犬が食べれる野菜

犬にキャベツを与える効果はなんですか?

      
お皿の上のキャベツを食べている大型犬 犬が食べれる野菜
       

キャベツは、ビタミンCをはじめ、食物繊維、ビタミンB群、葉酸、カルシウム、ビタミンKなど、さまざまな栄養素を豊富に含んでいます。そのため私たちの食卓にもよく並ぶ野菜のひとつとなっています。そんなキャベツですが、犬がキャベツを食べても大丈夫なのでしょうか?犬にキャベツはどんな効果があるのでしょうか?

本記事では、犬にキャベツを与える際の注意点、与え方、適切な量、効果について詳しく解説します。愛犬にキャベツを与えたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

犬はキャベツを食べても大丈夫です

キャベツには犬に毒となる成分は含まれていませんので、犬にとって安心な食材です。
キャベツにはビタミンKやビタミンC、食物繊維が含まれていますので、消化促進、免疫力向上、皮膚や骨の健康維持など、多くの健康効果が期待できます。
与えですが、基本的に生のキャベツでも加熱でも大丈夫です。子犬や老犬もキャベツを食べることができますが、消化器官が敏感な犬や、特定の健康問題を持つ犬には注意が必要です。

注意点として、キャベツはカロリーが低いからといって、キャベツダイエットなどといって大量摂取させると、尿管結石などのリスクを高めますし、甲状腺などに不調を引き起こす可能性があるため、与える量には注意しましょう。

また、キャベツはブロッコリーと同じアブラナ科に属していますので、アブラナ科アレルギーのある犬はかゆみや嘔吐、嘔吐などを引き起こすことがあります。

ブロッコリーの記事はこちら

犬がブロッコリーを食べても大丈夫?

キャベツは、アブラナ科に属しています。キャベツは国産のものがほとんどで、生産量1位は愛知県、2位は群馬県、3位は千葉県です。農林水産省

犬にキャベツを与えるときの注意点

キャベツを与える際に注意する点がありますので確認しましょう。

調理について

キャベツは生で与えることができますが、軽く茹でて与えることで消化を助けることができます。

与えてはいけない部分

硬い芯の部分は避け、葉の部分を与えましょう。

与えすぎはダメ

キャベツを大量に与えるとガスがたまる原因になるため、適量を守りましょう。

アレルギー

稀にキャベツに対してアレルギー反応を示す犬もいます。初めて与える際は少量から始めて様子を見ましょう。

甲状腺の機能に問題がある犬は注意

甲状腺に問題がある犬にキャベツを与えることは、注意が必要です。キャベツを含む十字花科(じゅうじかか)の野菜には、ゴイトロゲンという物質が含まれています。ゴイトロゲンは、甲状腺ホルモンの合成を阻害する可能性があり、これによって甲状腺機能低下症(低下した甲状腺機能)のリスクが高まることがあります。

しかし、キャベツを適量で与え、また調理する(特に加熱する)ことで、ゴイトロゲンの影響を減少させることができます。加熱によりゴイトロゲンの量が減少するため、甲状腺の問題を持つ犬にとっては、生のキャベツよりも安全になります。結論として、甲状腺機能に問題がある犬にキャベツを与えることは可能ですが、獣医師と相談し、適切な量と調理方法を選択することが重要です。

キャベツはシュウ酸結石に注意!

キャベツにはシュウ酸が含まれています。通常、シュウ酸は、カルシウムと結びつき体外に排出されますが、シュウ酸を過剰に摂ると、排出されずに尿に出てきます。そこでカルシウムと結びつくことで、石のような塊になります。これが結石です。シュウ酸とカルシウムでできた結石なので、シュウ酸カルシウム結石と言います。尿路結石のうち80%がこのシュウ酸結石と言われています。

これは人でのお話ですが、犬も同じようにシュウ酸を摂りすぎると、シュウ酸カルシウム結石が起こります。そのため、シュウ酸を含んだキャベツ、ホウレンソウ、ブロッコリーなどを与える場合には、ゆでることをおすすめします。シュウ酸は水溶性なのでゆでれば減少させることができます。それでもシュウ酸は残りますので、結石を防ぐためにみかんなどクエン酸を含む食品を与えることで、シュウ酸とカルシウムが尿中で結合するのをおさえてくれますが、キャベツを与えすぎないのが一番です。

キャベツに含まれる栄養成分とその効果

ビタミンK

骨の健康を支える重要な役割を果たします。また、血液の凝固にも必要な栄養素です。

ビタミンC

抗酸化作用があり、免疫機能のサポートや皮膚、歯の健康維持に貢献します。

食物繊維

食物繊維は消化器系を通過する際に水分を吸収し、便の量を増やして柔らかくします。これにより、便秘の予防や解消に役立ちます。また、食物繊維は、腸内の善玉菌の餌となり、健康な腸内フローラの維持に寄与します。これにより、消化が改善され、免疫力の向上にもつながります。さらには、食物繊維は食後の血糖値の急激な上昇を緩和する効果があります。糖尿病のリスクがある犬にとって、血糖値のコントロールに有益な場合があります。

硫化アリル

キャベツには、がん予防に役立つとされる硫化アリルがとても少ないでが含まれています。この成分は、犬が食べる分には健康に良い影響を与えることが期待されます。適切な量であれば、キャベツは犬にとって安全であり、犬の健康をサポートする抗酸化物質や栄養を提供します。
ニンニクやタマネギも硫化アリルを含んでいますが、これらは犬に有害であり、与えるべきではありません。この理由は、硫化アリルそのものではなく、ニンニクやタマネギに含まれる他の成分が犬にとって危険だからです。

犬のキャベツはどれくらい。1日あたりの量

キャベツの千切り

犬のサイズや体重によって適切なキャベツの量は異なります。
獣医師さんたちは、野菜や果物の量を1日あたりの全体の食事カロリーに対して10%までを許容範囲としています。そのため、10%を推奨量とされる獣医師もいます。また安全な量として約2%を推奨される獣医師さんもいらっしゃいます。

下記のキャベツの量は、初めてキャベツを与える場合に安全とされる1日あたりの全体の食事カロリーの2%で計算しています。
キャベツ1枚の重さは、40g程度です。カロリーは、100gあたり19kcal(ゆでたキャベツ)です。

超小型犬(体重2kg以上5kg未満)のキャベツの量

犬種チワワ、ポメラニアン、トイプードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨン、ミニチュア・ピンシャー、カニーンヘン・ダックスフンド、ヨークシャー・テリア、ミニチュア・ダックスフンド、ミニチュア・ピンシャー、イタリアン・グレーハウンド
キャベツの目安量(グラム)15g~35g(キャベツの葉1/3~1枚)
超小型犬のキャベツの量

小型犬(体重5kg以上10kg未満)のキャベツの量

犬種ミニチュア・シュナウザー、シー・ズー、ジャック・ラッセル・テリア、パグ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ペキニーズ、イタリアン・グレーハウンド、シェットランド・シープドッグ、ボストン・テリア、ビション・フリーゼ、日本スピッツ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ノーフォーク・テリア、柴犬
キャベツの目安量(グラム)39g~61g(キャベツの葉1枚~1.5枚)
小型犬(体重5kg以上10kg未満)のキャベツの量

中型犬(体重10kg以上25kg未満)のキャベツの量

犬種フレンチ・ブルドッグ、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ビーグル、ボーダー・コリー、アメリカン・コッカー・スパニエル、甲斐、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ブルドッグ
キャベツの目安量(グラム)66g~127g(キャベツの葉1.5枚~3枚)
中型犬(10kg以上25kg未満)のキャベツの量

大型犬(体重25kg以上~50kg)のキャベツの量

犬種ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、秋田犬、シベリアンハスキー
キャベツの目安量(グラム)132g~220g(キャベツの葉3枚~5枚)
大型犬(25kg以上~50kg)のキャベツの量

犬用のキャベツを乾燥させた商品

キャベツを使った犬用のおやつやフリーズドライも市販されていますが、与える際は成分表を確認し、犬が安全に食べられることを確認してください。

自然乾燥キャベツのおやつ

れらは、保存料や添加物を使用せずに乾燥させたキャベツを使用しており、自然な味わいを楽しめるように作られています。消化を助ける食物繊維が豊富で、低カロリーなので、肥満が気になる犬にも適しています。

フリーズドライの野菜ミックス

キャベツを含むフリーズドライの野菜ミックス製品もあり、これらは犬の食事に栄養と食物繊維を追加するために使用されます。これらの製品は、犬の食事に簡単に混ぜることができ、日々の食事に栄養のバリエーションを加えることができます。

トレーニング用の低カロリーおやつ

乾燥キャベツは、トレーニング中のご褒美としても最適です。これらは消化しやすく、犬が食べ過ぎるリスクを減らしながら、ポジティブな行動を強化するのに役立ちます。

製品を選ぶ際は、以下の点を考慮してください。

商品の選び方

成分リスト

人工添加物や保存料が含まれていないか、成分リストを確認してください。

原産国

製品の品質基準は原産国によって異なる場合があるため、信頼できる国からの製品を選ぶことが重要です。

獣医師の推奨

特に犬が健康上の問題を持っている場合は、獣医師に相談して、適切な製品を選択してください。

オンラインショップやペット用品店では、さまざまな犬用乾燥キャベツ製品を扱っていますので、愛犬の好みや健康状態に合わせて選ぶことができます。

犬とキャベツに関するQ&Aとまとめ

「犬がキャベツを食べても大丈夫。与える際の注意点と与えてよい量」についてをQ&A形式にしてまとめました。

犬にキャベツを与える頻度はどれくらいが適切ですか?
A: 週に数回、少量を与えるのが適切です。犬の健康状態や体重にもよりますが、食事のバランスを崩さない範囲で与えましょう。
キャベツを生で与えるか、調理して与えるか、どちらが良いですか?
A: 軽く茹でて与えることをお勧めします。生のキャベツも与えられますが、茹でることで消化しやすくなります。
キャベツを食べた後、犬が下痢をしたらどうすればいいですか?
A: 少量から始めても、犬によってはキャベツが合わない場合があります。下痢をした場合は、キャベツの与え方を中止し、様子を見てください。症状が続く場合は獣医師に相談してください。
キャベツにはどのような栄養成分が含まれていますか?
A: キャベツにはビタミンK、ビタミンC、食物繊維、硫化アリルなど、犬の健康に有益な栄養成分が含まれています。
犬にキャベツを与えるとき、どの部分を避けるべきですか?
A: 硬い芯の部分は避けて、柔らかい葉の部分を与えてください。芯は消化しにくいためです。
キャベツを与えることの主な利点は何ですか?
A: キャベツは消化を促進し、免疫系をサポートするビタミンCが豊富で、犬の健康維持に役立ちます。
キャベツの与えすぎによるリスクはありますか?
A: はい、キャベツを過剰に与えると、ガスがたまったり、腹部膨満感を引き起こすことがあります。適量を守ってください。
すべての犬がキャベツを安全に食べられますか?
A: 大多数の犬はキャベツを安全に食べることができますが、個体によってはアレルギー反応を示す場合があります。初めて与える際は少量から始め、犬の反応を観察してください。
キャベツを与える最適な時期はありますか?
A: 特に最適な時期はありませんが、新鮮なキャベツを選び、食事の一部としてバランスよく与えることが重要です。
キャベツを与える際、追加で注意すべきことはありますか?
A: キャベツを与える際には、他の食材とのバランスを考え、全体の食事量にも注意してください。また、初めて与える際は犬の反応を注意深く観察し、問題があれば獣医師に相談してください。

記事執筆者

misato

ご訪問ありがとうございます。犬好きのMisatoです。愛犬と共に健康で生活していけるよう役立つ情報を発信していきます。

タイトルとURLをコピーしました