犬の食べ物

さつまいもを使った犬の手作り食。ヘルシーなレシピをご紹介

      
犬の食べ物
       

愛犬の健康を第一に考える飼い主さまへ。今回は、栄養豊富で愛犬も喜ぶ「さつまいもを使った手作り犬用食」のレシピをご紹介します。さつまいもは、その自然な甘さとビタミン、繊維質を豊富に含むことから、犬の健康維持に最適な食材の一つです。手作り食によって、愛犬の健康をサポートするとともに、日々の食事に新鮮さと変化を与えることができます。このレシピは、愛犬の体重管理や消化促進にも役立つように考えられています。ヘルシーで安全な手作り食で、愛犬の健康と幸せを支えましょう。

犬のさつまいもと鶏肉を使った手作りレシピ・ヘルシーミックス

犬用の手作り食で、さつまいも、鶏肉、ニンジン、ブロッコリー、ブルーベリーを使った栄養バランスの良い料理を考えてみました。この食材を組み合わせて、タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、食物繊維の6大栄養素を摂取でき、犬にとって美味しくて健康的な食事を提供することができます。

ここでは、一つのレシピを紹介します。

さつまいもなど各食品100gあたりのカロリー

各食品100gあたりのカロリーです。

  • さつまいも130kcal
  • 鶏胸肉113kcal
  • にんじん28kcal
  • ブロッコリー30kcal
  • ブルーベリー48kcal

材料

さつまいも鶏の胸肉にんじんブロッコリーブルーベリー
さつまいも、鶏の胸肉、にんじん、ブロッコリー、ブルーベリー

下記の各材料の分量にすることで、約200kcalの手作り食が出来上がります。

  • さつまいも 40g(さつまいも1本あたり小さいサイズは約100g、中サイズは約200~250g)
  • 鶏胸肉(皮なし) 100g
  • ニンジン(皮なし)50g(ニンジン1本あたり150g)
  • ブロッコリー 50g
  • ブルーベリー 10g(5粒)
  • オリーブオイル 小さじ1

300kcalにする組み合わせ

同じ材料を使って300kcalにする組み合わせは次のとおりです。

  • さつまいも 75g(さつまいも1本あたり小さいサイズは約100g、中サイズは約200~250g)
  • 鶏胸肉(皮なし) 150g
  • ニンジン(皮なし)50g(ニンジン1本あたり150g)
  • ブロッコリー 50g
  • ブルーベリー 10g(5粒)
  • オリーブオイル 小さじ1

これらの合計でちょうど300kcalの料理になります。

作り方

  1. さつまいもの準備: さつまいもをよく洗い、皮をむいて小さなサイコロ状に切ります。柔らかくなるまで茹でた後、水気を切ります。
  2. 鶏肉の準備: 鶏胸肉は余分な皮の脂肪を取り除き、小さな一口大に切ります。オリーブオイルを少量熱したフライパンで、中火で鶏肉の中までが白くなるまで両面を焼きます。
  3. 野菜の準備: ニンジンは小さなサイコロ状に切り、ブロッコリーは小房に分けます。これらの野菜を軽く茹でて、犬が食べやすいようにします。茹で過ぎないように注意してください。
  4. ブルーベリー: 新鮮なブルーベリーはそのまま使用します。冷凍の場合は、自然解凍してから使用してください。
  5. 混ぜ合わせ: すべての材料が冷めたら、大きなボウルに移してよく混ぜ合わせます。オリーブオイルまたは、オメガ3系の亜麻仁油を少量かけて、さらに混ぜます。
  6. 完成! この手作り食は、犬にとってバランスの取れた栄養素を提供します。鶏肉からは良質のタンパク質、さつまいもとニンジンからは繊維質とビタミン、ブロッコリーからはビタミンやスルフォラファン、ブルーベリーからは抗酸化物質のアントシアニンが摂取できます。

注意点

  • 初めて犬に手作り食を与える場合は、食材にアレルギーがないか注意深く観察してください。
  • 材料の量は、犬のサイズやエネルギー需要に応じて調整してください。
  • 常に新鮮な材料を使用し、食事の前には十分に加熱してください。

犬の必要カロリーについて

犬のカロリーはライフステージとサイズ、活動量によって1日の必要カロリーは違います。
例えば、体重2kgの犬でも、生後4ヶ月から1年までの幼犬と成犬の必要カロリーは次のとおりです。

生後4ヶ月から1年までの幼犬:235kcal
成犬(避妊去勢した成犬):188kcal
成犬(避妊去勢していない成犬):211kcal

上記で紹介したレシピのカロリーは200kcalですので、体重2kgのチワワ用です。
その他の必要カロリーの計算は下記のツールで計算できます。

このレシピは、犬に必要な栄養をバランス良く摂取できるように設計されていますが、犬の健康状態や特定の栄養ニーズによっては、獣医師と相談の上で調整することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました