ドッグフード

ドッグフードの危険成分!添加物を徹底調査

      
ドッグフードの危険な成分 ドッグフード
       

愛犬家の皆さん、愛犬の健康は私たちの最優先事項です。しかし、市場に出回っているドッグフードの中には、愛犬にとって有害な成分や添加物が含まれているものがあります。

このブログ記事では、「そのドッグフードは危険な成分があるかも!」というタイトルのもと、ドッグフードの成分、原材料、添加物について徹底的に調査し、愛犬の健康に悪影響を及ぼす可能性のあるものを明らかにします。私たちの調査は、専門家の意見や科学的な研究に基づいており、愛犬の食事選びに役立つ情報を提供することを目指しています。愛犬の健康と安全のために、この重要な情報をぜひご確認ください。

ドッグフードに含まれる危険な成分を確認しよう

ドッグフードに含まれる主な危険成分の一覧表です。各リンクは、下の説明欄に飛びます。

食品添加物BHA
食品添加物BHT
食品添加物エトキシキン
食品添加物プロピレングリコール
食品添加物イエロー 5
食品添加物レッド40
食品添加物亜硝酸ナトリウム
食材ミートミール
食材不特定の動物性脂肪
食品添加物カラギーナン
食材養殖サーモン
食品添加物セルロース
食品添加物ヘキサメタリン酸ナトリウム
食品添加物タウリン
食材エンドウ豆プロテイン
天然甘味料ブドウ糖果糖液糖
食品添加物グリセリン
食品添加物ソルビン酸K(カリウム)
食品添加物赤色106号
食品添加物リン酸塩
ドッグフードに含まれる主な危険成分一覧表

ドッグフードの危険な添加物や原材料の情報

ドッグフードの添加物

ドッグフードの安全性を考えるときは、ペットに有害な可能性のある特定の添加物や成分に注意しましょう。ここでは、ドッグフードに含まれる潜在的に危険な添加物と、それらが有害である可能性がある理由の概要を示します。

酸化防止剤:BHA および BHT

これらは、それぞれブチル化ヒドロキシアニソールおよびブチル化ヒドロキシトルエンとして知られる酸化防止剤です。どちらも発がん性が疑われており、BHAの方が危険です。これらは保存期間を延ばすために使用されますが、動物実験ではがんとの関連性が指摘されています。

酸化防止剤:エトキシキン

エトキシキンは、ペットフードに使用される酸化防止剤ですが、エトキシキンはもともとゴム産業でイソプレンの酸化によるゴムの亀裂を防ぐために開発されたものです。今でもゴム製造工程で硬化剤として使用されています。

ドッグフードの酸化を防ぐのに役立ちますが、肝臓や腎臓の問題など、犬の健康上の問題と関連しています。エトキシキンにはいくつかの懸念が存在し、なぜ危険視されるかを説明します。

  1. 毒性の懸念: 高濃度のエトキシキンは、動物実験において肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性があることが示されています。特に長期間にわたる摂取が問題とされています。
  2. アレルギー反応: 一部の犬や猫はエトキシキンに対してアレルギー反応を示すことがあり、皮膚のかゆみ、腹部の不快感、食欲不振、嘔吐などが現れることがあります。
  3. 慎重な管理: エトキシキンは食品添加物として承認されていますが、その使用には厳格な制約があり、摂取レベルが許容範囲内に収まる必要があります。一部の国や地域では、エトキシキンの使用が禁止されていることもあります。
  4. 代替品の存在: エトキシキンの代替品として、より安全な自然由来の抗酸化物質が開発されています。これらの代替品は、同様の効果を持ちながら、エトキシキンのリスクを回避することができます。

以上の理由から、オーストラリアとEU(欧州連合)は、エトキシキンのドッグフードへの使用を完全に禁止しました。

保湿剤:プロピレングリコール

ドッグフードの食感と水分を維持するために使用され、一般に少量であれば安全であると考えられています。しかし、大量に摂取すると赤血球 (赤血球)を破壊します。猫の貧血との関連性も指摘されており、犬にも潜在的なリスクがあることが示唆されています。

人工着色料および染料

これらはドッグフードの見た目をより魅力的にするために添加されますが、栄養価はありません。一部の染料は、アレルギーやガンなどの健康問題に関連していると考えられています。

例えば、イエロー 5 (タートラジン) という着色料があります。 明るい黄色で知られる合成染料です。これはコールタールに由来しており、一部の犬ではアレルギー反応を引き起こす可能性があります。多くのペットの飼い主は、イエロー 5 を発がん物質の可能性があると考えているため、避けようとしています。赤色40(レッド40)も、発がん物質です。

保存料または着色料:亜硝酸ナトリウム(Sodium nitrite)

亜硝酸ナトリウムは通常、ハムやソーセージなどの食品において保存料や食品の色と風味を調整するために使用されますが、犬や猫の食品にはあまり適していません。以下は亜硝酸ナトリウムがペットフードに含まれることに関するいくつかの懸念点です。

  1. 亜硝酸ナトリウムは高温で調理されたタンパク質と反応し、発がん性物質であるニトロソアミンを生成する可能性があります。これは、犬や猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
  2. 一部の動物は亜硝酸ナトリウムに対してアレルギー反応を示すことがあり、消化器系の問題やアレルギー症状が現れることがあります。
保存料または着色料は危険

人間が食べられるヒューマングレードの材料を使用したドッグフードもありますが、すぐに危険が及ぶわけではありませんが、次に示したよろしくない材料を使ったドッグフードもあります。

ミートミール

ミートミール(meat meal)に関しては、ドッグフードにおけるその使用にはいくつかの懸念があります。ミートミールは、肉類の副産物を高温で処理し、水分を取り除いた後に粉末状にしたものです。これには以下のようなリスクがあります。

フレンちゃん
フレンちゃん

肉の副産物とは?

ビーちゃん
ビーちゃん

AAFCOの基準では、食用とされる肉を取り、それ以外の肺や脾臓、腎臓、脳、肝臓、骨などを言います。ただし毛や角、歯やひづめは含みません。

どんな肉が使用されているのか中身が不明

ミートミールは、具体的な動物の種類が明記されていない場合が多く、使用されている肉の質や出所が不明瞭です。これにより、品質が低い、あるいは病気で死亡した不適切な肉が含まれている可能性がぬぐいきれません。

チキンミールとは?ミートミールとは?チキン生肉とは

高温処理による栄養素の減少

高温で処理されることにより、ミートミールに含まれる栄養素が減少することがあります。これは、肉の原材料が持つ栄養価が損なわれることを意味します。

包装材などが含まれているリスク

ドッグフードの原材料として使用される肉類が、スーパーマーケットや食品店からの廃棄物である場合、これらの肉類がプラスチックなどの包装材で覆われている可能性があります。このような包装材がミートミールの製造過程で適切に除去されない場合、それが最終的な製品に混入する可能性があるのです。

アレルギー反応の可能性

特定の肉に対してアレルギーを持つ犬にとっては、ミートミールの使用はリスクを伴います。原材料が特定されていないため、どの肉が含まれているか分からず、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

不特定の動物性脂肪

ドッグフードの原材料に動物性脂肪や家禽脂肪などと表記されている場合は注意が必要です。これらは、未確認の動物の脂肪に由来しているからです。

そして、これらの低品質の脂肪の問題点は、毒素です。多くの毒素というのは、脂肪に蓄えられるからです。健康的な脂肪を使用しているものを探しましょう。サーモンオイル、鶏の脂肪、牛の脂肪、子羊の脂肪、豚の脂肪、ココナッツオイルなどの指定された材料は良い選択肢となります。

カラギーナン

カラギーナンは、その安全性に関する明確な結論がまだ出ていませんが、危険な材料として認識されている場合があります。

カラギーナンは海藻から抽出された天然の増粘剤で、食品やペットフードに広く使用されています。しかし、一部の研究では、カラギーナンが動物、特にラットで腸炎を引き起こす可能性が示唆されています。

例えば、『The Journal of Nutritional Biochemistry』に掲載された研究では、カラギーナンがラットの腸炎を誘発することが観察されました。これはカラギーナンが消化器系に炎症を引き起こす可能性があることを示唆しています。

ただし、この研究結果は動物実験に基づいており、犬や他の動物、また人間に対して直接的に同じ影響があるとは限りません。食品安全に関する規制機関は、カラギーナンを一般に安全と認定している場合が多いですが、動物の健康に潜在的なリスクがある可能性も否定できません。

養殖サーモン

ドッグフードに含まれる養殖サーモンには有害な毒素が含まれている可能性があります。

養殖されたサケの平均ダイオキシンレベルは野生サケの11倍高く、0.17ppbに対して1.88ppbでした。PCB の平均は、養殖サケでは 36.6 ppb、野生サケでは 4.75 ppbと報道されています。

セルロース

ドッグフードには、セルロースが含まれているものがあります。セルロース=危険というわけではありませんが、セルロースの量が多い場合、犬の便秘や腸内の不快感など消化器系に問題を引き起こす可能性があります。

セルロースは消化されにくい繊維質であり、犬にとっての栄養価はほとんどありません。低コストの充填材として使用されるのがセルロースであるので、このために高品質の成分が削減されることになります。

ヘキサメタリン酸ナトリウム

デンタルケア用のドッグフードのダイエットによく使われるのがこの添加物です。ペットの歯石を減らすのに役立つかもしれませんが、高用量では危険ですし、単に摂取するだけでも悪影響を及ぼす可能性があります。

このヘキサメタリン酸ナトリウムは、ペットの食事レシピへの非栄養添加物として、良いことよりも害を及ぼす危険性があります。

タウリン

タウリンとは、特に心臓の健康や眼の機能に必要なアミノ酸であり、猫や犬の食事において重要な役割を果たします。タウリンは犬の体内で自然に生成されるため、犬の食事においてタウリンを追加する必要は一般的にはありません。そのためAAFCO(全米飼料検査官協会)でも基準値を定めていません。

タウリンはレッドブルに含まれているだけではなく、一部のドッグフードにも含まれています。しかし、以下のような問題が懸念されています。

過剰摂取

タウリンを過剰に摂取することは、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。特に人工的に高濃度のタウリンが添加された食品は、犬の体内でのタウリンの自然な代謝バランスを崩す恐れがあります。

不必要な添加

犬は通常、十分な量のタウリンを体内で生成できるため、食事に追加することは必要ありません。したがって、タウリンを添加することは、多くの場合、不必要であり、犬の食事の質を改善しないと考えておくべきでしょう。

犬種や健康状態による影響

一部の犬種や特定の健康状態を持つ犬では、タウリンの必要量が異なる場合があります。過剰のタウリン摂取は、これらの犬にとって問題となる可能性があります。

エンドウ豆プロテイン

下記の懸念点を踏まえ、犬の食事にエンドウ豆プロテインを含む製品を使用する際は、その割合や品質、そして犬の健康状態を慎重に考慮する必要があります。

心臓病との関連

一部の研究では、エンドウ豆やその他の豆類が含まれるドッグフードが拡張型心筋症(DCM)と関連している可能性が示唆されています。DCMは、特に中型から大型の犬種で、最終的にうっ血性心不全を引き起こす深刻な病気です。ただし、エンドウ豆が直接的な原因であるかどうかはまだ確定していません。

消化器系への影響

エンドウ豆プロテインは野菜ベースのプロテインであり、不溶性繊維を多く含んでいます。これが犬の消化器系に悪影響を及ぼす可能性があります。また、栄養価についての誤解も指摘されており、適切な量と質の動物性プロテインの代わりに過度に使用されることが問題視されています

栄養成分の誤解

ドッグフードにおけるエンドウ豆プロテインの使用は、消化により適した高品質の動物性タンパク質を摂取する機会を減少させることが指摘されています。市販のドッグフードの成分表示において、エンドウ豆プロテインはタンパク質含有量を人為的に高く見せるために使用されることがあります。

まだまだドッグフードに使用されている危険な原材料や添加物があります。

実際に市販されているドッグフードの危険な原材料や添加物の情報です

下に示した原材料は、1kgあたり1,000円以下で販売されているドッグフードの原材料です。安いドッグフードの原材料は、〇〇類とし、カッコ書きで表記されているものがほとんどです。安いだけあってとてもひどい危険な原材料がたくさん使われているというのが正直な感想です。下記の原材料の赤字の部分が危険な添加物です。

プロピレングリコールや着色料の黄色5号、亜硝酸ナトリウムの危険性については前述していますが、それ以外でも低価格のドッグフードには次の危険な添加物が使用されています。

ブドウ糖果糖液糖

ブドウ糖果糖液糖は、ブドウ糖が多いので「血糖値の急上昇」「インスリンの大量分泌」を招き、血管とすい臓を痛めつけるとされてるものです。ドッグフードには必要のないものです。

グリセリン

グリセリンの主な副作用(人に対して)として、発疹、腹痛、腹鳴、腹部膨満感、直腸不快感、肛門部違和感・熱感、残便感、血圧変動などが報告されています。ドッグフードには少量含まれていますので直ちに影響はないでしょうが、できれば避けておきたい添加物です。

赤色106号

赤色106号は、赤色系タール色素のなかでも発ガン性がこれほど世界的に認定されているものはなく、使用が継続されている国は、世界中で日本だけと言われています。

ソルビン酸K(カリウム)

ソルビン酸K(カリウム)は、世界で最も用いられている保存料で安全性がうたわれています。しかし、すぐに身体への影響がなくとも、発がん性が疑われていますし、腸内細菌の善玉菌は死滅してしまうとされていますので、できれば犬に摂取させないほうが良い添加物です。

リン酸塩

リン酸塩のとりすぎは、カルシウムの吸収を阻害しますので、骨がもろくなります。

  • 穀類(小麦粉、トウモロコシ、パン粉、小麦グルテン)
  • 糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖、粉末水あめ)
  • 豆類(脱脂大豆、大豆パウダー、おからパウダー、大豆エキス、大豆タンパク)
  • 肉類(ビーフミール、ポークミール、ビーフ、チキンエキス、チキンミール、ササミパウダー)
  • 油脂類
  • 魚介類(フィッシュミール、小魚パウダー)
  • ビール酵母
  • チーズパウダー
  • 野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)
  • プロピレングリコール
  • ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)
  • グリセリン
  • 乳化剤
  • 増粘安定剤(加工でん粉、アルギン酸エステル)
  • 保存料(ソルビン酸K、ソルビン酸)
  • ソルビトール
  • pH調整剤
  • 調味料
  • ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)
  • 着色料(二酸化チタン、赤色40号赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)
  • リン酸塩
  • 酸化防止剤(アスコルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス、ローズマリー抽出物)
  • 発色剤(亜硝酸Na)

結論として、1kgあたり1,000円、またはそれ以下の値段のドッグフードには危険な添加物がたくさん含まれ、犬の健康にはよくないと考えられますので、買って与えないほうがよいでしょう。

成分の危険性について把握しておこう

ドッグフードに含まれる危険な成分は、愛犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。ここでは、それぞれの危険な成分の危険性について詳しく見ていきましょう。

1. 発がん性物質

保存料や着色料などに含まれる一部の成分には発がん性があります。 エトキシキンなどは発がん性が確認されているため、避けるべき成分です。

2. 毒性物質

保存料や酸化防止剤に含まれる一部の成分には毒性があります。 これらの成分は摂取することで、愛犬の体内に集中される可能性があります。 特に、エトキシキンなどは毒性が高いため、注意が必要です。

3. アレルギー反応

合成着色料などに含まれる一部の成分は、アレルギー反応を考える可能性があります。愛犬がアレルギーを持っている場合は、合成着色料を危惧することが重要です。

4. 消化不良

穀物などの植物原料は、一部の愛犬にとって消化不良の原因となることがあります。消化器系のトラブルを抱えている愛犬には、植物原料を含まないドッグフードを選ぶことが重要です。

安全なドッグフードの選び方の情報です

愛犬の健康を守るためには、安全なドッグフードを選ぶことが重要です。以下に、安全なドッグフードを選ぶためのポイントをまとめました。

  1. 原材料の表示を確認する:ドッグフードの原材料の表示をしっかりと確認しましょう。安全性に疑問のある成分が含まれていないとかチェックすることが重要です。
  2. 自然食材を選ぶ:ドッグフードには最小限自然食材が含まれているものを選びましょう。人工的な添加物が少ないドッグフードを選ぶことが健康に良い影響を与えます。
  3. 獣医師のアドバイスを受ける:愛犬の健康状態に合わせて、獣医師に相談して正しいドッグフードを選ぶことも重要です。来ます。
  4. 口コミや評価を参考にする:他の愛犬飼い主の口コミや評価を参考にすることも大切です。安全性や効果についての情報を収集し、最適なドッグフードを選びましょう。

まとめ

愛犬の健康を守るためには、安全なドッグフードを選ぶことが大切です。 危険な原材料や成分を控えるために、原材料の表示をしっかりと確認し、自然食材を含めてドッグフードを選びましょうまた、獣医師のアドバイスや他の飼い主の口コミを参考にすることも大切です。愛犬の健康を考え、安全なドッグフードを大切にお選びください。

参考文献及びサイト

4 Dangerous Ingredients (According to Studies) Commonly Found in Dog Foods
Pet food manufacturing can cost a pretty penny, forcing pet food companies include some cheap (and dangerous) dog food i...
Dog Food Reviews and Ratings | Dog Food Advisor
The Dog Food Advisor's unbiased dog food reviews and ratings searchable by brand or star rating. Find the best dry, cann...
Home Alive Dog Blog
You want the best life for your dog, and so do we! The Homes Alive Pets Dog Blog has tips and tools to keep your pup hap...
10 Worst Ingredients in Your Dog Food
To make choosing Fido's dinner a little easier, we've rounded up a list of some of the most unsavory dog food ingredient...
Study: More pollutants in farmed salmon than wild
Salmon raised in sea pens have many more dioxins and other potentially cancer-causing pollutants than do salmon caught i...
くすりのしおり : 患者向け情報
製薬企業が作成した確かな情報を検索できます。一部、英語訳もされています。「くすりのしおり®」は、お医者さんで処方してもらうお薬(医療用医薬品)について、患者さんにわかりやすい表現で記載した情報です。
厨房のウラ側チェック(17) 食品添加物の手品(その6) - 日本食糧新聞電子版
着色料としての赤色は、前号で説明した2号の他に、赤色3号、40号、102号、104号、105号及び106号がある。 これらを簡潔に説明している西岡一の『すぐわかる食品添加物ガイド』の毒性・問題点から引用すると、赤色3号は

記事の投稿者

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

関連記事

低脂肪10%以下でグレインフリーの国内と海外製品のドッグフード・
犬にバナナチップスを与えてもいいですか?注意点はありますか?
チキンミールとは?ミートミールとは?どのようなお肉なの?
飼主のためのシニアドッグフード13選。国産と海外産から厳選
ドッグフード用語集
タイトルとURLをコピーしました