「ペットフード安全法」について徹底解説

      
       

「ペットフード安全法」は、私たちの愛するペットが日々口にする食事の安全性を守るための重要な法律です。しかし、この法律の内容や、実際に私たちのペットや日常生活にどのような影響を与えるのかについて、十分に理解している飼い主は意外と少ないかもしれません。

この記事では、「ペットフード安全法」の基本から、最近の改正内容、そしてこれが具体的にあなたとあなたのペットの生活にどのように影響するかをわかりやすく解説します。ペットの健康を守るために、今、私たちに何ができるのか。この法律が私たちのペットの生活をどのようにより良いものにしてくれるのか、一緒に見ていきましょう。

ペットフード安全法とは?

「ペットフード安全法」とは、ペットフードの製造、輸入、販売、およびその他の流通過程において、安全性と品質を確保するための規制を定めた法律です。この法律は、ペットの健康を守り、飼い主が信頼できるペットフードを選択できるようにすることを目的としています。具体的には、ペットフードに含まれる原材料の安全基準、製品表示のルール、不適切な製品に対するリコール(回収)手続きなどを規定しており、ペットフード業界における品質管理の向上と透明性の確保を図っています。また、違反者には罰則が設けられていることもあり、業者はこれらの基準を遵守することが求められます。

ペットフード安全法についてのQ&A

Q
ペットフード安全法の正式名称は何ですか?
A

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律です。

Q
ペットフード安全法は、いつごろ始まったの?
A

平成21年6月1日からです。

Q
ペットフードとはドッグフードのことですか?
A

ペットフードとは犬とネコのフードのことを指します。

Q
ペットフード安全法はどのような目的がありますか?
A

主な目的は、ペットの健康を守り、消費者が安心してペットフードを選択できるようにすることです。

Q
リコールされたペットフードの情報はどこで確認できますか?
A

政府や関連機関の公式ウェブサイト(農林水産省安全技術センターFAMIC)、または製品の製造者・販売者のウェブサイトでリコール情報を確認できます。

Q
ペットフード安全法はどのようにしてペットの健康を保護するのですか?
A

安全で品質の高いペットフードのみが市場に出回るようにすることで、ペットが健康に悪影響を及ぼす可能性のある不適切なフードの摂取を防ぐことができます。

Q
ペットフード安全法はどのような効果をもたらすのですか?
A

「ペットフード安全法」は、ペットフードの安全性と品質を確保するために設けられた法律です。この法律によりもたらされる効果は多岐にわたりますが、主なものを以下に挙げます。

  1. 品質管理の強化: ペットフードの製造から流通に至るまでの全過程で、厳格な品質管理基準が設けられます。これにより、不純物が混入したり、栄養価が不足したりすることなく、安全で高品質なペットフードが供給されるようになります。
  2. 透明性の向上: ペットフードに含まれる成分の表示が義務付けられ、使用されている原材料や添加物、栄養成分などが明確にされます。これにより、飼い主はペットの健康状態や好みに応じて、適切なフードを選択しやすくなります。
  3. リコール体制の整備: 万が一、安全性に問題が発覚した場合の迅速なリコール(製品回収)や情報公開の体制が整います。これにより、問題のあるペットフードが広く流通するリスクが軽減され、ペットの健康被害を最小限に抑えることができます。
  4. 健康への配慮: 特定の健康問題を持つペットや、年齢・サイズ・活動レベルに応じた特別な栄養ニーズを持つペット向けのフードが、適切な基準に基づいて開発・提供されます。
  5. 法的責任の明確化: ペットフードの製造者や販売者は、製品の安全性に対して法的責任を負うことになります。これにより、業者は品質管理により一層の注意を払うようになり、消費者保護が強化されます。

これらの効果を通じて、「ペットフード安全法」はペットの健康と福祉の向上に寄与し、飼い主が安心してペットフードを選択できる環境を整えることを目指しています。

ペットフード安全法の表示義務

ペットフードの流通において何よりも大切なことは、問題が起きた時にその廃棄・回収を事業者に対して国が命令をすることができることです。その問題に対して速やかに対処するためペットフード安全法は、次の5項目の表示を義務付けています。

  1. ペットフードの名称
  2. 賞味期限
  3. 原材料名
  4. 原産国名
  5. 事業者名及び住所

これら5項目の表示がないペットフードは、違法な商品です。

ペットフード(ドッグフード)・ラベルの表示例

以下は実際に販売されている商品の表示義務の事例です。なお事例の「ペットフードの名称」については袋の表面に記載されています。そのため、この事例には記載がありません。

またビタミン類やミネラル類については実際に販売されている商品には原材料がすべて表示されています。また住所や輸入業者などについても以下の表示例では省略しています。

ペットフード安全法による記載事例:ペットフードの名称、賞味期限、原材料名、原産国名、事業者名及び住所の5項目

参考文献 農林水産省ペットフード安全法表示に関するQ&A

ペットフード安全法で義務付けられている原材料名

原材料名の見方

ペットフードを選ぶ際には、原材料名や成分表示を正しく理解することが重要です。成分表示は原材料の割合が高い順に記載が義務付けられています。このことを知っておいてください。

良質なペットフードでは、肉や魚などの動物性タンパク質が上位に表示されています。これが望ましいと言われています。

肉には、鶏肉、牛、豚、鹿、ラム、馬などがあります。もし原材料となっている肉でのアレルギーが疑われる場合には、他の肉のドッグフードに変更する。または魚を主としたものを検討しましょう。

また、添加物や防腐剤などの成分も確認する必要があります。健康に悪影響を及ぼす可能性のある成分は避けるようにしましょう。

例えば、チキンミールってご存知ですか?ワンちゃんやネコちゃんを家族に迎えたばかりの方はご存じないかもしれませんね。しかし、これがかなり物議をかもしている原材料になります。飼い主はこの点については知っておくべき情報です。詳しくは下のリンク記事をご覧ください。

ペットフードの原材料:チキンミールってなんのこと?

ペットフード安全法は別に安全性を確認するためのポイントとは?

ペットフードの安全性を確認するためには、以下のポイントに注意しましょう。特に1番と2番が重要です。

  1. 製造元の信頼性。信頼できるメーカーやブランドから製造されたペットフードを選ぶことが重要です。宣伝文句だけを迂闊(うかつ)に信用してはいけません。製造元の情報や品質管理体制について調査しましょう。
  2. 品質管理の徹底。製造過程での衛生管理や原材料の品質管理が徹底されているかを確認しましょう。安全性に対する取り組みが行われているメーカーを選ぶことが大切です。
  3. 安全基準の遵守。ペットフード安全法の順守はもちろんです。また公正競争規約などの安全基準を遵守しているメーカーを選ぶことが重要です。これにより、安全性の高いペットフードを選ぶことができます。

信頼できるブランドを選ぶための方法とは?

ペットフード安全法は制定されています。しかし、すべてのメーカーの商品が安全とは限りません。要するに添加物などを使用している場合があるからです。信頼できるブランドを選ぶためには、以下の方法が有効です。

  1. 口コミや評価を参考にする。他の飼い主の意見や評価を確認することで、信頼できるブランドを選ぶことができます。
  2. 専門家の意見を聞く。獣医師や専門家の意見を参考にすることも重要です。信頼できる専門家のアドバイスを受けながら、適切なブランドを選びましょう。
  3. ブランドの歴史や実績を調査する。長い歴史や実績のあるブランドは、信頼性が高いと言えます。ブランドの背景や製品の特徴を調査し、信頼できるブランドを選びましょう。

以上が、ペットフード安全法と公正競争規約の情報です。消費者として、正確な情報に基づいて安心なペットフードを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました