犬の食べ物

犬の腸内環境を整えるメリットはなに?

      
犬の食べ物
       

ペットフードアドバイザー・ゆずりん・著

犬の健康と幸福は、その腸内環境であるフローラのバランスに大きく依存しています。腸内環境、すなわち腸内細菌群は、消化、免疫系の強化、さらには精神状態にも影響を及ぼすことが知られています。この重要な生態系を正常に保つため、ペットの飼い主はどのような食べ物を選べば良いのでしょうか?
ここでは、犬の腸内環境を整えたり、善玉菌を増やし全体的な健康を促進するための食品に焦点を当てて解説しています。プロバイオティクスから食物繊維まで、あなたの愛犬の腸内環境を豊かにするための最適な選択肢を探っていきましょう。

腸内細菌とは

腸内細菌について詳細に調べてみました。
「腸内細菌とは、腸内に生息する微生物の総称です。これらの微生物は主に大腸に存在し、細菌、ウイルス、真菌など多様な種類があります。
腸内フローラとも呼ばれ、健康状態に大きな影響を与えることが知られています。腸内細菌は消化吸収に重要な役割を果たしています。
特に、人間が直接消化できない食物繊維を分解し、栄養素に変えることで、私たちの健康をサポートしています。

また、腸内細菌はビタミンKやビタミンB群の生産にも関与しているため、栄養素の供給源としても重要です。腸内細菌のバランスは、免疫システムの機能やメンタルヘルスにも影響を及ぼすとされています。良好な腸内環境は免疫力を高め、感染症やアレルギーなどのリスクを低減させることができます。
一方で、腸内細菌の不均衡は、過敏性腸症候群や炎症性腸疾患などの消化器系の問題や、うつ病や不安障害などのメンタルヘルスの問題に関連することが報告されています。腸内細菌のバランスは食生活に大きく依存しています。
食物繊維が豊富な食事は、健康的な腸内細菌の増加を促し、加工食品や高脂肪食は逆の効果をもたらすことがあります。プロバイオティクス(有益な細菌を含む食品やサプリメント)やプレバイオティクス(有益な細菌の成長を促す食物成分)の摂取が、腸内環境の改善に役立つと考えられています」

犬の腸内細菌の種類と数

犬の腸内細菌には多種多様な微生物が含まれていますが、その種類と数は犬の種類、年齢、食事、生活環境などによって大きく異なります。一般的に、健康な犬の腸内細菌群は、主に以下の種類の細菌で構成されています。

主な細菌の種類

  1. Firmicutes(ファーミキューテス門): 犬の腸内細菌群における最大のグループで、主に乳酸菌(Lactobacillusなど)、クロストリジウム、バチルスなどが含まれます。
  2. Bacteroidetes(バクテロイデーテス門): 脂肪酸の分解に関わる細菌で、犬の消化を助ける重要な役割を担っています。
  3. Proteobacteria(プロテオバクテリア門): このグループには多様な種が含まれ、いくつかは病原性を持つものもありますが、健康な状態では一般には少数派です。
  4. Actinobacteria(アクチノバクテリア門): この門には、健康に良い影響を与えるビフィドバクテリウムが含まれています。

細菌の数

犬の腸内には細菌が非常に多く存在し、その数は数十兆個にも上ります。腸内細菌の密度は、腸の各部位によって異なり、主に大腸で最も高くなります。

影響を受ける要因

  • 食事: 犬の食事は腸内細菌群に大きな影響を与えます。たとえば、高繊維食はファーミキューテス門の細菌を増加させ、高脂肪食はバクテロイデーテス門の細菌を増加させる傾向があります。
  • 年齢: 年齢と共に腸内細菌群は変化します。若い犬は腸内細菌群が不安定で、年齢と共に安定していきます。
  • 生活環境: 清潔な環境やストレスの少ない環境は、健康な腸内細菌群を維持するのに役立ちます。

腸内細菌群は犬の健康にとって非常に重要であり、消化、免疫系の強化、さらには行動にまで影響を及ぼすことが研究で示されています。犬の健康を維持するためには、バランスの取れた食事と健康的な生活環境が重要です。

犬の腸内環境を整えるメリット

犬の健康を考えたとき、腸内環境の重要性は非常に高いと言えます。腸内環境が整っていることは、犬の免疫力の維持、栄養素の吸収、そして全体的な健康状態に直接影響を与えるからです。犬の腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在し、これらのバランスが犬の健康を左右します。善玉菌が優勢であることにより、悪玉菌の増殖を抑制し、腸内フローラのバランスを保つことができます。

腸内環境を整えることのメリットは多岐にわたります。まず、免疫力の向上が挙げられます。腸内フローラは免疫システムと密接に関連しており、健康な腸内環境は犬の免疫力を高め、病気や感染症から身を守る助けとなります。また、栄養素の吸収が改善されることで、犬のエネルギーレベルや全体的な活力が増します。さらに、アレルギー反応の軽減、消化不良の予防、そして精神的な健康にも良い影響を与えることが知られています。

犬の腸内環境を改善するためには、適切な食事が重要です。プロバイオティクスを含む食品やサプリメントの摂取は、善玉菌の増加を促し、腸内環境を整えるのに役立ちます。また、プレバイオティクスを含む食品は、善玉菌のエサとなり、その活動を支援します。これらの成分は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の増殖を促進し、腸内環境の健康をサポートします。

犬の腸内環境を整えるために推奨される食品には、ヨーグルト、納豆、オリゴ糖や食物繊維を含む野菜や果物などがあります。これらの食品は、犬の腸内環境を改善し、健康を維持するのに役立つとされています。ただし、犬に与える際には、適切な量を守ることが重要です。過剰な摂取は栄養バランスを崩す可能性があるため、総合栄養食としてのフードに補助的に与えることが推奨されています。

犬の腸内環境を整えることは、単に消化器系の健康に良いだけでなく、犬の全体的な健康と幸福に寄与します。愛犬の健康を長期的に守るためにも、腸内環境のケアに注目し、適切な食事管理を心がけることが大切です。犬の腸内環境に関するさらなる情報や、具体的な食品の選び方については、専門家の意見を参考にすると良いでしょう。

犬の腸内環境の健康は寿命に関係していますか?

犬の腸内環境の健康が寿命に影響を与える考えられています。腸内環境は腸内細菌のバランスによって成り立っており、これが免疫系の機能や栄養素の吸収、さらにはメンタルヘルスにまで影響を及ぼすことが分かっています。腸内フローラは、消化器官の健康だけでなく、全体的な健康状態とも密接に関連しています。

犬の腸内フローラのバランスが崩れると、アレルギーや肥満、炎症性疾患などのリスクが高まります。これらの健康問題は寿命に直接的な影響を与えている考えられるため、腸内環境の健康が寿命に関連していると言えます。

良好な腸内環境を維持するためには、犬に適切な食事を提供することが重要です。食物繊維が豊富な食事やプロバイオティクスを含む補助食品が、健康な腸内フローラをサポートすることが示されています。また、定期的な運動も腸の健康に良い影響を与えるとされています。

しかしながら、腸内環境と寿命の関係については、まだ完全には解明されていない部分も多く、犬の種類や個体差、生活環境など多くの要因が影響するため、一概には言えない面もあります。

犬の腸内環境を整える食品

プロバイオティクスは、健康的な腸内環境を整えたり善玉菌を増やすのに役立つ生きた微生物です。これらは特に、腸内の良好なバクテリアを増やし、消化を助け、免疫システムを強化するのに有効です。

ヨーグルトが腸内環境を整え善玉菌を増やす

犬とヨーグルト

ヨーグルトは、プレーンヨーグルトなど無糖のものが犬の腸内環境の健康をサポートするために推奨されます。ヨーグルトに含まれる生きた乳酸菌は、犬の消化システムで有益な働きをし、腸内環境を整えることに役立ちます。

ヨーグルトが腸内環境に良い理由

  1. プロバイオティクスの供給源: ヨーグルトに含まれる生きた乳酸菌(プロバイオティクス)は、腸内の善玉菌を増やし、有害な細菌の成長を抑制します。これにより、腸内環境のバランスが改善されます。
  2. 消化のサポート: プロバイオティクスは消化を助け、特に乳糖の分解を促進します。これは、犬が乳糖を消化するのに苦労することがあるため、特に有益です。
  3. 免疫システムの強化: 健康な腸内環境は、犬の免疫システムの強化にも貢献します。プロバイオティクスは、病原体に対する防御をサポートし、全体的な健康を促進します。

犬とヨーグルトについてはこちらの記事もどうぞ

腸内環境を整えるケフィア

器に入れたケフィア

世界的な長寿地域であるロシアのコーカサス地方の伝統食であるのがケフィアです。
このケフィアもまた、多くの有益な菌を含む発酵乳製品で、ヨーグルトよりも腸内環境を整える多様なプロバイオティクスを提供します。

ケフィアは、乳酸菌や酵母を含む特殊な「ケフィアグレイン(ケフィア粒)」と呼ばれる菌を使って発酵させた乳製品です。この発酵プロセスによって、非常に栄養価の高い飲み物が生み出されます。ケフィアは、プロバイオティクスの豊富な源として知られておりまして、消化の改善、免疫システムの強化、さらには全体的な健康の向上に貢献すると言われています。また、ケフィアにはカンジダ菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌などの有害な菌に対する抗菌活性があるとされています。

ケフィアの特徴的な点は、その多様性にあります。ヨーグルトと比較して、ケフィアにはより多くの種類の乳酸菌と酵母が含まれています。これにより、ケフィアは腸内腸内環境に対してより広範囲にわたるプラスの効果を提供することができます。また、ケフィアは一般的に乳糖が少なく、乳糖不耐症の人でも消化しやすいとされています。

ケフィアは自宅で作ることもでき、市販のものもありますが、購入する際には添加物や砂糖が含まれていないか確認することが大切です。自宅でケフィアを作る場合、ケフィアグレイン(ケフィア粒)を牛乳やヤギ乳に加え、室温で24時間程度発酵させることで、栄養豊富な飲み物を得ることができます。発酵が完了すると、ケフィアグレインは再利用することができ、継続してケフィアを作り続けることが可能です。

腸内環境を整えるプレバイオティクスを含む食品

プレバイオティクスは、腸内の善玉菌の餌となる食物繊維です。これらは善玉菌の成長を促し、腸内環境を改善します。

りんご

りんごに含まれるペクチンは、プレバイオティクスの一種で、腸内の善玉菌の成長を促進します。りんごは皮をむいて与えてください。

りんごに含まれるペクチンは腸内細菌にとって良いのですか?

はい、りんごに含まれるペクチンは腸内細菌にとって良い影響を与えます。
ペクチンは水溶性の食物繊維で、特に腸内の善玉菌の餌となります。この特性により、ペクチンはプレバイオティクスとしての役割を果たし、健康な腸内フローラのサポートに貢献します。

ペクチンの効果
  • 腸内細菌のバランスの改善: ペクチンは、腸内の有益な細菌、特に乳酸菌やビフィドバクテリアなどの成長を促進します。これらの細菌は腸内環境を改善し、有害な細菌の増殖を抑制することで、全体的な健康に寄与します。
  • 消化の促進: ペクチンはゲル状の物質を形成し、消化を助け、便通を促進します。これにより、便秘の解消や腸内の清掃が促されます。
  • 免疫機能の強化: 健康な腸内フローラは、腸壁の健康を維持し、有害物質の血中への流入を防ぎます。これは、免疫系の機能を強化し、体を病気から守るのに役立ちます。

りんごの詳細についての記事はこちら

他に善玉菌を増やすのに役立つ果物がいくつかあります。これらの果物は、犬の腸内腸内環境を整え、全体的な健康を促進するのに役立ちます。以下は、犬にとって安全で、善玉菌をサポートする果物の例です。

  1. バナナバナナはプレバイオティックスとして機能する食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。また、バナナはカリウムも豊富で、犬の心臓の健康にも良いです。
  2. ブルーベリー – 抗酸化物質が豊富で、免疫系のサポートにも役立つブルーベリーは、犬の健康に良い果物の一つです。腸内環境を改善し、善玉菌の成長を促進する効果も期待できます。
  3. パパイヤ – パパイヤは消化酵素パパインを含むため、消化を助けるとともに、腸内環境の改善にも寄与します。種は与えないようにしてください。

かぼちゃ

かぼちゃ

かぼちゃは繊維が豊富で、腸内の水分バランスを整えるのに役立ちます。また、軟便を改善する効果もあります。
かぼちゃは犬にとって非常に良い食品であり、多くの健康効果を提供します。かぼちゃの栄養価は高く、特に繊維質、ビタミンA、ビタミンC、カリウム、およびベータカロテンが豊富です。これらの成分は、犬の健康を多方面でサポートします。

かぼちゃの健康効果

  1. 消化器系の健康: かぼちゃに含まれる繊維質は、腸内の水分バランスを整え、便通を正常化します。これは、便秘や軟便の犬にとって特に有益です。繊維質は便を形成しやすくするだけでなく、腸内での水分吸収を助け、消化過程をスムーズにします。
  2. 栄養補給: ビタミンAとベータカロテンは、視力の維持と免疫システムのサポートに役立ちます。ビタミンCは抗酸化作用があり、犬の健康維持に貢献します。また、かぼちゃのカリウムは、筋肉の機能と全体的な体液バランスをサポートします。
  3. 低カロリーで健康的な体重管理: かぼちゃは低カロリーでありながら栄養が豊富なため、体重管理が必要な犬に適しています。かぼちゃを食事に加えることで、満腹感を得られ、過食を防ぐことができます。

かぼちゃの詳細な記事はこちら

さつまいも

さつまいもは犬の腸内細菌を増やすのに有効な食べ物です。さつまいもは食物繊維が豊富で、特に溶解性の食物繊維が腸内細菌の食料となり、健康な腸内腸内環境を整えます。また、さつまいもに含まれるビタミンやミネラルも犬の健康に良い影響を与えます。

腸内環境を整える納豆などの発酵食品

テーブルの上の納豆を見つめいてる犬

発酵食品には、プロバイオティクスが豊富に含まれており、腸内環境を整えるのに役立ちます。

納豆

納豆は、大豆をバシラス・サブチリス菌(納豆菌)で発酵させた日本の伝統的な食品です。納豆菌には健康に対する多くの利点があり、特に腸内環境の改善に効果的です。納豆は少ない量から始めて、犬がこれを受け入れるかどうかを確認してください。納豆は、有益なバクテリアの優れた源です。
納豆についての詳細な記事はこちら

納豆菌による効果

  1. 腸内フローラの改善
    • 納豆菌はプロバイオティクスの一種であり、腸内の善玉菌を増やすことによって腸内環境を整え改善します。これは消化を助けるだけでなく、便秘や下痢といった消化器系の問題を緩和するのにも役立ちます。
  2. 免疫力の向上
    • 健康な腸内環境は、免疫システムの強化にも寄与します。納豆菌は腸内で有益な細菌の成長を促し、病原体に対する体の防御力を高めるのに役立ちます。
  3. 栄養素の吸収の促進
    • 納豆菌は、大豆に含まれる栄養素の消化吸収を助けます。特に、大豆たんぱく質の分解に有効で、その他のビタミンやミネラルの吸収を促進する可能性があります。
  4. ナットウキナーゼの生成
    • 納豆菌はナットウキナーゼという酵素を生成します。ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があり、血栓の予防に役立つと考えられています。

飼主がネバネバ納豆を与えるのが大変なら、粉末納豆もあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

腸内環境を整えるオメガ3脂肪酸を含む食品

床に転がっている生鮭を不思議そうに見つめている犬

オメガ3脂肪酸は、腸の健康だけでなく、全体的な健康にも良い影響を与えます。

少量の焼き鮭や茹で鮭を提供することで、犬の腸内フローラに良い影響を与えることができます。ただし、生の鮭は与えないでください。

鮭のオメガ3脂肪酸は本当に腸内環境を整えるのですか?

はい、オメガ3脂肪酸は腸の健康に実際に効果があります。オメガ3脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸の一種であり、体内で生成することができないため、食事から摂取する必要があります。特にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)という2つのオメガ3脂肪酸が、健康に対して多くの利益をもたらします。

オメガ3脂肪酸の腸の健康への効果
  1. 炎症の軽減
    • オメガ3脂肪酸は、腸内炎症を軽減する効果があることが研究で示されています。炎症は多くの消化器系の疾患、特に炎症性腸疾患(IBD)の原因となるため、オメガ3脂肪酸の摂取はこれらの状態の管理に役立ちます。
  2. 腸内フローラのバランスの改善
    • 一部の研究によると、オメガ3脂肪酸は腸内細菌の組成に影響を与え、健康な腸内フローラのバランスを促進する可能性があるとされています。これにより、消化の改善や免疫系の機能向上が期待できます。
  3. 腸の健康の促進
    • オメガ3脂肪酸は腸の壁を強化し、有害な物質の血流への流入を防ぐバリア機能をサポートします。これにより、全体的な腸の健康が促進されます。

オメガ3脂肪酸を含む食品

オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品には、以下のようなものがあります:

  • 魚介類: サーモン、マグロ、イワシ、アンチョビなどの脂の多い魚
  • 植物性オイル: 亜麻仁油、チアシード油、カナリアシード油
  • ナッツ類と種子: チアシード、亜麻仁、ヘンプシード

結論

オメガ3脂肪酸は、腸の健康に多くの好影響を与え、炎症の軽減、腸内フローラのバランスの改善、腸のバリア機能の強化など、消化器系の健康をサポートします。これらの脂肪酸を適切な量で摂取することは、健康な腸を維持し、全体的な健康に寄与する重要な方法の一つです。

腸内環境を整える高繊維食品

繊維は、健康な腸の運動を助け、便通を促進します。

緑豆

緑豆

緑豆は繊維が豊富で、腸内のバクテリアのバランスを良好に保つのに役立ちます。よく茹でてから与えてください。
緑豆(もやしの原材料としても知られています)は、犬にとって比較的安全な食品の一つですが、いくつか注意すべき点があります。緑豆は栄養価が高く、特に繊維質、ビタミン、ミネラルが豊富です。これらの成分は、犬の腸内環境を整えるのに良い影響を与え、消化を助けることができます。

緑豆の健康効果

  • 腸内環境のバランス: 緑豆に含まれる繊維は、腸内の善玉菌の餌となり、腸内環境をサポートします。
  • 便通の改善: 緑豆の繊維は便通を促し、便秘の犬にとって有益です。
  • 栄養補給: ビタミンやミネラルを含む緑豆は、犬の健康維持に役立つ栄養素を提供します。

緑豆の提供方法

  • よく茹でる: 緑豆を犬に与える前には、必ずよく茹でてください。生の緑豆は消化しにくい上、レクチンなどの消化を妨げる成分を含んでいます。十分に加熱することで、これらの成分が無害化され、犬が消化しやすくなります。
  • 無塩で提供: 犬に緑豆を提供する際は、塩分を加えないでください。犬の食事に余分な塩分は必要ありませんし、過剰な塩分は健康上の問題を引き起こす可能性があります。
  • 適量を守る: 緑豆は犬の主食とするには適していません。あくまでも健康的な補助食として、適量を守って与えてください。緑豆を多量に摂取すると、犬にお腹の不調を引き起こす可能性があります。

これらの食品を犬の食事に組み込むことで、腸内環境を整え、全体の健康を向上させることができます。ただし、新しい食品を導入する際には、常に少量から始めて、犬の反応を見守ることが重要です。何らかのアレルギー反応や消化不良の兆候が見られた場合は、直ちにその食品の提供を中止してください。

よくある質問

Q: 犬の腸内環境を整えるためには、どのような食事が質の高い食事と言えるのでしょうか?

A: 犬のための高品質の食事は、バランスの取れた栄養素、高品質のタンパク質です。肉が主成分であり、穀物、合成着色料、保存料が含まれていないドッグフードを探してください。

Q: プロバイオティクスとプレバイオティクスは犬の腸の健康を改善するのにどのように役立ちますか?

A: プロバイオティクスは犬の腸内細菌叢のバランスを整え、消化と栄養素の吸収を助ける有益な細菌です。プレバイオティクスは、有益な細菌の餌として機能し、腸内での増殖と活動を促進する非消化性繊維です。プロバイオティクスとプレバイオティクスは両方とも、犬のより健康的な腸内環境に貢献します。

Q: 犬に推奨されるプロバイオティクスとプレバイオティクスの特定の供給源はありますか?

A: はい、プロバイオティクスとプレバイオティクスは、専用のドッグフードやサプリメントの形で見つけることができます。犬のために特別に配合され、犬の腸の健康に有益な細菌株や繊維を含む製品を探してください。

Q: ストレスや不安は犬の腸内環境にどのような影響を与えるのでしょうか?これらの要因を最小限に抑えるにはどうすればよいでしょうか?

A: ストレスや不安は腸内の細菌のバランスを崩し、犬の消化器系の問題を引き起こす可能性があります。これらの要因を最小限に抑えるために、犬に安定した快適な環境を提供し、定期的な運動と精神的刺激を取り入れ、犬が特定の状況で不安を感じた場合には行動訓練や鎮静補助を検討してください。

Q: 自然療法や手作り食で犬の腸内環境を改善することはできますか?

A: 自然療法や家庭料理は犬の全体的な健康に貢献しますが、栄養ニーズを満たすバランスの取れた食事を確実に提供することが重要です。犬の食事を大幅に変更したり、自然療法を取り入れたりする前に、それらが安全で犬の腸内環境に有益であることを確認するために獣医師に相談してください。

犬の腸内環境を知らべる方法

免疫力の7割は腸でつくられると言われています。腸の中には、細菌がバランスよく存在していますが、このバランスが崩れてきますと便秘や下痢、免疫力の低下に影響します。
そこで、愛犬が現在どのような細菌バランスでいるのか、また腸にも年齢があり、どのような年齢になっているのかを知りたいと思いませんか。それができるのが、「腸内フローラ測定キット」です。いくつかのキットが販売されていますので、ご紹介します。

アニコムの腸内フローラ測定キット

アニコム損保のペット保険ご契約者以外でも利用できるキットです。アニコム損保のペット保険契約者には、一部の商品を除き、「どうぶつ健活(保険の付帯サービス)」と称する無料の腸内フローラ測定の案内があります。

測定対象どうぶつ

犬、猫、鳥、うさぎ、フェレット、モモンガ、リス、ハムスター、ネズミ、モルモット、
ハリネズミ、カメ、トカゲ、ヘビ、チンチラ

測定でわかること

  • 腸内の年齢
  • 腸内フローラの多様性の数値化
  • 乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌の保有率
  • 腎臓の健康度
  • アレルギー体質の判定
  • あると嬉しい菌:腸内にあると嬉しい菌が存在するかチェックできます

料金

販売価格(税込):8,800円

腸内フローラ検査キット:犬腸博士(わんちょうはかせ)

キャンピングカー株式会社が行っている腸内フローラ検査です。

測定対象どうぶつ

犬専用

測定でわかること

  • 腸内年齢
  • 腸内環境の数値化
  • 腸内細菌が影響するリスク(肥満リスク・アトピーリスク・ストレスリスク)をチャート化

料金

販売価格(税込):14,800円

腸内フローラ検査キットWankinso

株式会社VEQTAが扱う腸内細菌叢検査です。

測定対象どうぶつ

犬専用

測定でわかること

  • 腸内細菌叢の多様度
  • 太りやすさの度合い
  • ビフィズス菌の割合
  • 乳酸産生菌の割合
  • 健康に関連する細菌割合
  • 疾患に関連する細菌割合
第1回】おしえてベクタさん! 「腸内細菌検査の重要性についてのビデオ(全5回シリーズ)

料金

26,400円

タイトルとURLをコピーしました