ドッグフードをふやかすメリットやデメリット。早くふやかす方法も解説

      
最高のドッグフード
       

ドッグフードをふやかすのはなぜでしょうか?メリットやデメリットを含めてその知識を持っておくことは大切です。

その理由として、

  • 子犬の時は消化器官が未発達であること
  • 老犬(シニア犬)となれば徐々に消化器官の衰えがはじまる
  • 愛犬が病気になりその回復途中では、消化能力が低下している
  • 歯周病などにより抜歯をして歯がない状態となり上手にものを噛めなくなることがある

このようなとき、ドッグフードをふやかして与えることにより食べやすくなり栄養の吸収を助ける点が大きなメリットとしてあります。他にもメリットはありますし、もちろんデメリットもあります。

そこで、その点も含めて、ドッグフードを水やお湯、電子レンジを使ってふやかす方法とその注意点。さらには早くふやかす方法のテクニックまで、あらゆる側面について詳しく解説します。

  1. ドッグフードの種類
  2. ドッグフードをふやかすメリット
    1. 1、消化しやすくなる
    2. 2、 水分摂取の促進
    3. 3、咀嚼能力を助ける
    4. 4、食欲を改善する
    5. 5、口や歯などの助け
    6. 6、温かい食事の提供
    7. 7、栄養素の吸収アップ
    8. 8、ダイエットに役立つ
    9. 9、飲み込み防止
  3. ドッグフードをふやかすデメリット
    1. 1. 栄養素の流出
    2. 2. 準備時間がかかる
    3. 3. 保存性の低下
    4. 4. 風味による食べ残し
    5. 5. 下痢をする
    6. 6. 習慣性の問題
  4. ドッグフードをふやかすについてのQ&A
  5. ドッグフードを早くふやかす方法
    1. 1. お湯を使う
    2. 2. フードを細かくする
    3. 3. フードをかき混ぜる
    4. 4. ボウルに蓋をする
    5. 5. 電子レンジを利用する
    6. 6. 予めふやかしておく
  6. お湯を使ってドッグフードをふやかす方法
  7. 水やお湯の代替品でドッグフードをふやかす
    1. だし汁でふやかす
    2. ヤギのミルクでふやかす
  8. ドッグフードをふやかす注意点
    1. 1. 適切な温度で提供
    2. 2. 新鮮さを保つ
    3. 3. 水を入れすぎない
    4. 4. 牛乳でふやかさない
    5. 5. 均等にふやかす
    6. 6. アレルギー反応に注意
    7. 7. 食事量の調整
    8. 8. 食器の清潔さを保つ
    9. 9. 犬の健康状態を観察する
    10. 10. 冷水を使わない
    11. 11. ミネラルウォーターを使わない
    12. 12. ふやかした水分は捨てない
  9. ドッグフードがふやけない理由
    1. 1. 水温が低い
    2. 2. 水の量が不足
    3. 3. 浸透時間が短い
    4. 4. フードの種類によるもの
    5. 5. フードの粒の大きさ
    6. 6. 保存状態の影響
  10. ふやかしたドッグフードは何歳まで与えていいの?
    1. 年齢
    2. 健康状態
    3. 移行方法について
  11. まとめ

ドッグフードの種類

ご存知のかとは思いますが、ドッグフードには、ドライフードやウェットフード 、その中間のセミドライフードなど種類がいくつかあります。この中のドライフードとは、水分を約10%以下にまで減少させたのがドッグフードになります。乾燥させてあるので固い粒が特徴です。

シニア犬用ドライ・ドッグフード

この低水分状態により、フードは長期間保存することができるようになるのがメリットです。また飼い主にとっては経済的かつ扱いやすい形態をしています。

ドライフードは高温で調理され、成型された後、乾燥させて製造されます。乾燥している分、 カロリー計算が容易で、犬の体重管理に有効です。

しかしながらドライフードは、先ほども申しあげたように水分がない分固い粒となっていますので、永久歯が生えていない子犬。消化が衰えてきたや老犬。歯の無い犬。あるいは病気から回復中の犬にとっては消化や咀嚼(そしゃく)の負担が大きいため適さない場合があります。

そのために、ドライフードをふやかして子犬や老犬などに与えることもありますので、ふやかす知識が必要となります。犬を飼ったなら必須の知識といえるでしょう。

ドッグフードをふやかすメリット

ドッグフードをふやかすメリットやデメリット

ドライドッグフードは、そのまま与えるのが一般的ですが、ふやかすことによって、どんなメリットがあるのでしょうか。9つのメリットを下記に示しました。

1、消化しやすくなる

子犬や老犬、病気から回復中の犬は、消化器官が未発達であったり、消化能力が低下していることがあります。ふやかしたフードは柔らかく、消化しやすいため、これらの犬にとっては理想的な食事形態となります。

2、 水分摂取の促進

犬はしばしば十分な水を摂取しないことがあります。水などでふやかすことで、追加の水分を摂取させることができます。これは脱水を防ぐだけでなく、腎臓の健康維持にも役立つ大きなメリットがあります。

3、咀嚼能力を助ける

歯が生え変わる時期の子犬や歯の健康状態が悪い犬、または年齢によって咀嚼能力が低下した犬には、硬いドライフードを噛むことが困難です。ふやかすと咀嚼しやすく、食事が快適になります。

4、食欲を改善する

柔らかくすると、香りが強くなり、食欲が落ちている犬にも魅力的です。これは、病気の回復期や食欲不振の犬に特に有効なメリットです。

5、口や歯などの助け

一部の犬は、歯がなかったり、口内炎や食道の問題など特定の健康上の問題を持っているため、硬いフードを食べることが難しい場合があります。ふやかしたフードは、これらの問題を持つ犬も食べやすくなります。

6、温かい食事の提供

特に寒い季節には、お湯でふやかした温かいフードを提供することで、犬に快適な食事体験を与えることができます。

7、栄養素の吸収アップ

一部のものは、ふやかすことにより、その栄養素がより効率的に解放され、犬の体に吸収されやすくなる場合があります。

8、ダイエットに役立つ

水分を加えると、カロリーを増やさなくても体積が増える分、愛犬の満足感を高めることができますのでダイエットに役立つメリットがあります。

9、飲み込み防止

一部の犬は飲み込む傾向があります。飲み込んだものは簡単に消化しません。しかし湿って柔らかくなったフードは容易に分解されるのでその心配がありません。

これらの理由から、ドッグフードをふやかすことは、多くの状況で愛犬の健康と幸福に寄与する重要な選択となります。飼い主は、愛犬の特定のニーズに合わせて適切にフードをふやかすことのメリットを与えましょう。

ドッグフードをふやかすデメリット

ドッグフードをふやかす(水やぬるま湯で湿らせる)ことにより、いくつかのデメリットがあります。ただし、これらのデメリットは、犬の年齢、健康状態、フードの種類などによって異なる場合があります。

1. 栄養素の流出

水やぬるま湯でふやかすと、フードに含まれるビタミンやミネラルが溶け出してしまう可能性があります。特に水溶性ビタミン(ビタミンB群やビタミンCなど)は流出しやすいです。

2. 準備時間がかかる

ドライフードなら器に盛るだけで準備完了となりますが、ふやかすとなると最低5分~10分は必要になります。準備時間的なデメリットがあります。

3. 保存性の低下

ふやかしたフードは乾燥フードに比べて腐敗しやすくなるデメリットがあります。そのため、一度に大量にふやかすと、使用しきらずに廃棄することになります。

4. 風味による食べ残し

ふやかしたフードは風味が変わるため、犬が食べ残すことがあります。犬によっては乾燥フードの方が好む場合があります。

5. 下痢をする

老犬など特定の犬は、ふやかしたフードの水分による摂取が多くなり、下痢を引き起こす場合があります。

6. 習慣性の問題

一度ふやかしたフードに慣れると、犬が乾燥フードを食べなくなる可能性があります。これにより食事管理が難しくなる場合があります。

ただし、これら6つのデメリットは、犬の健康状態や好み、特定の状況(例えば乳歯が生え変わる時期の子犬など)によっては、ふやかすことが推奨される場合もあります。

ドッグフードをふやかすについてのQ&A

Q
ふやかしたドッグフードは歯垢や歯石がつきやすくなるのがデメリットですか?
A

ふやかしたフードよりも固いフードのほうが歯垢がつきにくいと言われていますが、ふやかしたフードもドライフードもさほど変わらないという意見もあります。

たしかにドライフードは固いので、噛むことにより歯石や歯垢がつきにくいと思われていますが、骨ほど固いわけではないのでそれほど大きな違いはないというものです。犬の3歳以降の80%が歯の問題に悩まされているわけですから、そうともいえます。ドライフードであっても歯のブラッシングが必要なので、デメリットとはいえないのではないでしょうか。

ドッグフードを早くふやかす方法

水でふやかす方法で行うと時間がかかります。そこで、フードを早くふやかすための方法はいくつかありますので、そのテクニックをご紹介します。

1. お湯を使う

通常の水ではなく、40度前後のお湯を使用すると、ドッグフードがより早く軟らかくなります。やり方はこちら。

2. フードを細かくする

砕くフードの粒を細かく砕くことで、水分が吸収しやすくなり、ふやかす時間を短縮できます。

3. フードをかき混ぜる

ぬるま湯を加えた後にフードをよくかき混ぜることで、水分が均一に行き渡り、より早く軟らかくなります。

4. ボウルに蓋をする

お湯を入れたフードのボウルに蓋をするをことで、熱を逃がさず、湿度を保ちながらフードをふやかすことができます。タッパーを使う方法も有効です。

5. 電子レンジを利用する

少量の水とともにドッグフードを電子レンジで加熱することで、迅速にふやかすことが可能ですが、熱くなり過ぎないよう注意が必要です。500Wで20秒の加熱がひとつの目安です。電子レンジは、加熱ムラがあるので、均等になっているかよく確認してください。

6. 予めふやかしておく

早くふやかす方法ではありませんが、時間がある時にドッグフードをふやかしておき、適切に冷蔵保存しておくことで、犬に早く食事を提供することができます。ただし、ふやかしたまま常温で何時間も放置するとバクテリアが繁殖しますので注意が必要です。

これら6つの方法を試す際には、犬が食べやすい程度に軟らかくなっているかどうかを確認し、またフードが熱すぎないように注意することが重要です。犬の健康状態や年齢、好みにも注意を払いながら、最適な方法を選んでください。

お湯を使ってドッグフードをふやかす方法

まずは、普段食べている量のフードを用意します。よくわからない場合は、こちらで計算できます。

  1. 30℃~40℃前後のお湯を用意します。
  2. 普段使っている器にドライフードを入れます。
  3. お湯を注ぎます。お湯の量は、ドッグフードがひたひたになるくらいまで注ぎます。フード:ぬるま湯=1:1~2:1程度。
  4. 浸す時間は、お湯の温度や器の温度によって違ってきますが、細かく砕けば5分程度で柔らかくなります。砕いていなければ5分では周りだけ柔らかい状態です。完全に柔らかい状態を望むなら15分以上浸しておきます。
  5. 必要に応じてトッピングします。
ふやかしたフード

ドライ・ドッグフードの内容物によってふやける時間は違いますので、初めてふやかす場合には、途中で一粒つぶしてみたりしてご自身で確認しながら行ってください。

水やお湯の代替品でドッグフードをふやかす

ドッグフードをふやかすには、水とお湯以外に、だし汁、ヤギのミルクなどがあります。プレーンヨーグルト(砂糖なし)でも可能ですが、水分量が少ない分、柔らかくなるまで時間がかかります。

だし汁でふやかす

自分で鶏肉や野菜を煮込んだスープを作り、それを利用する方法があります。注意点として犬が食べてはいけない野菜のタマネギ、ニンニクなどは使用してはいけません。また塩も使用しないでください。

ヤギのミルクでふやかす

ヤギのミルクは、牛乳よりも乳糖の含有量が少なく、犬にとってより安全な選択肢となりえます。このため、犬の胃腸に悪い成分がほとんど含まれていません。

また、ヤギミルクは犬の消化機能のサポートと全体的な健康を促進するプロバイオティクスが豊富に含まれています。ただし、犬が乳製品に対してアレルギーを持っているかどうかを事前に確認することが大切です。

ドッグフードをふやかす注意点

ドッグフードをふやかすあたって、次の点に注意する必要があります。

1. 適切な温度で提供

ふやかしたドッグフードを与える際は、温度が犬にとって安全であることを確認してください。特にお湯を使ってふやかした場合、熱すぎると口や喉を傷つける恐れがあります。そのために、ぬるま湯でふやかしたものを与えるのが理想的です。

2. 新鮮さを保つ

ふやかしたフードは、そのままのドッグフードに比べて腐敗しやすいです。与える直前にふやかすか、ふやかしたものは冷蔵庫で保存し、24時間以内に使用してください。

3. 水を入れすぎない

犬によって好みや必要とする水分量は異なります。ふやかす水の量を調整し、犬が好む柔らかさや湿度を見つけてください。水を入れすぎると、フードの栄養素が損なわれることがあります。

4. 牛乳でふやかさない

犬は乳糖不耐症なので、牛乳を飲むと胃腸の調子が悪くなる可能性がありますので、牛乳の使用は避けてください。

5. 均等にふやかす

水またはぬるまお湯を加えた後、フードをよくかき混ぜて均一にふやかすことが重要です。そうしないと、一部が硬く残り、消化に影響を及ぼす可能性があります。

6. アレルギー反応に注意

犬にアレルギーがある場合、ふやかしたフードに含まれる成分にも注意が必要です。特定のフードや添加物に反応する犬もいます。

7. 食事量の調整

ふやかしたフードは体積が増えますが、栄養量は変わりません。過食に注意し、犬の年齢、サイズ、活動レベルに応じた適切な量を与えることが大切です。

8. 食器の清潔さを保つ

ふやかしたフードはバクテリアの繁殖がしやすいため、使用後は食器をきちんと洗浄して清潔に保つことが重要です。

9. 犬の健康状態を観察する

特にふやかしたフードを初めて与える場合は、犬の反応を注意深く観察し、消化不良やアレルギー反応などの異変がないかをチェックしてください。

10. 冷水を使わない

冷水はふやけるまで時間がかかりますし、冷たい水が犬の胃腸に負担をかけます。

11. ミネラルウォーターを使わない

ミネラルウォーターには、ミネラルがたくさん含まれています。ミネラル過多になることもあるため、使用しないようにしましょう。

12. ふやかした水分は捨てない

フードに使用した水分は栄養素が溶けだしています。捨てることによりその分の栄養バランスが崩れますので、そのまま与えてください。

これら12の注意点を守ることで、ふやかしたドッグフードを安全に、そして愛犬にとって最も適した方法で提供することができます。

ドッグフードがふやけない理由

「ドッグフードがふやけない」場合の原因にはいくつかの可能性があります。以下に、詳細にその理由と対策を説明しますので、ふやけないでお困りの場合は、ひとつずつ確認してみてください。

冬場には、ふやかす際に使用する水の温度が低いと、適切に柔らかくなりません。ぬるま湯を使用すると、フードがより早く、効果的にふやけます。

ドライフードを十分にふやかすには適量の水が必要です。水の量が不足していると、均一に柔らかくならず、一部が硬いままの状態になることがあります。

ふやかす時間が短すぎると、完全に水分を吸収する前に与えてしまうことがあります。一定時間放置し、フードが十分に水分を吸収するまで待つことが重要です。

ドライフードにはさまざまなタイプがあり、中には特に硬い製品や水分を吸収しにくいものもあります。製品によっては、通常より長い時間か、より多くの水を必要とする場合があります。

粒が大きいと、中心部まで水分が浸透するのに時間がかかります。粒を少し砕いたり、小さい粒のフードを選ぶことで、水分がより早く浸透しやすくなります。

長期間保存されている、または湿気の多い環境に置かれていたドライフードは、水分を吸収する能力が低下している場合があります。新鮮なフードを使用することが望ましいです。

これら6つの原因を理解し、水を使用する場合には適切な温度の水を使用し、十分な時間をかけて浸すことで、ふやけない問題を解決することができます。また、フードの選択や保存方法にも注意を払うことが重要です。

ふやかしたドッグフードは何歳まで与えていいの?

「ふやかしたドッグフードをいくつまで与えていいのか」について詳しく説明します。この移行は、犬の年齢、健康状態、および個々のニーズに基づいて行う必要があります。

  • 子犬:子犬は成長と共に咀嚼能力が向上します。通常、子犬は約3~6ヶ月齢までに乳歯から永久歯に生え変わります。この時期を目安に、徐々に通常のドッグフードに移行することが一般的です。ただし、個々の犬の成長速度や健康状態に応じて、この時期は前後する可能性があります。
  • 老犬:高齢になると、多くの犬が歯の問題や消化機能の低下を経験します。これらの犬は、ドッグフードを柔らかくする必要が続くかもしれません。獣医師の指導の下、犬の健康状態に合わせてフード形態を選ぶことが大切です。

まとめますと、子犬は、ふやかしたフードは乳歯が生え変わる時期となる約3~6ヶ月齢が目安。シニア犬(老犬)については、年々身体機能が衰えていくので、いつまでとか区切りがなく続くことが多いです。

  • 回復期の犬:病気や手術後の回復期にある犬は、一時的にふやかしたフードが必要になることがあります。回復が進むにつれ、徐々に通常のドッグフードに戻していくことが推奨されます。これは、獣医師のアドバイスに従って行うべきです。
  • 特定の疾患を持つ犬:口内炎や消化器官の疾患など、特定の健康問題を持つ犬の場合、長期的にふやかしたフードが必要な場合もあります。獣医師と相談し、犬の状態に応じた食事計画を立てることが重要です。
  • 徐々に移行する:通常のドッグフードへの移行は、急激に行うと消化不良や食欲不振を引き起こす可能性があるため、徐々に行うことが推奨されます。最初はふやかしたフードに少量の通常のドッグフードを混ぜ、徐々にその比率を増やしていきます。
  • 犬の反応を観察する:移行中は、犬の食欲、消化状態、一般的な健康状態を注意深く観察することが重要です。問題が生じた場合は、獣医師に相談することが望ましいです。

総じて、通常のドッグフードへの移行は、犬の個々のニーズに配慮しながら慎重に行う必要があります。犬の健康状態や反応に応じて調整し、必要に応じて獣医師の指導を仰ぐことが最善です。

まとめ

ドッグフードをふやかして与えることは、犬の健康管理と食事の質に大きな影響を及ぼします。

特に子犬、老犬、または特定の健康状態にある犬にとってのメリットとして、ふやかしたフードは消化しやすく、栄養摂取を容易にするという重要な役割を果たします。

またふやかしたドッグフードは、水分摂取の促進、食欲不振の改善、特定の健康状態への対応など、多くのメリットを提供します。

しかし、保存性の低下やシニア犬(老犬)によっては下痢などの症状を起こすなどのデメリットもあります。

ふやかすにあたって、いくつかの注意点があります。適切な温度で提供すること、新鮮さを保つこと、水分量の調整、均等なふやかし、アレルギー反応への注意、食事量の調整、食器の清潔さの維持、そして犬の健康状態の観察が重要です。これらの注意点を守ることで、愛犬にとって最適な食事体験を提供することができます。

ふやかしたドッグフードから通常のドッグフードへの移行は、犬の年齢、健康状態、そして個々のニーズに基づいて行う必要があります。子犬は成長に伴い、老犬は健康状態の変化に応じて、フード形態を変える必要があります。この移行は徐々に行うことが重要であり、犬の反応を観察しながら進めることが望ましいです。

最終的に、ドッグフードをふやかすかどうか、いつ通常のフードに戻すかは、愛犬の健康、好み、そして生活スタイルに大きく依存します。獣医師と相談しながら、愛犬にとって最適な食事計画を立てることが、健康で幸せなペットライフを送るための鍵となります。

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

高タンパクドッグフードのデメリットとメリット
犬はバナナを食べても大丈夫ですが、1日あたりの量や注意点がありま

ドッグフード用語集

タイトルとURLをコピーしました