナ アレルギー アイムス ウエット エトキシキン エンドウ豆 オリジン

ドッグフード・アカナ

アカナはカナダのペットフードブランドであり、高品質の肉、魚、卵、野菜、フルーツを主原料とするプレミアムドッグフードです。彼らのフィードは全体的な栄養バランスを重視し、人工添加物を極力避けることで、犬の本能に合った食事を提供することを目的としています。穀物を含まない製品も多く、食物アレルギーがある犬や穀物を消化しにくい犬にも適しています。バイオロジカリーアプロプリエイト(生物学に適した)という哲学のもと、地域の持続可能な農業から調達された新鮮な成分を使用しています。

ドッグフードアレルギー

ドッグフードアレルギーは、犬が特定の食品成分に対して過敏な反応を示す状態です。典型的なアレルゲンには、牛肉、鶏肉、小麦、大豆、コーンなどがあります。アレルギーの症状には、皮膚のかゆみ、耳の炎症、消化不良、毛の脱落などがあり、重症化すると喘息や慢性的な耳の感染症を引き起こすこともあります。アレルギーが疑われる場合、獣医師の指導のもとで除去食試験やアレルゲン特定テストを行い、アレルギーの原因となる食品を特定し、避けることが治療の基本です。

ドッグフード・アイムス

アイムス(Iams)は、高品質のプレミアムペットフードブランドの一つです。マース ジャパン リミテッドがアイムス™ブランドの販売しています。このブランドは特に、科学的な栄養学に基づいて配合されたドッグフードで知られています。アイムスのフードは、犬の年齢、サイズ、特定の健康ニーズに合わせた様々な製品を提供しており、健康的な肉類を主要なタンパク源として使用しています。また、オメガ脂肪酸、繊維、ビタミン、ミネラルを含むバランスの取れた栄養素が含まれており、犬の健康をサポートすることを目指しています。安全性にも配慮されており、ペットの全体的な福祉と健康維持を支えることを目的としていることで多くの飼い主から信頼されています。

ドッグフード・ ウェット

ドッグフードの「ウェット」とは、水分を多く含んだ柔らかい犬用の食事のことです。一般的には、缶詰やパウチに封入されており、ドライフード(乾燥した固形の犬用食事)とは対照的に、高い水分含有率を持っています。ウェットフードは、特に噛む力が弱い幼犬や高齢犬、または水分摂取量を増やしたい場合に適しています。缶詰やパウチの形態で提供されることが多く、そのまま与えることができるため便利です。さらに、ウェットフードは香りが強く、食欲をそそるため、食べるのが難しい犬にも適しています。

ドッグフード エトキシキン

エトキシキンは、酸化防止剤としてペットフードをはじめ、多くの食品や工業製品に使用されている化学物質です。エトキシキンの主な役割は、脂肪の酸化を防ぎ、食品の鮮度を保つことです。これにより、製品の味、色、栄養価が長期間保たれます。

ペットフードにおいてエトキシキンは特に、脂肪分が豊富なフードの酸化を防ぐために利用されます。酸化は不快な臭いや味を引き起こすだけでなく、食品の栄養価を下げ、場合によっては有害な過酸化脂質を生成することがあります。

しかしながら、エトキシキンに関しては、安全性に関する懸念も提起されています。過去の研究で、エトキシキンがラットの肝臓に対して変化を引き起こすことが示されたことがあり、これに基づいて一部の人々はエトキシキンを含むペットフードについて懸念を表明しています。しかし、これらの効果がペットに対して実際にどの程度影響を及ぼすのか、また人間での影響に関しては研究結果が一致していません。

アメリカ食品医薬品局(FDA)などの規制当局は、一定のレベル以下でのエトキシキンの使用はペットフードにおいて安全であると考えていますが、ペットフードメーカーは消費者の懸念を受けて、エトキシキンを使用しない製品も提供しています。

ドッグフードの危険な成分

ドッグフード えんどう豆

えんどう豆を含むドッグフードは、植物性のタンパク質源として使用されることがあります。えんどう豆は、繊維質が豊富で、消化を助けると共に便秘を予防するのに役立ちます。また、ビタミン類やミネラル、特にビタミンKやビタミンC、鉄分などを含むため、全体的な栄養価を高めることができます。
さらに、えんどう豆は犬の食事に自然な形で低脂肪のタンパク質と追加のエネルギーを提供します。グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードにおいては、えんどう豆は穀物の代替品としても用いられ、炭水化物のソースとして役立ちます。
ただし、えんどう豆は適度に与えるべきで、フードの主要な成分として大量に含まれている場合は、過剰な炭水化物の摂取につながることがあるので注意が必要です。特に、レクチンという天然化合物を含むことから、一部の犬においては食物感受性や消化問題を引き起こす可能性もあります。
えんどう豆を含むドッグフードを選ぶ際には、全体的な栄養バランスを考慮し、犬の個々の健康状態やアレルギーに配慮することが大切です。

ドッグフード オリジン

オリジン(Orijen)ドッグフードは、カナダのアルバータ州に本拠を置くチャンピオンペットフーズ社によって製造されています。このブランドは、高タンパクで穀物を使わない、生物学的に適した食事理念に基づいており、新鮮な地元産の肉、魚、野菜、果物をふんだんに使用した製品を提供しています。オリジンは、人工的な添加物を一切使用せず、ペットの健康を最優先したプレミアムフードとして評価されています。その製品ラインは、異なる年齢や活動レベルに適した多様なレシピを含んでおり、全犬種に対応することを目指しています。

ドッグフード・オリジンの原材料とカロリー

ドッグフード・カ行

危険な添加物 給餌量自動計算 切り替え時期 グルテンフリー グレインフリー 下痢 原材料 玄米

ドッグフード危険な添加物

ドッグフードに含まれるいくつかの添加物は、犬の健康に害を及ぼす可能性が指摘されています。特に注意すべき危険な添加物には以下のものがあります。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)

これらは化学的に合成された酸化防止剤で、発がん性があると疑われています。

エトキシキン

もともと農薬として使われていたこの化学物質は、肝臓や血液に影響を与える可能性があります。

プロピレングリコール

低品質の犬用ウェットフードの湿潤剤として使用されることがありますが、猫のフードでは使用が禁止されており、過剰摂取は健康に害を及ぼす恐れがあります。

人工着色料

美観目的で使用されることが多いですが、アレルギーや行動問題の原因となる可能性があります。

人工甘味料

キシリトールなどの一部の人工甘味料は、犬にとっては非常に有害で、低血糖や肝不全を引き起こす可能性があります。

ドッグフードを選ぶ際は、成分表を確認し、これらの添加物を避けるように心がけることが大切です。安全で健康的なフード選びには、天然の保存料や着色料を使用している、または無添加である製品を選ぶことをお勧めします。

ドッグフード 給餌量の自動計算

ドッグフードの給餌量は、次のような要素によって違ってきます。それらの該当する項目を選択するだけで自動計算してくれるので大変便利です。

  1. 犬の体重: 体重は給餌量を決定する上で最も基本的な要素です。
  2. 年齢: 子犬、成犬、高齢犬では必要なカロリー量が異なります。
  3. 活動レベル: 活動的な犬はより多くのカロリーを必要とします。
  4. 健康状態: 特定の健康状態や病気は食事量の調整を必要とすることがあります。
  5. ドッグフードの種類: フードによってカロリー密度が異なるため、それに応じて量を調整する必要があります。

犬に必要な1日あたりのカロリー計算:自動計算とドッグフード量がわかります

ドッグフード 切り替え時期

ドッグフードの切り替え時期は、犬のライフステージや健康状態の変化に応じて行われるべきです。具体的には以下のような状況で切り替えを考えます。

ライフステージの変化

子犬(パピー)から成犬への移行。成犬から高齢犬への移行。

健康状態の変化

体重が増加して肥満気味の犬のために低カロリーフードへ。特定の健康問題が発生した場合(アレルギーや疾患に応じたフードへ)

妊娠や授乳期

妊娠中や授乳中の母犬には、エネルギー要求量が高いフードへの切り替えが必要。

活動レベルの変化

運動量が増えたり減ったりすることによるエネルギー要求量の変化。

フードの切り替えは、消化器系への影響を考慮して徐々に行うことが推奨されます。急な食事の変更は下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。通常、新しいフードへの移行は7~10日間かけて、古いフードと新しいフードを徐々に混ぜることで行います。初日は新しいフードを少量加え、徐々にその比率を増やしながら古いフードの量を減らしていきます。
切り替えが必要かどうか、またいつどのように行うべきかは、犬の健康状態や獣医師のアドバイスに基づいて決定することが最善です。

ドッグフード・グルテンフリー

グルテンフリーのドッグフードは、グルテンを含む穀物(特に小麦、大麦、ライ麦)を使わない食事です。グルテンはタンパク質の一種で、一部の犬がグルテンに敏感であるか、セリアック病のような特定の健康問題によりグルテンを消化できない場合に選ばれます。

グルテンフリーフードは、グルテンに反応して皮膚病や消化不良、アレルギー症状を示す犬にとって良い選択肢となり得ます。この種のフードでは、炭水化物源としてサツマイモ、ジャガイモ、えんどう豆などのグルテンを含まない成分が使用されることが一般的です。

しかし、すべての犬にグルテンフリーダイエットが必要なわけではありません。グルテンの摂取が犬の健康に問題を引き起こすことは比較的まれであり、多くの犬はグルテンを含む穀物も問題なく消化できます。犬にグルテンフリーフードを選ぶかどうかは、その犬の特定の健康状態や栄養ニーズ、そして獣医師の推奨に基づいて決定するべきです。

グルテンフリーのドッグフードについて

ドッグフード ・グレインフリー

グレインフリーのドッグフードは、小麦、トウモロコシ、米、大麦、ライ麦などの穀物を含まないレシピで作られています。穀物アレルギーのある犬や、穀物を消化しにくい犬に適しています。代わりに、サツマイモやジャガイモ、えんどう豆などの代替炭水化物がエネルギー源として使用されます。

グレインフリーフードは穀物に敏感な犬にとって消化がしやすく、アレルギーや皮膚炎、消化器系の問題を持つ犬にも好まれます。また、穀物不使用により、食品のタンパク質含量が実質的に高くなることが多いです。

ただし、全ての犬がグレインフリーダイエットを必要とするわけではなく、穀物が健康上の問題を引き起こすわけではありません。グレインフリーのドッグフードを選ぶ際には、ペットの特定のニーズに合わせて、適切な栄養が含まれていることを確認することが重要です。

また、2018年にFDAはグレインフリーフードと特定の心臓病との間に潜在的な関連があることを示唆しましたが、これに関する研究はまだ続いており、決定的な結論は出ていません。そのため、獣医師と相談しながら、犬にとって最適な食事を選択することが推奨されます。

グレインフリーとは?

ドッグフード 下痢

ドッグフードが下痢を引き起こす原因は様々ですが、以下に主な点を簡潔にまとめます。

原因:

食物アレルギー

犬が特定の原材料に対してアレルギーを持っている場合、下痢を引き起こすことがあります。

食物不耐性

犬が消化しにくい特定の食材によって下痢が起こることがあります。

急なフードの変更

ドッグフードを急に変えると、犬の消化器官が新しい食材に適応できずに下痢を起こすことがあります。

品質の問題

質の低いフードや賞味期限切れのフードを与えると、下痢の原因になることがあります。

過剰摂取

ドッグフードを過剰に摂取すると、消化不良や下痢を引き起こす可能性があります。

対処法:

徐々にフードを切り替える

新しいフードに切り替える際は、徐々に混ぜながら遷移させることで、下痢を防ぐことができます。

除去食

アレルギーが疑われる場合は、特定の原材料を除去したフードを試してみることが有効です。

高消化性フード

消化器官に優しい、繊維質が少なく消化しやすいフードを選ぶことが推奨されます。

獣医師への相談

下痢が持続する場合は、獣医師に相談して原因を特定し、適切なフードに切り替える必要があります。

下痢は犬の健康にとって危険な状態を引き起こす可能性があるため、原因不明の下痢が続く場合は、速やかに獣医師の診断を受けることが大切です。

ドッグフード 原材料

ドッグフードの原材料は、その品質と栄養価を決定づける重要な要素です。以下にその特徴と注意点を簡潔にまとめます。

特徴:

肉類

ビーフ、チキン、ラム、魚など、タンパク質源として最も一般的です。

穀物

コーン、小麦、大麦、玄米などが使用され、炭水化物源として機能します。

野菜類

人参、さつまいも、エンドウなどが、ビタミンやミネラルの供給源です。

果物

リンゴやブルーベリーなどが抗酸化物質を提供します。

副産物

肉副産物や骨粉が含まれることもあり、品質に関しては意見が分かれます。

添加物

保存料、着色料、香料などが含まれることがあり、これらは避けたい飼い主もいます。

注意点:

全体のバランス

全体として犬に必要な栄養がバランス良く配合されていることが重要です。

品質の高さ

高品質な肉類や鮮度の高い素材の使用が、より優れたドッグフードを意味します。

全体のバランス

全体として犬に必要な栄養がバランス良く配合されていることが重要です。

品質の高さ

高品質な肉類や鮮度の高い素材の使用が、より優れたドッグフードを意味します。

不使用の成分

穀物フリーや肉副産物不使用など、特定の原材料を避けたドッグフードもあります。

透明性

原材料の出所が明確で、信頼できるソースからのものを使用しているかどうかもポイントです。

選ぶ際のポイント:

ラベルを読む

原材料はラベルに量の多い順に記載されています。最初の数項目をチェックすると良いでしょう。

AAFCO基準

アメリカのAAFCO基準に適合しているフードは栄養のバランスが保証されていることが多いです。

アレルギー

犬がアレルギーを持っている場合は、その原材料が含まれていないことを確認する必要があります。

ドッグフードを選ぶ際には、これらの原材料に注目し、犬の年齢、体重、健康状態、活動レベルに適したものを選ぶことが大切です。

ドッグフード 玄米

ドッグフードにおける玄米は、整粒(せいりゅう)の状態で使用されることが多く、良質な炭水化物源として知られています。以下は玄米を含むドッグフードの特徴です:

栄養価が高い

玄米は白米と比較してビタミン、ミネラル、繊維質が豊富です。

消化を助ける

繊維質が豊富で、犬の消化システムの健康をサポートします。

エネルギー源

炭水化物としてエネルギーを提供し、犬の活動的なライフスタイルを支えます。

低アレルギー性

玄米はアレルギーを起こしにくい穀物とされ、敏感な犬にも適しています。
玄米を含むドッグフードは、特に穀物を含む食事に問題がない犬にとって良い選択肢です。ただし、一部の犬は穀物に敏感反応を示すことがあるため、新しいフードに切り替える際は犬の体調を観察し、必要に応じて獣医師に相談することが重要です。

ドッグフード・サ行

サイエンスダイエット  酸化防止剤 サーモン 鹿肉 シュプレモ 賞味期限 真空保存容器 腎臓ケア用 世界ランキング 総合栄養食 増粘多糖類 粗繊維 ソフトタイプ ソルビン酸カリウム

ドッグフード サイエンスダイエット

サイエンスダイエットは、ペットフードメーカーのヒルズペットニュートリションによって製造されるドッグフードのブランドです。このブランドは、特に科学的根拠に基づいた栄養学と獣医学の研究から生まれており、犬の年齢、サイズ、健康状態を考慮した特定の栄養ニーズを満たすよう設計されています。

サイエンスダイエットの製品は、健康な体重維持、皮膚と被毛の健康、消化の健康など、様々な健康面でのサポートを提供することを目的としています。高品質の原材料と厳格な製造基準によって、一貫した品質と栄養価が保たれていることで知られています。

ドッグフード 魚

ドッグフードにおける魚は、優れたタンパク質源であり、必須のオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。これらの脂肪酸は、犬の皮膚と毛並みの健康を促進し、炎症を減らし、免疫系のサポートにも役立つとされています。また、魚は低アレルゲンなため、アレルギー体質の犬に適していることが多いです。

市場には、サーモン、白身魚、にしんなど、さまざまな種類の魚を使用したドッグフードがあります。ウェットフードやドライフード、そして凍結乾燥された製品など、様々な形態で提供されています。

魚をメインのタンパク質として含むドッグフードを選ぶ際は、エチル水銀などの重金属汚染のリスクが低い、持続可能な漁法で捕獲されたものを選ぶことが推奨されます。

また、全体としての栄養バランスが適切であること、そして添加物や不必要な充填材が含まれていないことも重要です。犬の食事に魚を取り入れる際は、獣医師と相談し、犬の健康状態やニーズに合ったものを選ぶようにしてください。

ドッグフード 酸化防止剤

ドッグフードに含まれる酸化防止剤は、フードが酸化し、脂肪が悪くなるのを防ぎ、フードを新鮮に保つために使用されます。酸化はフードに含まれる脂肪分やオイルが空気に触れることで起こり、これが進行すると栄養価の低下、風味の損失、そしてフードの安全性に悪影響を及ぼす可能性があります。

酸化防止剤には自然由来のものと合成のものがあります。自然由来の酸化防止剤にはビタミンE(トコフェロール)、ビタミンC(アスコルビン酸)、ハーブ類(ローズマリー抽出物など)があり、合成のものにはBHA(ブチル化ヒドロキシアニソール)、BHT(ブチル化ヒドロキシトルエン)、エトキシキンなどがあります。

自然由来の酸化防止剤は一般に安全であると考えられていますが、合成酸化防止剤の使用はいくつかの健康上の懸念を生じさせており、特にBHAとBHTは長期間の摂取による潜在的な健康リスクが指摘されています。そのため、多くのペットの飼い主や専門家は自然由来の酸化防止剤を含むフードの選択を推奨しています。

ドッグフードを選ぶ際には、酸化防止剤の種類に注意し、できれば自然由来の成分で保存されているものを選ぶことが大切です。また、フードの保存方法にも注意し、開封後は密封して冷暗所で保存し、賞味期限内に使い切るようにすることが重要です。

ドッグフードの危険な成分

ドッグフード サーモン

ドッグフードにおけるサーモンは、高品質のタンパク源として知られており、オメガ3脂肪酸が豊富で健康な皮膚や被毛の維持に貢献します。サーモンを主成分としたフードは、アレルギーや食物に敏感な犬にも適していることがあり、消化が良く、炎症を抑える効果が期待できるため、関節の健康をサポートすることもあります。

また、サーモンはDHAやEPAなどの重要な脂肪酸を含んでいるため、脳や視力の健康維持にも効果的です。サーモンベースのドッグフードは、心臓の健康を支えるとも言われており、全体的な健康とウェルビーイングをサポートするための良い選択肢とされています。

しかし、サーモンを含むフードを選ぶ際には、品質と鮮度が重要です。サーモンの質によっては重金属や他の有害物質を含むリスクもあり得るため、信頼できるメーカーからのものを選ぶべきです。

また、全ての犬が魚に良好に反応するわけではないので、新しいタイプのフードに切り替える際は犬の反応を注意深く観察し、必要に応じて獣医師のアドバイスを求めることが重要です。

ドッグフード 鹿肉

ドッグフードにおける鹿肉は、高たんぱくで低脂肪な肉源として使用されることが多く、以下の特徴を持っています。

高たんぱく質: 筋肉の構築や修復に必要な良質なたんぱく質を豊富に含みます。
低脂肪: 他の肉類に比べて脂肪分が少なく、肥満が懸念される犬に適しています。
低アレルゲン: 鹿肉は一般的な肉類よりアレルゲンとなりにくく、食物アレルギーを持つ犬に適していることが多いです。
必須アミノ酸: 犬が必要とする必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
ミネラルとビタミン: 鉄分や亜鉛、ビタミンB群などの栄養素も含まれており、犬の健康維持に寄与します。


鹿肉はプレミアムフードやホリスティックフードでよく見られ、特にアレルギーがある犬や特定の肉に反応を示す犬にとって良い選択肢となることがあります。しかし、どんな新しいタイプの肉も導入する際は、徐々にフードを切り替え、犬の健康状態を慎重に観察することが重要です。

鹿肉を使ったドッグフードについて

ドッグフード・ シュプレモ

ドッグフードの「シュプレモ」は、アメリカで展開する大手ペットフードメーカーであるニュートロの製品です。シュプレモは特に高品質な原材料にこだわり、犬の健康をサポートするための栄養バランスを追求しているのが特徴です。このフードは、必要なビタミンやミネラルがバランス良く含まれており、消化吸収に優れた成分を使用しているため、犬の消化器官にもやさしい設計となっています。

シュプレモは、犬の年齢やサイズ、活動量に合わせた製品ラインナップを持っており、健康維持だけでなく、特定の健康上の問題を抱える犬のための特別なニーズに対応したフードも提供しています。

また、フードの品質保持にも力を入れており、フードの安全性に対するオーナーの信頼を大切にしています。
食いつきを良くするための美味しさや、適切なエネルギー量の提供など、犬が生涯にわたって健康で快適に過ごせるようにという考えがシュプレモのフード開発の基本にあります。日本国内での生産にもこだわり、品質管理を徹底して行うことで、国内外の犬たちの健康をサポートしています。

ドッグフード 賞味期限

ドッグフードの賞味期限は、製品が開封されていない状態で保管された場合に、品質を保証する期間を示します。賞味期限は、フードが最も新鮮で、栄養素が保たれている期間を指し、期限内であれば、犬に安全に与えることができます。

賞味期限は、製品パッケージに記載されており、通常は製造日から数か月から数年の範囲です。これはドッグフードのタイプ(乾燥、缶詰、半湿式など)、材料、保存方法、製造プロセスによって異なります。フードを購入する際は、賞味期限を確認し、期限が切れる前に使い切れる量を選ぶことが重要です。

開封後は、フードが空気、湿度、温度などの外部環境にさらされ、酸化や劣化が早まる可能性があるため、推奨される保存方法に従い、なるべく早く消費することが望ましいです。また、賞味期限が近いフードや期限が切れたフードは栄養価が低下する可能性があるため、注意して扱う必要があります。

犬の健康を守るためにも、常に賞味期限を確認し、新鮮なドッグフードを適切に保管して与えることが大切です。

ドッグフードの酸化を見分ける方法

ドッグフード 真空保存容器

ドッグフードの真空保存容器は、ドッグフードを新鮮に保つための効果的な方法の一つです。以下にその特徴を簡単に説明します。

鮮度維持

真空状態にすることで空気との接触を最小限に抑え、酸化を防ぎドッグフードの鮮度を長持ちさせます。

防虫・防湿

密閉性が高いため、虫の侵入や湿気を避けることができ、フードの品質を維持します。

使いやすさ

ワンタッチで開閉できるものや、注ぎやすい設計のものなど、使いやすさに工夫がされている製品が多いです。

食品保存に適合

ペットフードだけでなく、人間の食品保存にも使用できるものがあり、多機能性を持つ製品も存在します。

適切な真空保存容器を使用することで、ドッグフードの風味を保ちつつ栄養価の低下を防ぎ、また食品廃棄の削減にも寄与します。フードの取り扱いに際しては、製品の保存方法の指示に従い、適切に保管することが大切です。

ドッグフード 腎臓ケア用

腎臓ケア用ドッグフードは、慢性腎臓疾患(CKD)などの腎機能障害を持つ犬のために特別に設計されています。これらのフードは、腎臓に負担をかけることなく必要な栄養を提供するため、タンパク質、リン、ナトリウムの量を調整しています。

低タンパク質であることで腎臓への負担を減らしつつ、高品質のタンパク質を使用することで必要なアミノ酸を効率良く供給します。リンの制限は腎臓病の進行を遅らせるのに役立ち、ナトリウムの調整は高血圧のリスクを管理します。さらに、腎臓ケア用フードにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていることが多く、これは炎症を減少させ、腎臓の血流を改善するのに役立ちます。

これらのフードは、犬の腎臓病による不快な症状を緩和し、腎臓の健康をサポートすることを目的としているため、一般のドッグフードと比べて特定の栄養学的配慮がなされています。

ただし、腎臓ケア用フードは特定の健康状態に対応するために設計されているため、獣医師の指示のもとでのみ使用することが重要です。獣医師は犬の特定のニーズに応じて最適な食事療法を推奨できます。

ドッグフード 総合栄養食

総合栄養食のドッグフードは、犬が日常的に必要とするすべての栄養素をバランスよく含んでいる食品です。この種のフードは、特定の健康問題がない一般的な成犬に適していることが多く、日々の食事で必要なエネルギー、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルを一食で提供するように設計されています。

総合栄養食は、犬のサイズ、年齢、活動レベルに合わせて様々な種類があり、パピー、成犬、高齢犬用などライフステージごとの栄養ニーズに対応した製品が開発されています。それらは、成長、健康維持、老化防止といった目的に応じて最適な栄養を犬に提供するために獣医師や栄養専門家によって配合されています。

総合栄養食のフードを選ぶ際には、肉や魚などの高品質なタンパク質源が主成分であること、不必要な添加物や充填材が含まれていないこと、そして犬が健康を維持するのに必要なビタミンやミネラルが適切に強化されていることを確認することが重要です。

また、いくつかの総合栄養食は特定の犬種や体質に合わせた特別な配合をしている場合もあります。フードの選択は犬の健康状態や獣医師の推奨に基づいて行うことが望ましいです。

ドッグフード ・粗繊維

粗繊維(そせんい)はドッグフードに含まれる食物繊維の一形態で、消化されない植物由来の成分を指します。これにはセルロース、ヘミセルロース、リグニンなどがあり、それぞれが犬の消化システムに異なる影響を及ぼします。
粗繊維は犬の便通を正常に保ち、便秘の予防、体重管理、腸内環境の改善に役立つと考えられています。また、糖尿病の犬にとっては血糖値の急上昇を抑える効果があり、肥満を抑制するための食事管理にも有用です。
ドッグフードの粗繊維の量は製品によって異なりますが、一般的には1%と低いものから15%と高いものまであり、特定の健康上のニーズに応じて選ぶことができます。

たとえば、高繊維のフードは肥満犬や便秘がちな犬に適していることが多いですが、過剰な繊維摂取は消化不良や栄養吸収の阻害を招く可能性があるため、適切なバランスが重要です。
粗繊維を多く含むドッグフードを選ぶ際は、犬の健康状態や獣医師の指導に従い、総合栄養食としての他の栄養素とのバランスも考慮する必要があります。

ドッグフード 増粘多糖類

ドッグフードにおける増粘多糖類は、製品のテクスチャーを改良するために加えられる食品添加物です。以下のように説明できます。

質感の改善

ェットフードや半湿式フードの一貫性と質感を向上させ、魅力的なゼリーやソース状にする。

水分保持

ウェットフードにおいて水分の分離を防ぎ、水分を保持して製品の安定性を高める。

原材料

天然由来の成分であることが多く、例えばキサンタンガムやガーガムなどが使用される。

安全性

一般に安全とされる添加物だが、過剰に摂取すると消化器宜の問題を引き起こす可能性もある。

犬のフードに増粘多糖類が含まれている場合は、犬に適した量を与え、犬の健康状態を観察しながら適切にフィードすることが大切です。また、犬が特定の添加物に敏感な場合は、獣医師に相談することをおすすめします。

ドッグフード 世界ランキング

ドッグフードの世界ランキングは、さまざまな基準に基づいて年ごとに変わることがありますが、通常は品質、人気、栄養価、消費者のレビュー、販売実績などの要素を考慮して決定されます。以下は、通常上位にランクされるドッグフードブランドの例ですが、これはあくまでも一般的な傾向を示しており、特定のランキングや年度によって順位は異なることに注意してください。

オリジン

高品質な原材料とバイオロジックに適したレシピで知られています。

アカナ

人工添加物を避け、地元で調達した新鮮な成分を使用しています。

ロイヤルカナン

獣医師と共同で開発された、犬の特定の健康ニーズに対応する製品が特徴です。

ヒルズ

科学的に検証されたレシピで、獣医師の間でも推奨されることが多いです。

ブルーバッファロー

自然由来の成分を使用し、全体的な健康をサポートする製品を提供しています。

これらのランキングは、消費者の好み、地域の可用性、専門家の推奨によって変動し、また新たなブランドや製品の出現によっても変わります。実際のランキングを確認する際には、最新のレビューサイトやペット関連の出版物を参照するのが最良です。

ドッグフード ソフトタイプ

ソフトタイプのドッグフードは、乾燥フード(ハードタイプ)とウェットフードの中間に位置する食感を持っています。柔らかく、しっとりとした質感は、特に歯が弱い高齢の犬や、硬いフードが苦手な犬に適しています。

また、水分含有量が高めなので、水分摂取が少ない犬にも好まれます。消化がしやすいという特性もあり、多くのソフトフードは良質な肉や野菜を原材料として使用し、栄養バランスに優れているものが多いです。ただし、保存性はウェットフードに比べると高いものの、乾燥フードに比べると低くなるため、開封後は早めに使い切る必要があります。

ドッグフード ソルビン酸カリウム

ソルビン酸カリウムは、ソルビン酸のカリウム塩であり、防腐剤として食品に広く利用されています。これには抗菌作用があり、特にカビや酵母の成長を抑制することで食品を新鮮に保つ効果があります。ドッグフードにおいても、製品の品質を維持し、長期保存を可能にするために使用されることがあります。

ソルビン酸カリウムは、一般に安全な添加物とみなされており、多くの国で使用が認められています。例えば、アメリカの食品医薬品局(FDA)やヨーロッパの食品安全機関(EFSA)といった機関は、人間と動物の食品におけるソルビン酸カリウムの使用を承認しています。

しかし、どのような化学物質にも言えることですが、適正な範囲内で使用されている場合とは別に、過剰に摂取することは避けるべきです。高濃度での摂取は副作用を引き起こす可能性があり、動物によってはアレルギー反応などの感受性が異なるため、特に敏感な犬に対しては慎重になる必要があります。また、他の食品添加物との組み合わせにより、発がん性が指摘されています。

ドッグフードの危険な成分・添加物

ドッグフード・タ行

ターキー ダイエットフード 食べない チキン チキンミール 超小粒 低脂肪 糖質 トッピング

ドッグフード ターキー

ドッグフードでのターキー(七面鳥)は、低脂肪で消化しやすい高品質なたんぱく質源として利用されます。以下はターキーを含むドッグフードの特性です。

低脂肪

脂肪分が少なく、ダイエット中の犬や肥満を避けたい犬に適しています。

高タンパク

筋肉の健康維持に役立つ良質なタンパク質を提供します。

アレルゲンが少ない

よく使われるチキンに対するアレルギーを持つ犬にとって良い代替肉です。

ビタミン・ミネラル豊富

ビタミンB群、亜鉛、鉄などの重要な栄養素を含みます。

ターキーは味が穏やかで、多くの犬に受け入れられやすいため、ドッグフードにしばしば使用されます。食物に敏感な犬や特定のタンパク質源に反応する犬にとって、ターキーを主たんぱく質とするドッグフードは適した選択となることがあります。新しいタイプのプロテインを導入する際は、犬の体調に注意を払いつつ、徐々に食事を変更することが推奨されます。

ドッグフード ・ダイエットフード

ダイエット用のドッグフードは、肥満が気になる犬や、体重管理が必要な犬のために特別に調合されています。これらのフードは低カロリーでありながらも、必要な栄養素をバランスよく含むように設計されているため、犬が健康を維持しながら体重を減らすか、理想的な体重を維持できるようになっています。

ダイエットフードは高繊維質であることが多く、これによって満腹感を与えつつ消化を助け、食事の間隔における空腹感を減らす効果があります。また、タンパク質の量は適正レベルを維持し、筋肉量の減少を防ぎながら脂肪の燃焼を助けます。
一般的なダイエットフードには、メタボリズムを高める成分が含まれている場合もあります。体重管理用フードを選ぶ際には、犬の健康状態、運動量、年齢に合わせて、適切な商品を選ぶことが大切です。また、食事制限を行う際は、獣医師の指導のもとに行うことが推奨されます。

ドッグフード 食べない

犬がドッグフードを食べないことには様々な理由が考えられます。以下は犬が食事を拒む可能性のあるいくつかの一般的な原因です。①健康問題、②ストレスや環境の変化、③食事の質、④挑戦的な行動、⑤過剰なおやつや人間の食べ物。

犬が食事を拒否する場合、最初のステップは健康問題を除外するために獣医師に相談することです。健康上の問題がなければ、食事の内容やスケジュール、与える環境などを見直し、食事への興味を再び喚起させるための対策を講じることが重要です。時には食事のタイプを変えたり、食事の与え方に変化をつけたりすることで、犬が再び食事を楽しむようになることもあります。

ドッグフード チキン

ドッグフードにおけるチキン(鶏肉)は、犬にとって優れたタンパク質源となります。タンパク質は筋肉の構築や修復、健康な皮膚や毛皮の維持に不可欠で、チキンはこれを豊富に含んでいます。さらに、チキンは脂肪が比較的低く、エネルギー密度が高いため、活動的な犬や体重管理が必要な犬に適しています。

また、チキンはビタミンB群や必須アミノ酸、ミネラルなどの栄養素も含んでおり、全体的な健康と免疫システムのサポートに寄与します。ただし、中には鶏肉にアレルギー反応を示す犬もいるため、アレルギーの兆候が見られた場合は獣医師に相談することが重要です。

市販されているドッグフードでは、チキンはしばしば主要なタンパク質成分として使用され、ウェットフードやドライフード、トリーツなど、様々な形態で提供されています。フードを選ぶ際には、添加物が少なく、高品質のチキンが使用されているものを選ぶことが推奨されます。

ドッグフード チキンミール

ドッグフードに含まれるアメリカなどの海外製造の「チキンミール」は、鶏肉を乾燥させて水分を除去し、その後粉砕したものです。以下はチキンミールの主な特徴です。

高濃度タンパク質: チキンミールは水分が少なく、濃縮された動物性タンパク質源です。
栄養価の高さ: 鶏肉の栄養成分を凝縮しており、アミノ酸のバランスが良いことが特徴です。
長期保存可能: 乾燥されているため、ドライドッグフードとして長期間保存が可能です。
アレルギー: 一部の犬にアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、犬の反応を注意深く見る必要があります。

チキンミールは、ドッグフードで一般的なタンパク質源であり、多くの犬にとって良質な栄養源となりますが、フードを選ぶ際はその他の成分とのバランスや、犬の健康状態に合わせた選択が必要です。

チキンミールとは?

ドッグフード超小粒

ドッグフードの超小粒は、特に小型犬や噛む力が弱い高齢犬、または幼い子犬に適しています。小型犬の口は小さいため、大きな粒のフードは噛み砕きにくく、食べにくいことがあります。超小粒はこれらの小型犬が食べやすいようにサイズが調整されており、噛む力の低下した高齢犬にも食べやすい形状となっています。

超小粒フードは、犬が必要とする栄養を適切に取得できるようにバランス良く設計されていることが多く、また、消化吸収がしやすいように加工されていることがあります。フードの粒の小ささは、食事の摂取量をコントロールしやすくすることも助け、特に食事管理が必要な犬種や個体に有効です。選ぶ際には、超小粒フードがその犬の年齢、体重、活動レベルに合った栄養バランスを提供しているかどうかを確認することが重要です。

ドッグフード 低脂肪

ドッグフードの低脂肪バージョンは、体重管理が必要な犬や、脂肪分の摂取を制限する必要がある犬のために特別に配合された製品です。肥満、膵炎、あるいは消化器官の特定の病気など、脂肪に対する感受性が高い状態の犬に推奨されます。

このタイプのフードは、通常のドッグフードよりも低い脂肪含有量を持っているため、犬が摂取するカロリーの量を減らすことができます。しかし、脂肪を減らしても、フードが全ての必要な栄養素を含むようにバランスが取られていることが重要です。低脂肪フードは、犬の健康を維持するために必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルなど他の栄養素を適切に含んでいる必要があります。

低脂肪のドッグフードを選ぶ際は、獣医師の推奨に従い、特に犬の年齢、活動量、健康状態に合わせた製品を選ぶことが大切です。急激な食事の変更は消化問題を引き起こす可能性があるため、新しいフードには徐々に切り替えることが推奨されます。

関連サイト:低脂肪ドッグフードの国内と海外製品ランキング

ドッグフード 糖質

ドッグフードにおける糖質は、犬のエネルギー源として重要ですが、適量を超えると体重増加や糖尿病などの健康問題を引き起こす可能性があります。以下にその特徴を簡単に説明します。

エネルギー源

糖質は犬の活動的なライフスタイルを支えるための速やかなエネルギー供給源です。

穀物含有

糖質はしばしば穀物や穀物代替物(例:ポテト、エンドウ)から来ます。

糖質制限

一部の犬は糖質の摂取を制限することが推奨されており、穀物を含まない(グレインフリー)ドッグフードが選ばれることがあります。

糖尿病の犬

糖尿病を患う犬には、低糖質の食事が必要とされることが多いです。

肥満予防

糖質を過剰に摂取すると太りやすくなり、肥満のリスクが増加します。

ドッグフードの糖質含有量には個体差があるため、犬の種類、年齢、活動量、健康状態に応じて適切なフードを選択することが大切です。獣医師と相談しながら、犬のニーズに合わせた糖質の量を含むドッグフードを選ぶことが推奨されます。

ドッグフード ・トッピング

ドッグフードのトッピングは、主に食事に栄養や風味を加えたり、食べる喜びを増したりするために使用される追加の食品です。これには以下のようなものが含まれます。

フレッシュな野菜や果物

きゅうり人参リンゴなど、安全で消化に良いとされる生の野菜や果物を少量トッピングします。

肉や魚

よく火を通した無塩の鶏肉や牛肉、またはオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンなどを加えることがあります。

缶詰のペットフード

通常のドライフードにウェットタイプのフードを混ぜることで、味わいを増し、水分摂取も促します。

スペシャルトリーツ

犬用の特別なご褒美やトリーツを上に乗せることがあります。

サプリメント

獣医師の指示に従い、栄養補助のためのサプリメントやオイルを加える場合もあります。

ドッグフードにトッピングを加える際は、犬のアレルギーや特定の健康条件に注意し、肥満を防ぐために適切な量にすることが重要です。また、人間の食べ物の多くは犬にとって有害か、または危険であるため、犬に安全であることを確認した上で与える必要があります。

ドッグフードを食べないならアレンジ

ドッグフード・ナ行

ナチュラルバランス 7歳以上 涙やけ ニュートロ 抜け毛 盗み食い 熱湯 ノンオイルコーティング のどに詰まる

ドッグフード ・ナチュラルバランス

ナチュラルバランス(Natural Balance)は、総合栄養を目指した高品質なアメリカのドッグフードブランドです。このブランドは、科学的根拠に基づいた栄養学的アプローチで知られ、幅広い犬のニーズに合わせたさまざまな方式を提供しています。

ナチュラルバランスのフードは、リミテッドイングリーディエントダイエット(L.I.D.)、グレインフリー、ベジタリアン、ウェイトマネジメントなど、特定の健康上の問題や食物アレルギーを持つ犬向けの製品があります。これらのフードは、不必要な添加物を避け、消化しやすいとされる成分を使用しており、アレルギー反応や食物不耐症を持つ犬にも適しています。

また、ナチュラルバランスでは高品質のタンパク質源を用い、オメガ脂肪酸、繊維、必要なビタミンやミネラルをバランス良く含むことで、犬の全体的な健康と幸福をサポートしています。飼い主は、犬の年齢、サイズ、活動レベル、健康状態に合わせて最適な製品を選ぶことができます。

品質と安全性を確保するために、ナチュラルバランスでは製品のテストを徹底して行っており、消費者が安心して犬に与えられるようにしています。そのため、多くの獣医師や飼い主から信頼されるブランドとなっています。

ドッグフード 7歳以上

ドッグフードの「7歳以上」はシニア犬向けの製品を指し、年齢に応じた栄養バランス、消化の良さ、低カロリーで太りにくい配慮がなされています。

関節の健康をサポートする成分(グルコサミンやコンドロイチン)が含まれていたり、老化防止に効果的な抗酸化成分が強化されていることが特徴です。また、シニア犬の多くが歯や歯茎の問題を持つため、噛みやすい形状や柔らかさに調整されている製品もあります。

無添加のシニア用ドッグフードを国内・海外から厳選

ドッグフード・涙やけ

涙やけ」とは、犬の目の周りに見られる茶色または赤茶色の染みのことで、主に涙に含まれる鉄分が酸化することによって起こります。これは、特に白や薄い色の被毛を持つ犬に顕著に見られる症状です。

ドッグフードが涙やけに影響を及ぼすことがあります。一部の飼い主は、穀物や添加物、食品の色素に対するアレルギーや感受性が涙の分泌を増やし、涙やけを引き起こすか悪化させると考えています。したがって、特定の成分を含まない、または特別に調整されたドッグフードを選ぶことが涙焼けを管理する手助けになるとされています。

涙やけ対策として、アレルギー反応を引き起こしにくい、または涙の量を減らすとされる、特定のドッグフードへの切り替えが推奨されることがあります。グレインフリー、低アレルゲン、またはナチュラルな成分を使用したドッグフードが選ばれることが多いです。しかし、涙焼けは食事以外の要因、例えば遺伝的な要素、涙道の問題、または他の健康問題によっても引き起こされることがあるため、改善が見られない場合は獣医師に相談することが重要です。

犬の涙焼けはなぜ起こる?

ドッグフード・ニュートロ

ニュートロ(Nutro)は、自然な成分を使用したプレミアムドッグフードブランドです。彼らのフードは、高品質の動物性タンパク質を主成分とし、保存料や人工着色料、フレーバーを使用せずに製造されています。ニュートロのレシピは、穀物を含むものや、穀物不使用のグレインフリーのバリエーションがあり、小型犬から大型犬までさまざまなサイズの犬種に対応した製品があります。

ニュートロは、ナチュラルな成分に加え、必要なビタミンとミネラルをバランスよく含んでおり、犬の健康をサポートするための栄養素を提供することを目指しています。その製品は、犬の肌と被毛の健康、消化器系の健康、そして全体的な体調管理をサポートするために特別に配合されています。

また、ニュートロは成犬用のフードだけでなく、子犬用やシニア犬用、特定の健康問題に対応した特別なニーズを持つ犬のための製品ラインも提供しています。犬の年齢やライフステージ、活動レベルに応じた最適なフードを選ぶことができるため、多くの犬の飼い主に選ばれています。

ドッグフード 抜け毛

ドッグフードで抜け毛(脱毛)対策を行う場合、皮膚と被毛の健康をサポートする栄養素が強化されたものを選びます。オメガ3・オメガ6脂肪酸が豊富なもの、ビタミンEやビオチンを含むフードが推奨されることが多く、これらは皮膚の健康を保ち、被毛を丈夫に保つのに役立ちます。また、適切なタンパク質の量も重要で、健康的な皮膚や被毛の維持に必要です。犬の脱毛の原因についてはこちらの記事をご覧ください。

ドッグフード 盗み食い

犬が盗み食いをする行動は、食べ物へのアクセスが容易であることや、与えられる食事量が不十分、あるいは栄養バランスが偏っている場合に見られることがあります。ドッグフードに関連して盗み食いを防ぐためには、定期的かつ適切な量を給餌し、犬の食事へのアクセスを管理することが重要です。

また、食べ物に簡単にたどり着けないように保管すると共に、食事の栄養バランスを見直し、食事が彼らの必要とするエネルギーや栄養を満たしているかを確認する必要があります。

ドッグフード 熱湯

ドッグフードに熱湯を加えると、ドライフードは柔らかくなり、香りが増して食欲を刺激することがあります。特に歯が弱い高齢犬や幼犬、また食欲が落ちている犬にとって良い方法です。

しかし、熱湯を加える際には、フードが冷めてから与えるようにし、火傷のリスクがないことを確認する必要があります。また、フードに含まれる栄養素が熱によって損なわれないように注意することが大切です。

ドッグフードのふやかし方についての全情報

ドッグフード ノンオイルコーティング

ドッグフードの「ノンオイルコーティング」とは、製品の粒やカリカリに油脂を表面に塗布しない製造方法を指します。通常、ドッグフードには風味を高めるためにオイルコーティングがされることがありますが、ノンオイルコーティングはこれを避け、脂質の追加を最小限に抑えたフードです。肥満犬や脂質の摂取を抑える必要がある犬に適しているが、必要な脂肪分が不足しないよう全体の栄養バランスに留意する必要があります。

ドッグフード のどに詰まる

ドッグフードが喉に詰まるリスクは、犬の食べ方やフードの形状に依存します。速食いや大きな粒、硬いフードは詰まりやすい。防ぐには適切なサイズと硬さのフードを選び、食べ過ぎを防ぐための工夫が必要です。特に小型犬や高齢犬に注意が必要で、必要に応じてフードを湿らせたり、小さく砕いたりすると良いでしょう。

ドッグフード・ハ行

ドッグフード 半生 ドッグフード・馬肉 ドッグフード・ビーフ ドッグフード・BHA(ブチルヒドロキシアニソール) ドッグフード・ ヴィーガン ドッグフード 皮膚アレルギー ドッグフード ビートパルプ ドッグフード ・豚肉 ドッグフード ふやかし方 ドッグフード ・ヒューマングレード ドッグフード 並行輸入 ドッグフード 偏食原因 ドッグフード ポークミール

ドッグフード 半生

ドッグフードの半生タイプは、生肉とドライフードの中間に位置づけられる製品です。以下はその特徴です。

水分含有量

半生フードは一般的に水分含有量が高めで、生肉よりは少ないがドライフードよりは多いです。これにより咀嚼が容易で、消化に優れていることが多いです。

栄養価

加熱処理を最小限にしているため、栄養素の損失が少なく、生の状態に近い栄養を保持している場合があります。

保存性

ドライフードに比べて保存性は低いものの、生肉に比べると長期保存が可能であることが多く、冷蔵保存が必要な場合もあります。

鮮度

半生フードは鮮度が重要で、開封後は消費期限が短いことが一般的です。

扱いやすさ

生肉より扱いやすく、ドライフードと同じように与えやすいのが特徴です。

半生フードは特に嗜好性が高く、食欲が落ちがちな犬や、高齢犬にも好まれますが、商品によって品質や成分が異なるため、選択する際は成分表を確認し、獣医師の助言を求めることが望ましいです。

ドッグフード・馬肉

馬肉を使用したドッグフードは、消化が良く、低アレルゲン性のため食物アレルギーや敏感な胃を持つ犬に適しています。馬肉は高タンパク質で低脂肪、そして鉄分が豊富なため、エネルギーが必要な活動的な犬や、肥満を予防したい犬にも適しています。

また、他の一般的な肉よりも犬にとって新鮮な選択肢であることから、食べることに飽きてしまった犬にも新たな刺激を提供できます。しかし、馬肉を主成分とするドッグフードは比較的高価であることが多く、市場での入手可能性も地域によっては限られている場合があります。

ドッグフード・ビーフ

ビーフを主成分としたドッグフードは、犬にとって豊富なタンパク質源を提供します。タンパク質は筋肉の維持やエネルギー源として不可欠であり、牛肉はまた鉄分、ビタミンB群、亜鉛などの重要なミネラルやビタミンも豊富に含んでいます。これらの栄養素は犬の免疫系のサポート、皮膚と毛皮の健康を促進し、全体的な健康を維持するのに役立ちます。

しかし、一部の犬では牛肉に対するアレルギーや食物不耐症がある可能性があり、その場合はビーフを含まない代替肉源のフードを選ぶ必要があります。

また、高タンパク質のフードは肥満傾向のある犬や運動量が少ない犬には不向きな場合があります。フードを選ぶ際には、犬の健康状態、年齢、活動レベルに応じて適切なタイプを選ぶことが重要です。

ドッグフード・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、抗酸化剤として使用される合成化学物質で、脂質の酸化を防ぎ、食品の保存期間を延ばす効果があります。ドッグフードを含む多くの加工食品に添加されています。

BHAに関しては、その安全性について議論があります。動物実験での研究では、高用量のBHAが発がん性を持つ可能性があることが示唆されていますが、これらの研究で用いられた量は、ペットフードや人間の食品に含まれる量よりもはるかに多い量です。しかし、これにより一部の国や機関ではBHAの使用を制限しており、可能な限り自然由来の抗酸化剤に置き換える動きも見られます。

一方で、アメリカ合衆国食品医薬品局(FDA)を含むいくつかの国際的な食品安全機関は、現在の使用量であればBHAを人間とペットの食品に対して安全な添加物として認めています。それでも、長期間にわたる摂取が健康に及ぼす影響については完全には解明されていません。

獣医師の間では、BHAや他の合成保存料を含むドッグフードに対して注意する意見もあります。特に、ペットがアレルギーや他の健康問題を持っている場合、あるいは抗酸化剤を避けたいと考えている飼い主の中には、自然保存料を使用した製品や、無添加のフードを選ぶ方が多いです。

ドッグフード危険な成分と添加物

ドッグフード・ ヴィーガン

ヴィーガンドッグフードは、動物由来の成分を一切含まず、植物ベースの成分だけで作られた犬用食品です。これには穀物、豆類、野菜、果物、そして植物由来のタンパク質が含まれます。多くは、犬が必要とするすべての栄養素を補給するためにビタミンやミネラルで強化されています。

ヴィーガンドッグフードを選ぶ理由は様々で、犬のアレルギー対策、環境への配慮、動物福祉への意識などがあります。しかし、犬は全ての栄養素を植物ベースの食材から摂取することが困難なため、ヴィーガンフードは犬にとって栄養的にバランスが取れていることが非常に重要です。特に、タンパク質、ビタミンB12、アミノ酸(特にタウリン)、カルシウム、リン、および鉄などは、犬の食事で特に注意を要する栄養素です。

獣医師と密接に連携し、犬が必要とするすべての栄養を得られるようにしっかりと管理することが、ヴィーガンフードを選択する際の鍵となります。犬の種類、年齢、健康状態によっては、ヴィーガンフードが適さない場合もあるため、食事の変更を検討する前に獣医師と相談することが不可欠です。

ドッグフード 皮膚アレルギー

ドッグフードに関連する皮膚アレルギーは、犬が食べる特定の食材に対して反応を示す状態です。これは食物アレルギーまたは食物不耐性として知られています。以下にその特徴を簡単に説明します。

原因

たんぱく質源(例えばビーフ、チキン、乳製品)によく見られるが、穀物や添加物によることもある。

症状

皮膚炎、かゆみ、脱毛、耳の感染症、足を舐めるなどの行動が見られる。

診断

特定の食材を排除する除去食試験により診断されることが多い。

治療

アレルギーの原因となる食材を避けることが一般的。皮膚の健康をサポートする成分(オメガ脂肪酸、ビタミンなど)を含む特別なドッグフードが推奨されることもある。

予防

アレルゲンを含まない、または限定されたタンパク質源を使用したハイポアレルゲニックフードの使用。

食物アレルギーが疑われる場合は、獣医師の指導のもとで、適切な食事管理を行うことが重要です。獣医師は除去食試験を推奨し、その後、安全で犬に適した食材を含む食事に切り替えることを助言するでしょう。

ドッグフード ビートパルプ

「ビートパルプ」とは、砂糖ビートから糖分を抽出した後の副産物で、ドッグフードにおいて一般的な繊維源として使用されます。以下にその特徴を説明します。

繊維質

消化を助け、腸内の健康を促進するための食物繊維が豊富です。

エネルギー源

緩やかな糖の放出により、持続的なエネルギー源となり得ます。

便の質

便秘の改善や便の固形化に役立ちます。

低カロリー

体重管理に有用な低カロリー成分です。

ただし、一部の犬はビートパルプに敏感反応を示すことがあり、アレルギーや他の消化問題を引き起こす可能性があるため、使用する際には犬の反応に注意を払う必要があります。品質の良いビートパルプを適量含むドッグフードは、犬の健康な消化をサポートするのに役立ちますが、その他の成分とのバランスを考慮して選ぶことが大切です。

ドッグフード ・豚肉

豚肉を含むドッグフードは、タンパク質が豊富でありながら、比較的脂肪分が少ないものもあります。このため、適切な調理法を用いることで、エネルギーが高く栄養価のある食事を提供することができます。豚肉はビタミンB群が多く含まれているため、犬のエネルギー代謝に役立ちます。

ただし、生の豚肉はアウエルバッハ症という疾患を引き起こすことがあるため、十分に調理して病原体がないことを確認した上で与える必要があります。また、豚肉は他の肉類と比べてアレルゲン性が低い傾向にありますが、犬によっては消化不良を起こすことがあるため、新しいタイプの肉を食事に取り入れる際は注意が必要です。
豚肉を使ったドッグフードを選ぶ際は、高品質でバランスの取れた成分のものを選び、犬の全体的な栄養ニーズを満たしているかを確認することが重要です。

ドッグフード ふやかし方

ドッグフードをふやかすには、適量の温水または常温の水をフードに加えます。フードが柔らかくなるまで10分程度待ち、完全に冷めてから犬に与えます。水分量や浸す時間はフードの種類や犬の好みに応じて調整しましょう。詳細はこちらの「ドッグフードのふやかし方についての全情報」をご覧ください。

ドッグフード ・ヒューマングレード

ヒューマングレードのドッグフードは、その品質が人間が食べる食品と同等であるという意味です。これは、使用される原材料が人間の食品製造で用いられるものと同様の基準を満たしているということを指し、製造過程も人間の食品に適用される衛生基準や品質管理の基準に従っています。

ヒューマングレードの製品は、添加物や処理された副産物、低品質の充填材を含まず、肉や野菜などの新鮮で全体的に栄養価が高い成分から作られていることが多いです。これらのフードは、一般的にはより自然で健康的な選択とされ、犬の食事に高品質のオプションを提供すると評価されています。

ただし、ヒューマングレードのドッグフードが必ずしも全ての犬にとって最適であるわけではなく、犬の特定の健康状態や栄養ニーズに最も適したフードを選ぶことが重要です。また、ヒューマングレードを謳うフードを選ぶ際は、その主張が正確であることを証明する第三者による認証や証明書を確認することが推奨されます。

ドッグフード 並行輸入

ドッグフードの並行輸入品は、メーカーや正規代理店を通さずに個人や企業が直接輸入する商品です。正規ルートよりも安価な場合が多いですが、偽造品のリスクや、メーカーの品質保証が受けられない可能性があるため、購入時には注意が必要です。

ドッグフード 偏食原因

ドッグフードの偏食の原因は多岐にわたりますが、以下に主なものをまとめました。

味や食感の好み

犬は人間と同じように好みがあり、特定の味や食感を好むために偏食になることがあります。

食事の変更

突然のドッグフードの変更は消化器官の問題や偏食を引き起こす可能性があります。

人間の食べ物の影響

人間の食べ物を頻繁に与えると、ドッグフードよりも高カロリーで味が濃いため、犬がドッグフードを避けるようになることがあります。

食事管理の問題

不定期な食事時間や過剰な間食が偏食を引き起こすことがあります。

健康問題

歯や歯肉の病気、消化器官の不調、アレルギーなど健康上の問題が偏食の原因となることがあります。

ストレスや環境の変化

ストレスが多い環境や、引っ越しや家族構成の変化など、環境の変化も偏食に影響します。

高齢による味覚の変化

年を取ると味覚が鈍くなり、食べ物に対する興味が薄れることがあります。

偏食の原因を理解し、獣医師と相談しながら適切な対策をとることが大切です。

ドッグフード ポークミール

ドッグフードに含まれる「ポークミール」とは、豚肉を加工して水分を取り除いた後、さらに熱や圧力を加えて乾燥させ、細かく粉砕した成分です。以下にその特徴を簡単に説明します。

高タンパク質

ポークミールは高濃度のタンパク質を含むため、ドッグフードのタンパク質源として優れています。

水分が少ない

大部分の水分が除去されているため、保存性が高くなります。

エネルギー密度

水分が少ないため、より少ない量で高いエネルギーと栄養を提供することができます。

アレルゲン

一部の犬はポークミールや他の動物性タンパク質にアレルギーを持つことがあるので、フードを選ぶ際には注意が必要です。

ポークミールは経済的で栄養価が高いものの、肉副産物を含むことがあるため、品質にはばらつきがあります。そのため、信頼できるメーカーからの高品質なポークミールが含まれるフードを選ぶことが大切です。また、犬の健康状態や食物アレルギーの有無に応じて、適切なフードを選択することが重要です。

ドッグフード・マ行

ドッグフード マグロ ドッグフード ミール ドッグフード 無添加 ドッグフード・モグワン

ドッグフード マグロ

ドッグフードに含まれるマグロは、犬にとって多くの利点をもたらすことがありますが、注意点も存在します。以下に、ドッグフードのマグロに関する情報をまとめます。

利点:

高たんぱく

マグロは高たんぱくであり、犬の筋肉の維持と成長に役立ちます。

オメガ3脂肪酸

心臓の健康をサポートし、皮膚と被毛の状態を改善する可能性があります。

ビタミンとミネラル

ビタミンB群、ビタミンD、マグネシウム、セレンなど、犬の健康をサポートする栄養素が含まれています。

注意点:

水銀の蓄積

マグロは水銀を蓄積することが知られており、過剰に摂取すると中毒を引き起こす可能性があります。

アレルギー

一部の犬は魚にアレルギーを持っている場合があります。

食品の品質

ドッグフードに含まれるマグロの品質は、ブランドによって大きく異なることがあります。信頼できるメーカーから購入することが重要です。

持続可能な漁業

環境への影響を考慮して、持続可能な方法で捕獲されたマグロを使用しているかどうかも重要な考慮事項です。

総合的な餌付け戦略として:

マグロを含むドッグフードは、犬の全体的な食事プランの一部として組み込むことができますが、メインの食事としてではなく、バランスを考慮した上での追加食品やご褒美として適量を与えることが推奨されます。

ドッグフード ミール

ドッグフードにおける「ミール」とは、肉や魚、その他の動物性原料を高温で乾燥させ、脂肪分を除去した後、細かく挽いた粉末状のものを指します。

たとえば、「チキンミール」や「フィッシュミール」などがあります。ミールはタンパク質の濃縮源として、多くのドライドッグフードに使用されており、その質は原料と製造プロセスによって異なります。良質のミールは高い栄養価を持っており、ドッグフードにおける重要なタンパク質源の一つです。

しかし、特定の原材料を特定できない「ミートミール」や「アニマルミール」などの表記がある場合は、品質が低い可能性があるため、注意が必要です。ドッグフードのミールについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

ドッグフード 無添加

「無添加ドッグフード」とは、保存料、着色料、香料などの化学添加物を一切使用していない犬用食品を指します。以下に無添加ドッグフードの特徴を簡潔にまとめます。

特徴:

化学物質不使用

化学的に合成された保存料や着色料、香料などが含まれていません。

自然素材

主に自然由来の成分で作られ、犬の健康を考慮した配合になっています。

アレルギー対応

添加物が原因でアレルギー反応を示す犬に適している場合が多いです。

栄養価の高さ

加工が少ないため、天然の栄養素が損なわれにくいとされます。

利点:

健康維持

化学物質に敏感な犬やアレルギーがある犬にとって、健康維持に寄与します。

消化吸収の改善

天然の成分が消化吸収を助け、腸内環境の改善を促す可能性があります

選ぶ際のポイント:

成分リストを確認

無添加を謳っていても、品質にはブランドごとに差があるため、成分リストの確認が重要です。

信頼できるメーカー

メーカーの評判や製品に対するフィードバックを参考に選ぶとよいでしょう。

栄養バランス

無添加であっても、犬の年齢や健康状態に適した栄養バランスであることが必要です。

無添加ドッグフードは、添加物に対する懸念がある飼い主や、健康を第一に考える飼い主にとって良い選択肢となりますが、犬の個々のニーズに合わせた選択が重要です。また、無添加ドッグフードを選ぶ際は、その犬とって必要な栄養が適切に含まれているか、常に確認する必要があります。

ドッグフード・モグワン

モグワンは、日本の企業が販売している原産国イギリスのプレミアムドッグフードブランドの一つで、品質と栄養価に重点を置いています。モグワンのフードは、人間が食べられるレベルの高品質な素材を使用し、犬の健康を考慮したバランスの取れた栄養成分を提供することで知られています。

モグワンの製品は、添加物、穀物、大豆などの一般的なアレルゲンを含まないレシピが特徴です。グレインフリーオプションや、アレルギーを持つ犬や特定の健康条件を持つ犬向けの特別な配合も用意されています。高タンパク質で、消化が良く、必要なビタミンとミネラルを総合的に供給することで、犬の健康維持をサポートしています。

また、モグワンは定期購入サービスを提供しており、利便性と一貫したフード供給を顧客に提供しています。フードは新鮮な状態で届けられるため、犬が毎回美味しく、栄養豊富な食事を楽しむことができます。

獣医師との協力のもと、犬の健康を最優先に考えた製品開発が行われており、安全性と栄養の両面で信頼できるブランドとして認識されています。モグワンを選ぶ際には、犬の年齢、体重、活動レベル、健康状態に合わせて適切な製品を選ぶことが大切です。

ドッグフード・ヤ行

ドッグフードの幼犬用と成犬用の違い ドッグフード 容器 ドッグフード・ ヨーグルト ドッグフード 4dミート 

ドッグフードの幼犬用と成犬用の違い

幼犬用ドッグフードは、成長が早い幼犬の栄養ニーズを満たすように設計されており、一般的にたんぱく質や脂肪、カルシウム、リンなどの必須栄養素が豊富で、カロリーも高めです。一方、成犬用ドッグフードは、成犬の維持に必要な栄養バランスに調整されており、カロリーは控えめで、肥満を防ぐための配慮がなされています。また、幼犬用フードにはしばしばDHAなどの発育を支援する栄養素が強化されています。

ドッグフード 容器

ドッグフードの容器は、フードを新鮮に保ち、品質を維持するために非常に重要です。以下はドッグフード容器についての基本情報です。

「素材

プラスチック

軽量で扱いやすく、広く利用されていますが、傷がつきやすいため定期的な交換が必要です。

ステンレススチール

耐久性があり、清潔を保ちやすく、長持ちしますが、価格が高めです。

セラミック

重いため安定していますが、落とすと割れるリスクがあります。

デザインと機能性

密閉型

酸化や湿気、害虫を防ぎ、フードを長持ちさせます。

非密閉型

日常的な使用には便利ですが、新鮮さは密閉型ほど保てません。

サイズ」

フードの量に合わせて様々なサイズがあります。小分けにする場合は小さい容器が、大量購入する場合は大容量のものが適しています。

「安全性

BPAフリー

プラスチック容器を選ぶ場合、BPA(ビスフェノールA)フリーのものを選ぶと化学物質のリスクが減ります。

食品安全グレード

フードに直接触れるものは食品安全基準を満たしていることが重要です。
ドッグフードを保存する際には、直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管することが大切です。また、使用する際には容器を清潔に保ち、定期的に洗浄することで、フードが汚染されることを防ぎます。フードを入れ替える際には、古いフードの残りが新しいフードに影響を与えないように、容器を完全に空にしてから新しいフードを入れることが推奨されます。

ドッグフード・ ヨーグルト

ヨーグルトは犬にとっても健康的なおやつとして与えられることがあり、特にプロバイオティクス(善玉菌)が豊富で消化を助け、免疫システムをサポートするとされています。しかし、すべての犬が乳製品をうまく消化できるわけではないので、以下の点に注意が必要です。

無糖・無添加

犬に与えるヨーグルトは無糖で、人工甘味料(特にキシリトール)や添加物が含まれていないものを選びます。

ラクトース

多くの犬はラクトース(乳糖)を消化するのが苦手です。ラクトースフリーのヨーグルトを選ぶことが推奨されます。

脂肪分

高脂肪の食品は犬に肥満や消化不良を引き起こすことがあるため、低脂肪または無脂肪のヨーグルトが好ましいです。

量の管理

ヨーグルトはあくまでおやつとして扱い、犬の食事の小さな一部としてのみ与えます。
始めてヨーグルトを与える場合は少量から始め、犬の体調を見ながら徐々に量を増やしていきます。もし下痢や嘔吐などの消化不良の兆候が見られた場合は、与えるのをやめて獣医師に相談することが大切です。

犬がヨーグルトを食べても大丈夫ですか?

ドッグフード 4dミート

4Dミートとは、「Dead, Dying, Diseased, Disabled」(死んでいる、死にかけている、病気の、障害を持つ)の略で、ペットフード産業で使われることがある肉の種類を指します。これらは人間の食用としては不適格とされる動物の肉であり、犬のフードとして使用される場合があります。

一部の国や地域ではこのような肉の使用は法律で規制されており、ペットフード品質に関する基準や規制が設けられています。4Dミートは、品質の面で懸念があり、ペットの健康に悪影響を与える可能性があるため、ペットオーナーは製品のラベルを注意深く読み、信頼できる情報源からフードを選ぶことが勧められます。4Dミートについて関連する記事はこちら

ドッグフード・ラ行

ラム肉 流動食 リン 冷蔵庫保管 レトルト ロイヤルカナン ローテーション ローズマリー

ドッグフード ラム肉

ドッグフードにおけるラム肉は、高品質のタンパク源として知られています。以下はラム肉を使用したドッグフードの特徴です。

高タンパク質

ラム肉は筋肉の健康維持に役立つ良質なタンパク質を提供します。

低アレルギー

牛肉や鶏肉にアレルギーがある犬にとって、ラム肉はアレルギー反応を起こしにくい代替肉源となることがあります。

脂肪含有量

ラム肉は100gあたり25.9gの脂質を含んでいます。

ミネラルとビタミン

ラム肉は鉄分やビタミンB群が豊富で、犬の栄養ニーズをサポートします。

ドッグフードにおけるラム肉は、消化が良いとされ、敏感な消化器系を持つ犬にも適しているとされていますが、個々の犬によって反応は異なるため、新しいプロテイン源を導入する際には徐々に切り替えて、犬の反応を注意深く観察することが重要です。また、全てのラム肉含有ドッグフードが同じ品質ではないので、原材料や製造過程、会社の信頼性にも注意を払うべきです。

ドッグフード 流動食

ドッグフードの流動食は、液体状または非常に柔らかい一貫性を持つペットフードで、特に飲み込む力が弱い、あるいは回復期にある犬、歯がない老犬、または手術後で固形物を食べられない犬に適しています。

これらの流動食は消化が容易で、水分含有量が高いため、脱水状態の犬にも水分補給を促す役割を果たします。市販の流動食はバランスの取れた栄養を提供するように設計されており、フィーディングチューブを介して与える必要がある犬にも適しています。

また、自家製の流動食を作ることも可能ですが、獣医師の指導のもとで栄養バランスを考慮することが重要です。

ドッグフード リン

リンはドッグフードにおいて重要なミネラルの一つで、骨や歯の形成、エネルギー代謝、細胞膜の構造維持などに必要です。

しかし、リンの過剰摂取は特に老犬(シニア犬)や腎臓病の犬において健康問題を引き起こす可能性があるため、適切な量を摂取することが重要です。フードを選ぶ際には、リンの含有量も考慮し、特に健康状態に問題がある犬では獣医師の指導のもとでの管理が推奨されます。

ドッグフード 冷蔵庫保管

ドッグフードを冷蔵庫で保管する場合は、未開封のウェットフードや生肉ベースのフード、自家製フード、または開封後のドライフードなどを対象にします。ウェットフードは開封後冷蔵庫で約5日間保存が可能ですが、ドライフードは湿気を避けるため密閉容器に入れて保管することが推奨されます。冷蔵庫での保管は食品の鮮度を保ち、細菌の繁殖を抑える効果がありますが、給餌前には室温に戻すか少し温めることで、犬が食べやすくなります。

ドッグフード レトルト

ドッグフードのレトルトは、高温加熱した湿ったタイプのペットフードで、使いやすさと長期保存が可能な点が特徴です。以下のポイントを含めた簡単な説明です。

保存性

パックまたはポーチに密封されており、開封前は常温で長期間保存が可能です。

利便性

使い切りサイズで、外出先や旅行時にも便利です。

品質

レトルト製法により、栄養素の損失を最小限に抑えつつ、食品の新鮮さが保たれます。

水分

湿潤フードは水分が多く含まれているため、水を十分に摂取しない犬に適しています。

味と香り

ドライフードに比べて味と香りが豊かで、食欲がない犬にも魅力的です。ドライフードのトッピングとしても使えます。

レトルトドッグフードは、高温加熱処理され真空パックの商品なので長期保存が可能ですが、推奨される期間内に使用することが大切です。

ドッグフード ロイヤルカナン

ロイヤルカナン(Royal Canin)は、フランスに起源を持つグローバルなペットフードブランドで、犬と猫の健康に特化した食事を提供しています。科学的研究に基づき、特定の犬種、サイズ、年齢、生理状態、健康状態に合わせた専用のフードを製造しており、個々のペットのニーズに細かく対応していることが特徴です。

ロイヤルカナンのドッグフードは、最適な栄養バランスを提供することに重点を置いており、高品質のタンパク質、適切な繊維分、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルが含まれています。これらの栄養素は、犬の健康を維持し、特定の健康問題を持つ犬のニーズをサポートするために、獣医師と栄養学の専門家によって慎重に選定されています。

ロイヤルカナンは、子犬からシニア犬までの幅広いライフステージや、体重管理が必要な犬、アレルギーや消化器疾患など特定の健康問題に対応したプリスクリプションダイエットなど、多様な製品ラインを提供しています。獣医師の間でも推奨されることが多く、その高い品質と専門性で広く認知されています。

ドッグフード ローテーション

ドッグフードのローテーションとは、犬の食事において、異なるタイプやブランド、フレーバーのドッグフードを周期的に変更する給餌方法です。このアプローチは、犬が様々な食材から広範囲にわたる栄養を得られるようにすることを目的としています。

しかし、すべての犬がローテーションフィーディングに適しているわけではなく、特に敏感な消化器系を持つ犬や特定の食物に対するアレルギーがある犬では、慎重に進める必要があります。ローテーションを始める前には、獣医師に相談し、犬の健康と個々のニーズに合わせた適切な計画を立てることが重要です。また、新しいフードへの移行は徐々に行い、犬の反応を注意深く観察することが必要です。

ドッグフード ローズマリー

ドッグフードにおけるローズマリーは、天然の酸化防止剤として使用されることがあります。ローズマリー抽出物は、フードの鮮度を保つために酸化を抑制し、食品の腐敗を防ぐ効果があるとされています。

また、ローズマリーには抗炎症特性や記憶力向上などの健康効果があるとされており、積極的に健康補助として取り入れるメーカーも存在します。ただし、一部の犬ではアレルギーや胃腸の問題を引き起こす可能性があるため、飼い犬が敏感でないかを見極める必要があります。

犬のタンパク質の必要量とは?どのように計算するの?

犬のタンパク質の必要量とは?どのように計算するの?

高タンパクドッグフードのデメリットとメリット

高タンパクドッグフードのデメリットとメリット

ドッグフードをアレンジしよう!食べないを食べるようにする有効手段

犬がドッグフードを食べないときのおすすめの対処法
タイトルとURLをコピーしました