犬の病気

愛犬がマムシにかまれたらどんな行動をとればいいの?

      
マムシに噛まれたときの対処法 犬の病気
       

まさか愛犬がマムシにかまれるなんて思ってもみないことでしょう。でも、犬と散歩や人によってはアウトドア活動は行っていると思いますので、マムシに噛まれるリスクとは隣り合わせでいます。そこで、この記事では、犬がマムシにかまれた場合の緊急対処法から獣医への相談まで、詳しく解説します。

1. マムシとは?

田舎に住んでいる人は、どんな蛇がマムシなのか理解していると思います。しかし都会から田舎に引っ越したばかりの人。あるいはたまに犬を連れて山や川にキャンプに行かれる方などはあまりご存知ないかと思います。そこで、まずは「マムシとは?」についてご紹介します。

百聞は一見に如かずで、下の写真をご覧ください。これがマムシです。マムシとは、全長50~60㎝ほどです。特に特徴として、頭が三角形、体には斑紋(はんもん)があります。

マムシの紹介
フレンちゃん
フレンちゃん

マムシは昼間でも活動しますか?

ビーちゃん
ビーちゃん

マムシは夜行性なのでほとんど昼間は活動しません。でも、昼間だからといって草むらに入ればかまれますので注意が必要です。

フレンちゃん
フレンちゃん

年間どのくらいの人がかまれてるの?

ビーちゃん
ビーちゃん

マムシにかまれることをマムシ咬傷(コウショウ)といいますが、マムシ咬傷患者は日本で年間約 3000 人、そのうち 10 人前後が死亡すると言われています。ですから 300 人がマムシに咬まれて 1 人死亡する計算になり、死亡率は 0.3%くらいです。引用:「ラジオNIKKEI マルホ皮膚科セミナー」

マムシは、日本を含むアジア地域に生息する毒蛇です。その毒は主に出血毒と言われています。人はかまれると重篤な症状を引き起こします。とにかくこのマムシは人には大変危険です。犬にとって平気な場合もありますが、一概に大丈夫と言えません。毒の量やかまれた犬の年齢、場所にもよるからです。

マムシの毒はハブの2倍もあります。危険性については、朝日新聞の人に対してのマムシ咬傷の記事を引用します。

マムシの毒は「出血毒」に分類され、血管の細胞を壊して出血を起こす。毒の量にもよるが、かまれた部分に強い痛みが生じ、徐々に腫れてきて、1日でパンパンに腫れ上がるという。進行すると血小板の減少により、全身の出血(皮下出血や消化管出血など)を起こし、悪化すると急性腎不全で死に至ることもある。ただし、早い段階で血清治療をすれば、重症化のリスクをかなり抑えることができるという。

朝日新聞デジタル・初夏から秋のアウトドア 毒ヘビの「マムシ」に要注意!

犬がマムシに嚙まれそうな場所

マムシとにらみあっている柴犬

草むらや、カエルなどのエサがいる水辺、河川敷、田んぼのあぜ道、石垣のすき間など。このような場所にマムシはいます。

マムシ咬傷は、踏んでしまうとか、草むらに頭を突っ込んで臭いをかいだ時に「ガブリ」とやられます。犬がマムシを踏んで、そのマムシが飼い主の足を噛んだという事例もあります。

フレンちゃん
フレンちゃん

犬がマムシにかまれる時期は決まっているの?

ビーちゃん
ビーちゃん

マムシ咬傷の約 90% は 4 月から 10 月の間に発生します。咬傷場所は、犬の顔や前足に頻繁に発生しているよ。この期間は草むらに入るのはお互いに注意しようね。

2. マムシに犬がかまれた(マムシ咬傷)場合の症状

マムシにかまれ顔が腫れた柴犬のイメージ画像
マムシにかまれ顔が腫れている柴犬のイメージ画像です

ヘビに毒がなかった場合の最も一般的な兆候は、咬傷部位の腫れ、打撲傷、痛みなどです。ヘビに毒がなかった場合、この程度になります。

マムシなどのヘビが毒を持っていた場合。症状が進行して、広範囲の腫れが急速に広がり、咬傷部位から血の混じった分泌物が出ることがあります。また、かまれた周囲が壊死することもあります。さらにマムシにかまれたのが口の回りや首あたり。こういった場合であまりにも首が腫れあがりますと喉を圧迫し、呼吸困難に陥ります。

概ね毒素は多くの場合、次のようなショック状態を引き起こします。

  • 歯ぐきが青白くなる
  • ぐったりする
  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • よだれをたらす

さらに治療が遅くなると、腎不全や臓器に水がたまります。最悪は死亡です。

これらの症状が現れた場合は、緊急対処が必要ですが、対処法は基本的にありません。そのためできる限り早く動物病院に連れて行ってください。

3. 犬がマムシにかまれたときの対処法はあるの?

先ほども述べましたが、基本的に犬がマムシにかまれたときに行う対処法はありません。とにかく動物病院に早く連れていくことが最善の方法です。

しかしながら、対処法ではありませんが、やることはあります。それは、可能であればヘビの写真を撮影してください。

マムシにかまれたと確実にわかっていればいいですが、そうでなければ、正確な治療法はヘビの種類によって異なるからです。マムシよりも強力な毒を持っているヤマカガシという蛇もいます。ヘビの種類が分かれば、より適切な薬を選択できます。

ヤマカガシ
ヤマカガシ

また、かまれた場所から車に乗せるまで距離がある。このようなこともあるかと思います。その場合は、マムシに限らず、蛇にかまれたら自力で歩かせずに運びます。この対処は、体に毒が回るのを遅くするためです。

そして、次に動物病院に連絡してください。会話内容としては、抗毒薬があるかどうか、またはすぐに入手できるかどうかを確認してください。

犬がマムシにかまれて動物病院に向かう途中で行うこと

マムシにかまれたのですから、動物病院に向かっているときは犬のことが心配で心穏やかではないと思います。それでも少しでも毒が体に回らないようにできることがありますのでご紹介します。

動物病院に行くときは、可能であれば犬の咬傷部分を心臓よりも下に保つようにしてください。そうすることで毒素の拡散が遅くなります。あなた自身とペットを落ち着かせてください。

PETMD

質問者:フレンちゃん

フレンちゃん

もう一度確認するけど、犬がマムシにかまれたときの対処法として飼い主ができる応急処置はないの?

回答者:ビーちゃん
ビーちゃん

動物病院に向かう前に応急処置を施しても改善しないことが研究で示されているんだよ。例えば、動脈止血帯、氷の適用、傷の切開など。これらの応急処置は効果がなく、逆に有害の場合もあるんだって。世界保健機関 (2010) による「ヘビ咬傷管理ガイドライン」には、「切開、口腔吸引、切除は行わないでください。止血帯をしたり、氷や熱を加えたりしてはなりません」と示されています。

マムシ咬傷の獣医師が行う治療

獣医師は身体検査を実施して、刺し傷、腫れ、呼吸困難がないか調べます。注入された毒液を無毒化するために薬品で傷口の洗浄を行います。

さらに血液検査、尿検査等も行います。また体内に毒が回るのを防ぐために、抗生物質や止血剤を投与します。ぐったりしているのなら静脈点滴やステロイド剤の投与を行います。さらに赤血球数が多く減少した場合には、輸血を行います。

参考サイト動物病院TAC

マムシ咬傷の入院期間と死亡率

治療期間は、毒のレベルや咬傷部位の位置、咬傷から治療開始までの時間によって異なっています。一般的には、継続的な対症療法と投薬のために 2 ~ 4 日間入院します。

フレンちゃん
フレンちゃん

やはり、治療開始は早いほどいいんだね。マムシにかまれないよう気をつけなくちゃ。でも、生存率はどのくらいなの?

ビーちゃん
ビーちゃん

マムシにかまれても死亡することはまれです。マムシ咬傷中毒にかかったの死亡率は0.1%と言われています。ただし長期的な副作用が出る場合もあるので、数週間は外来で診察する必要があるよ。

フレンちゃん
フレンちゃん

そんなに外来診療が必要なのね。でも生きていれば大好きなバナナも食べれるからよしとしなくちゃね・・・。

犬とバナナについての記事はこちらへ

※注意:この「犬がマムシにかまれた!その対処法とは?」の記事は一般的なガイドラインを提供するものであり、獣医の診断や治療に代わるものではありません。緊急の場合は必ず獣医に相談してください。

タイトルとURLをコピーしました