犬が食べれる果物

犬はみかんの皮や薄皮を食べても大丈夫?缶詰みかんはどうなの?

      
犬が食べれる果物
       

犬は、みかんを食べても大丈夫なのでしょうか?答え(answer)は、「はい、大丈夫」です。ただし、みかんには、安全で有用なビタミンが含まれてはいますが、高い糖分や酸味があります。従って、適切な量に限ってあげてよいとされています。

適切な量というのは、犬の体重や健康状態にもよりますから、一概に何グラムとは書けませんが、大まかな量のガイドラインを本文に示しています。

また、みかんの皮や薄皮(白い皮)を食べてしまったときの対処法やみかんを与える上での注意点、過剰摂取による症状、みかんアレルギーなどについても解説しますので続けてご覧ください。

犬はミカンを食べても大丈夫?

犬にみかんを食べさせても大丈夫と言われても、獣医師の見解がないと信用できません。そこで色々と調査をしました。

小動物獣医師として30年以上の経験を持つ「Evelyn Kass DVM」によりますと、犬がみかんを食べることについて次のように述べています。

DVMとは?

DVMとは、Doctor of Veterinary Medicineの頭文字を採用したもので、世界的な獣医師の略称です。獣医学博士(Doctor of Veterinary Medicine, D.V.M.)とも呼ばれます。

オレンジ(みかん)にはビタミンC、カリウム、食物繊維が含まれており、それらはすべて犬にとって有益です。しかし、オレンジには含まれる糖分が多いため体重増加につながったり、糖尿病の犬にとって有害になる可能性があります。また皮や種も犬にとって有害になる可能性があります。

引用元:HEALTHY PET

また、ニューヨークのブルックリン・ケアズ動物病院の DVM 兼パートナーであるステファニー・リフ氏によりますと、犬がみかんを食べることについて次のように述べています。

種なし品種を含むオレンジ(みかん)は、糖尿病などの基礎疾患がなく、食べる量に注意し、常に摂取量に注意していれば、犬が安全に食べられます。ただし、皮を取り除くことを忘れないでください。

犬はオレンジを食べても大丈夫ですか?知っておくべきことすべて

以上の獣医師のレビューからもわかるように、糖尿病などの基礎疾患がなければ、少量であれば犬がみかんを食べても大丈夫です。ただし、種や皮は除いて与える必要があるということです。

犬にあげていい「みかん」の量(個数)

犬にみかんの量をどのくらいあげてよいのでしょうか。

犬に与える「みかんの量」に関しては、犬の大きさや健康状態によって異なりますが、獣医師の監修下の情報による一般的なガイドラインとしては、極めて控えめにすることが重要です。 その理由としては、みかんは消化がよくないからです。

小型犬1〜2小片(1/8個以下のみかん)
中型犬2〜3小片(1/4個以下のみかん)
大型犬最大でも半分のみかんまで
「犬のみかんの適切な量」

これらはあくまで目安です。

犬に果物を初めてあげるときは、特に少量から始めて、その後の犬の反応を観察することが重要です。犬がみかんを食べた後に嘔吐、下痢、食欲不振などの異常が見られた場合は、直ちに与えるのを止め、必要に応じて獣医師に相談しましょう。

また、みかんに含まれる糖分や酸が犬の消化器系に負担をかける可能性があるため、定期的なおやつとして与えるのではなく、時折の特別なご褒美として与える程度に留めるのが望ましいです。

犬がみかんの皮や薄皮(白い皮)を食べてしまった

「テーブルの上に食べたみかんの皮を置いておいたら、犬が食べてしまった」という思いもよらぬ事故はおきるものです。

先ほども取り上げましたように、みかんの皮や薄皮(白い皮)は、有害になる可能性があるので、犬に与えるべきではないというのが獣医師の統一した見解です。

しかしながら、飼い主が与えたのではなく、犬が勝手に食べてしまったのですから、そのあとどのように対処したらよいのか解説します。

犬がみかんの皮を食べてしまったときの対処法

犬がみかんの皮を食べてしまった場合、飼い主として心配になるのは当然です。みかんの皮や薄皮(白い皮)は犬にとっては消化しにくく、場合によっては消化器系の問題を引き起こす可能性があります。ここでは、そのような状況に直面した時の対処法について解説します。

1.直ちに行うべきこと

  1. 落ち着いて状況を把握する:まずは冷静になり、犬がどの程度の量のみかんの皮を食べたのかを把握します。
  2. 犬の様子を観察する:嘔吐、下痢、食欲不振、活力の低下など、異常な症状が見られるかどうかを注意深く観察します。

2.獣医師への相談

  • 症状が見られる場合:犬に異常な症状が見られる場合は、直ちに獣医師に相談してください。
  • 症状が見られない場合:症状がなくても、大量にみかんの皮を食べた場合や、犬の体調が普段と異なる場合は、念のため獣医師に連絡することをお勧めします。

3.家庭での対応

  • 飲水を確保する:十分な水分摂取は消化を助け、体内からのみかんの皮の排出を促します。
  • 食事の管理:犬の食事を軽いものにし、消化器系に負担をかけないようにします。

4.予防策

  • 食べ物の管理:犬が手に届かない場所に食べ物を保管し、誤飲を防止します。
  • 教育:犬に「食べない」という命令を教えることで、食べ物を無断で食べることを防ぎます。

5.犬がみかんの皮を食べてしまったときの結論

犬がみかんの皮を食べてしまった場合は、落ち着いて対処し、犬の状態に応じて適切な措置を取ることが重要です。異常が見られる場合は迅速に獣医師の助言を求めることが肝要です。また、日頃から食べ物の管理と犬の教育に注意を払うことで、このような事態を未然に防ぐことができます。

みかんの栄養素と犬の健康へのメリット

みかんは、非常に人気のある柑橘類の一つで、その甘くて爽やかな味わいは多くの人々に愛されています。しかし、その味だけでなく、みかんには健康に良い多くの栄養素が含まれていることも特筆すべき点です。ここでは、みかんに含まれる栄養素について詳しく探っていきます。

みかんの主な栄養素

1. ビタミンC:みかんはビタミンCの優れた源です。ビタミンCは、免疫系を強化し、肌の健康を維持するのに役立ちます。 ビタミンCの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

2. 食物繊維:食物繊維は消化を助け、腸内環境を整えるのに重要です。

3. カリウム:カリウムは心臓の健康をサポートし、血圧の調節に役立ちます。

4. 葉酸:妊娠中の女性にとって重要な栄養素であり、胎児の発達に寄与します。

5. 抗酸化物質:みかんに含まれるフラボノイドなどの抗酸化物質は、体を酸化ストレスから守り、健康を維持するのに役立ちます。

栄養素100gあたりの含有量
カロリー47 kcal
水分87.8 g
タンパク質0.7 g
炭水化物11.5 g
糖質9.2 g
食物繊維0.4 g
脂質0.1 g
ビタミンC33 mg
カリウム150 mg
カルシム15 mg
葉酸22 μg
日本食品成分標準成分表:100gあたりのみかん・砂じょうの栄養素含有量

みかんと他の主だったフルーツのビタミンCの成分量を比較してみました。

Fruit単位 (mg)
アセロラ1700
キウイフルーツ71
甘柿70
みかん33
バナナ16
ビタミンCの成分量

ビタミンCについては、アセロラが断然多いことがわかります。ちなみにアセロラは犬にとっては一般的に安全な果物ですが、犬は自身でビタミンCを生成できるので、大量に与える必要はありません。適量を与えることが重要です。

犬のみかんアレルギーとは?

アレルギー反応は、軽度から重度までさまざまです。症状が軽度の場合でも、アレルギー反応が進行すると重篤な状態になる可能性があるため、下記の症状が見られる場合は、すぐに獣医師に相談することが重要です。

犬のみかんアレルギーの症状

犬にみかんを食べさせた後に以下のような症状が見られる場合はアレルギーの可能性があります。

1. 皮膚の問題:かゆみ、 赤み、発疹、

2. 消化器系の問題:嘔吐、下痢、腹部の不快感や痛み

3. 呼吸器系の問題(重度の場合):呼吸困難

4. 一般的なアレルギー反応:腫れ(特に顔や喉の周辺)、過度の舐めるまたは噛む行為

アレルギー反応は食べた直後から数時間後に発現することがありますので、新しい食べ物を導入した際にはその後数時間の様子を注意深く観察することが勧められます。

犬にみかんゼリーや缶詰をあげてもいいの?

みかんゼリー

犬に「みかんのゼリーや缶詰」を与えても大丈夫なのでしょうか?答えは、犬にみかんのゼリーや缶詰を与えてはいけません。その理由について見てみましょう。

みかんゼリーの原材料

みかんゼリーには、一般的に様々な添加物が原材料として使用されています。

  • みかん
  • 砂糖
  • 果糖ぶどう糖液糖
  • 寒天
  • ゲル化剤(増粘多糖類)
  • 酸味料
  • 香料
  • ビタミンC
  • 乳酸Ca

このようにみかんゼリーは、添加物だらけですね。人間にとっては、これら添加物は少量なら問題ないと認可されていますが、人間も長期間の摂取においては問題があると言われています。

犬にあげてはいけない:みかんゼリーの問題点

  1. 糖分と人工甘味料:犬にとって過剰な糖分は肥満の原因となります。また、一部の人工甘味料、特にキシリトールは犬にとって非常に有害です。
  2. 添加物:着色料や保存料などの添加物が含まれている場合、これらは犬の健康を害することがあります。

みかんそのものが、犬にとってあまり消化がよろしくない果物である上に、みかんゼリーは、着色料や保存料などの添加物が含まれていますので、健康にとってマイナスとなるのは間違いないです。

みかん缶詰の原材料と危険リスク

缶詰みかんの原材料は、みかん、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、酸味料などです。

ぶどう糖果糖液糖は、食品添加物ではありませんが、砂糖よりも血糖値を上昇させると言われていまので、犬の糖尿病の危険リスクを引き上げます。また、ぶどう糖果糖液糖の原材料は、トウモロコシでアメリカから輸入されています。トウモロコシは、遺伝子組み換えが多い食品ですので、その危険リスクも考えられます。

みかん缶詰の問題点

  1. 砂糖やシロップ漬け:缶詰のみかんは、しばしば砂糖やシロップを使って甘くされています。これは犬にとって余分なカロリーとなり、健康上のリスクを増加させます。
  2. 保存料:缶詰に含まれる保存料も、犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

犬にみかんゼリーやみかんの缶詰を与えるなら

犬にみかんゼリーやみかんの缶詰を与えるなら、次の3点に留意してください。

  • 無添加・無糖:添加物や糖分が含まれていないものを選びます。
  • 犬用に特化した製品:犬用のみかんゼリーや缶詰は販売されていませんが、おやつを与えるなら犬の健康を考慮して作られたペット用のおやつを選ぶのが最善です。
  • 量の管理:たとえ犬に安全なおやつであっても、過剰に与えると肥満などの健康問題を引き起こす可能性があります。

犬にとってのみかんゼリーやみかんの缶詰の結論

犬にみかんのゼリーや缶詰を与えることは、一般的に推奨されません。これらの製品には犬にとって不適切な糖分、人工甘味料、添加物が含まれているものが多いからです。ペットの健康を第一に考え、犬用に特化したおやつを選ぶことが重要です。もし人間の食品を与えたい場合は、動物の専門家に相談し、安全性を確認することが賢明です。

まとめ

犬にみかんを食べさせても大丈夫です。しかし、みかんは消化が悪いので、少量を与えることをおすすめします。また、皮や白い薄皮の部分は有害になるので、取り除いて与えるのがよいです。

犬にみかんを与えて、顔周辺の腫れや嘔吐、下痢などをした場合にはアレルギーが考えられますので、すぐに獣医師に相談することが重要です。

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

関連記事

「犬の食べ物ワンダーランド」へようこそ
ドッグフードのアレンジとは?食べないを食べるようにする有効手段
犬が食べると危険なもの:健康を守るための全知識!
そのドッグフードは危険な成分があるかも!原材料や添加物を徹底調査
タイトルとURLをコピーしました