栄養ガイド

チキンミールとミートミールは違うの?

      
チキンミールについて 栄養ガイド
       

ドッグフードの成分リストに「チキンミール」という文字が記載されているのをよく見かけませんか?また、「乾燥チキン」や「ミートミール」、「フィッシュミール」といった文字も目にしませんか?

これらの言葉は、人間の食品としては馴染みが薄いため、多くの方がこれらの成分に対して不安を感じることと思います。

そこで、チキンミールとは何か、乾燥チキンとは?ミートミールとは?について、それぞれがペットにとって安全なのかどうかについて、詳しく調査してみました。詳細を以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ミールとは何ですか?ミールにも種類がたくさんあります

ミールとは、特定の粉状の物質を指します。肉を粉状にしたものが「ミートミール」ですが、それ以外にもたくさんあります。以下は、ミールとして知られる一部の種類とその説明です。

チキンミール

チキンミールは、鶏肉を乾燥させて水分を取り除き、挽いた粉状の製品です。こちらのチキンミールは、鶏の丸ごとから羽毛、頭、足、内臓を除いた後、鶏肉と皮をきれいにして、それを組み合わせて乾燥させた製品となります。また、日本国内のレンダリング施設で作られるチキンミールは、肉を取り除いた「骨や内臓、皮などの不可食部位」から作られる点が異なります。

ミートミール

AAFCO(American Association of Feed Control Officials)のガイドラインによれば、ミートミールは牛、豚、馬、羊、やぎから取り出された筋肉、臓器、骨などの組織を高圧および高温処理して、脂肪を除去し、粉末状にしたものを指します。興味深いことに、ここには血液、毛、ひづめ、角、皮などは使用されません。

ドッグフードの原材料として、異なる家畜から取られた部位を組み合わせてミートミールが製造されています。たとえば、牛と豚の部位を組み合わせたものは「ミートミール」と呼ばれますが、豚の部位だけから作られたものは「ポークミール」として知られています。

同様に、羊の部位だけを使用した場合は「ラムミール」として販売されます。このプロセスによって、原材料の水分や脂肪が取り除かれ、タンパク質やミネラルが濃縮された高品質な成分として結集されるのです。

詳細については後で説明しますが、こうしたミートミールは、原価が安いことと、ペットフードの栄養価を高めるために広く利用されています。

家禽(かきん)ミール

家禽(かきん)ミールとは、鳥類を使用したミールになりますが、複数の鳥の肉や皮が使われているものです。ですので、「チキンミール」も家禽(かきん)の部類ですが、ニワトリだけを使用しているものがチキンミールです。「ターキーミール」と称しているものは七面鳥だけを使用しているものです。

ターキーミール

ターキーミールは、ターキー(七面鳥)の肉や皮を乾燥させて粉末状にしたものです。水分が減少しますので、タンパク質が濃縮されています。ターキーミールも家禽(かきん)ミールの部類です。

サーモンミール

サーモンを乾燥させて粉状にしたものです。魚の水分が大幅に減少した状態になるため、タンパク質と栄養素が濃縮されます。サーモンミールもドッグフードの原材料として使用されています。サーモンミールの主な利点は、その栄養密度の高さにあります。少量で多くのタンパク質と必須脂肪酸を提供できるため、ペットの食事に優れた栄養を提供します。高品質のものは純粋なサーモンから作られますが、低品質のものには他の成分が混ざっていることがあります。

コーンミール (Cornmeal)

とうもろこしの粒を挽いた粉。黄色や白色のものがある。主にパン、ケーキ、クッキーなどの製造に使用されるミールです。

フィッシュミール (Fishmeal)

魚や魚の部分を乾燥・砕いて作られる粉。主に家畜の飼料として使用されるミールです。高いタンパク質とオメガ-3脂肪酸を含む。

ボーンミール (Bonemeal)

動物の骨を焼き、砕いて作られる粉。肥料として使用されることが多い。カルシウムやリンを豊富に含むミールです。

ソーヤミール (Soybean meal)

大豆を抽出して油を取り除き、その後に砕いて作られるミールです。家畜の飼料として一般的に使用される。高タンパク質で、多くの家畜の飼料の基本となる。

アルファルファミール (Alfalfa meal)

アルファルファ(ルゼルン)を乾燥させて挽いたミールです。肥料や家畜の飼料として使用されます。アルファルファ自体は、多年草で、特に家畜の飼料として広く利用されています。

フラックスシードミール (Flaxseed meal)

このミールは、家畜の飼料やオメガ-3脂肪酸や食物繊維が豊富な健康食品としても利用されることがあります。

チキンミールとは?

チキンミールとは

先ほども説明しましたが、チキンミールの「ミール」とは「粉末」のことです。そのためチキンミールとは、ニワトリを粉末にしたものを言います。

しかし、ニワトリの粉末といっても、日本のレンダリング工場で製造されるものにおいては、食用となる胸肉やモモ肉は使われていません。

基本的に、使用されている部位は、肉を取り除いた骨や内臓、皮などの不可食部位」が使用されています。

具体的にレンダリング業者の説明によりますと、チキンミールについて以下のように記されています。肉を取り除いた骨や内臓、皮などの不可食部位を以下のように処理しています。

真空でクッキングをし、水分を蒸発させます。その後、骨油(こつゆ)を抽出して骨油タンクに移送されます。残った固形物は乾燥した後に粉砕します。粉砕した製品をフルイにかけてできた製品がチキンミールになります。

さしま食品加工協同組合レンダリング事業

AAFCO基準によるチキンミールについての情報

それではアメリカ(AAFCO基準)のチキンミールのガイドラインを見てみましょう。

チキンミールは、羽毛、頭、足、内臓を除いた鶏の丸ごとの屠体(とたい)から得られる、きれいな鶏肉と皮を組み合わせて乾燥させた製品で、骨の有無にかかわらず、乾燥させたものです。

引用:wikipedia Chicken meal

このように、ひとくちに「チキンミール」といっても、国内と海外製造のものでは違います。

繰り返しになりますが、国内のレンダリング工場で製造したチキンミールは鶏肉を取り除いた骨や内臓、皮などの部分(不可食部分)を使用しています。

一方でアメリカのAAFCO(アーフコ)のガイドラインでは、羽毛、頭、足、内臓を除いた鶏全体から取った肉と皮を食肉加工したものをチキンミールと称しています。要するに製造国によって使用される部位は異なります。

ミートミールとは?

日本のレンダリング施設でのミートミールとAAFCO(米国飼料検査官協会)のミートミールは、同じ用語ですが、中身は違います。

日本のミートミール

日本の主要なレンダリング施設で生産されるミートミールについて説明いたします。このミートミールは、食用とされる牛や豚の肉を除外したものです。不可食部分として骨や内蔵などは一切使用されず、代わりに以下の3つの要素から牛脂やラードなどの「油脂」が生成されます。

  1. 内蔵脂肪
  2. 皮下脂肪
  3. せあぶらなどの脂肪部位

これらの油脂は搾り出され、その過程で残る「肉粉」と呼ばれる「副産物」がミートミールとなります。このミートミールがペットフードの原料として利用されています。言い換えれば、食用の肉類は一切含まれておらず、ドッグフードのミートミールはその代わりになる成分です。

一方の骨や内蔵などの不可食部分は、レンダリングを経て油脂と固形分(蛋白質とカルシウム)に変わります。この油脂は工業用原料として石けんなどに利用され、固形分は肥料や飼料として活用されます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)基準のミートミール

AAFCO(米国飼料検査官協会)のガイドラインによるミートミールとは、筋肉や臓器、骨などを加圧・加熱処理された組織から脂肪分を取り除いてできる原材料とされています。

ただし、「哺乳動物の血液、毛、ひづめ、角、皮、胃、及び第一胃の内容物は除かれています。」また、「フン尿など排泄物は混在されていません。」というのがAAFCOのガイドラインです。

日本のものとAAFCOのミートミールは、脂肪分を取り除くという点は同じですが、骨など使用される部位が違います。つまり、製造国によって使用される部位が異なります。

ミートミールという名称について

ミートミールは、牛、豚、馬、羊、やぎのいずれかの部位を使っていますが、どの動物の部位を使用しているのか不明です。

仮に、牛の部位だけを原料として使用されているものならば、「ビーフミール」と称されます。豚なら「ポークミール」です。羊は「ラムミール」です。ミートミールには、チキンは含まれませんので、チキンミールとは区別されています。

また、牛の骨を加えているならビーフボーンミールと称します。しかしながら、日本では平成13年10月からBSE対策により、現在も牛原料由来のものについては全量が焼却処分にされていますので、牛の骨は使用されません。

繰り返しになりますが、具体的な動物の名前が前に付かないのを「ミートミール」と称しているわけです。言い方を変えれば、使用される原材料の畜肉が特定されていないことを意味する場合があります。悪く言えば牛、豚、馬、羊、やぎなど、どの肉を使用しているのかわからないのがミートミールです。

レンダリングミートとは

レンダリング施設で作られたチキンミールやミートミールなどを総称して「レンダリングミート」と呼んでいます。

チキンミールはどこで作られているのか知っておこう

チキンミールの製造は、レンダリング工場で行われています。レンダリング工場とは、鶏や牛や豚など動物たちのリサイクル工場のことをいいます。

チキンミール、骨油、フェザーミールの実物画像

下の画像をご覧ください。左側に見えるのが、骨油1です。中央がフェザーミール2。右に見えるのが「チキンミール」です。写真のように粉末になっているのが確認できます。チキンミールは、骨油(こつゆ)を抽出して残った固形物を粉末にしたものです。

骨油、フェザーミール、チキンミールの比較
左:骨油 中央:フェザーミール 右:チキンミール

引用:さしま加工食品加工協同組合

1骨油(こつゆ)とは、動物の骨から抽出される油脂の一種です。主に豚骨や鶏骨から作られることが多く、料理や医薬品、化粧品などに使用されます。骨油は特にアジア料理、特に中華料理や日本料理でよく使用されます。

例えば、ラーメンのスープに深みを出すためや、炒め物、煮物に風味を加えるために使われることがあります。

骨油は、骨を長時間煮出して油脂を抽出する方法で作られます。この過程で、骨からコラーゲンやミネラル、アミノ酸なども一緒に抽出されることがあり、これが骨油独特の風味や栄養価を形成します。

医薬品や化粧品に使用される場合、骨油はしばしば精製されて不純物が取り除かれます。その後、様々な製品に配合されることで、保湿効果や抗酸化作用、抗炎症作用などが期待されます。

ただし、骨油は動物性脂肪であるため、摂取量には注意が必要です。特に、高カロリーでコレステロールも含まれる場合があるため、過度な摂取は避けるようにしましょう。

2フェザーミールとは、鶏の羽を加圧蒸製(3気圧・180度・3時間以上)し、乾燥させたもので肥料や家畜用の飼料原料として利用されています。

チキンミールの特徴について把握しておこう

1. 高タンパク質

国内製造においてのチキンミールは、骨や内臓、皮など乾燥・粉砕したものであり、タンパク質が非常に豊富です。しかしながら、高温で熱を加えているため、生肉のタンパク質とは違い変性していると考えられます。

タンパク質の変性とは、熱や酸、圧力などによってタンパク質の構造が変化して機能を失ってしまうことです。

2. 低水分

鶏肉が加工される過程で水分が取り除かれるため、チキンミールは低水分です。これにより保存性が高くなります。

3. 高エネルギー

低水分で高タンパク質なため、エネルギー密度が高いです。少量で高い栄養価があります。

4. 耐久性と保存性

乾燥しているため、保存性が高く、長期間保存が可能です。

5. 費用対効果

鶏肉そのものよりもコストが低い場合が多く、そのため多くのペットフードに使用されています。

6. アレルギーには要注意

一部の犬や猫は鶏肉にアレルギーを持っています。その場合、チキンミールも同様にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

ドッグフードの原材料に使われるチキンミールは危険なのか

日本で製造されているチキンミールは、食用となる肉類を除いた部分からさらに食用油脂を取り除いた部分(不可食部位)を乾燥させています。

この肉類を除いた部分が使われていること。また、屠殺以外で死んだ鶏など(病気で死んだ鶏)が混入されている疑念があります。要するにこのことを4Ⅾミートといって、下記の4つのⅮの頭文字をとった俗語をいいます。こうしたことから、チキンミールは危険といわれています。

家畜の4Dとは?

  1. DISEASED(病気の動物の肉)
  2. DEAD(屠殺以外で死んだ動物の肉)
  3. DYING(死にかけの動物の肉)
  4. DISABLED(障害がある動物の肉)

上記の病気で死んだ動物がレンダリング施設に送られているのは事実です。それがチキンミールやミートミールなどに使われているといってよいでしょう。

ただし、混入されていてもペットフード安全法が施行され、通常は行政機関による検査も行われていること、、また製造においても高熱処理もしていますので、一般的には安全性に問題はありません。

しかしながら、高タンパク質で優れているとはいえ、生肉のようにそれがペットの健康に役立っているとは考えにくいです。

チキンミールとチキン生肉は違うものです

先ほども述べましたが、日本でのチキンミールは、食用となる肉類を除いた部分から食用油脂を取り除き(不可食部位)、さらにその後に粉砕して乾燥させたのが、チキンミールです。

ドッグフードのチキン生肉とは

ドッグフードの原材料にチキンと書かれている場合は、生肉を乾燥させチキンです。このチキン(乾燥)は可食部から作られています。そのため、チキンミールとは別の物です。以下に違いを簡単にまとめてみました。

日本のチキンミール=日本では骨や内臓、皮などの不可食部位(食べられない部位)からレンダリング製造したもの。

アメリカのAAFCO基準のチキンミールは、羽、頭、足、内臓を除いた鶏全体の肉と皮を食肉加工した粉状のものです。

チキン(生肉)=鶏肉の食べられる部分を乾燥し製造したもの

このような違いがあります。

別のチキンミールもある

チキンミールでも食用部位の肉のみを使用しているメーカーもあります。この場合、乾燥チキンとほぼ同じです。

そのため一概には「チキンミール」だからといってどのドッグフードの原材料も同じとは限りません。この点においては、メーカーごとに問い合わせして確認する必要があります。ナチュラルバランスのチキンミールは、次のように記されています。

チキンミールという表示があってもメーカーによってその意味や原料が異なる場合があります。ペットフードの販売メーカー・ナチュラルバランスにおいては、食用部位の肉のみを粉末にしたものとされています。

ナチュラルバランスのよくある質問より

チキンミール以外を原材料としたドッグフード

チキンミールのみがドッグフードの原材料として使われているわけではありません。その他に、放し飼いチキンの生肉。あるいは、ターキーなどの原材料で作られているドッグフードがあります。ただし生肉といっても生のまま混ぜ込んであるわけではありません。

実際のところ、その前に熱処理させて乾燥させてから使います。その結果、乾燥具合が乾燥チキンよりも水分が多い状態になります。

また、これらを100%使用しているのではなく乾燥チキンと混合させているのが一般的です。チキン生肉だけではコスト高になるので、乾燥チキンやチキンミールを配合しています。

ドッグフードの原材料の最初に「チキン生肉」や「鹿生肉」、「サーモン生」などと書かれているドッグフードは、国産では1kgあたり3,000円を超えているものが多いです。価格の安いドッグフードは、チキンミールやトウモロコシ、小麦などになっています。実際にドッグフードに使用されている原材料と販売価格を調べてみることをおすすめします。

チキンミールは安全なのか

日本では、ペットフードの立ち入り検査を実施する権限を持っているのがFAMIC1になります。ここが、毎月いくつかの製造事業者のペットフードを検査しています。

チキンミールが安全な材料なのかについては、ペットフード安全法が施行されていて、検査はされているため、安全なものが流通していると言えます。ただしアレルギーなどの安全性については個体によるので、この限りではありません。

また、一度にすべてのペットフードの検査はできませんので、その間に不安全なペットフードが流通してしまう可能性はないとは言えません。そして、短期間では安全であっても、長期に渡ってチキンミールを摂取した場合はどうなのかという疑問はあります。

1:FAMICは、農林水産大臣の指示により、愛玩動物用飼料の製造事業場、輸入業者等に立ち入り、愛玩動物用飼料に係る帳簿や表示等の検査や、愛玩動物用飼料及び原料の集取を行っています。集取した愛玩動物用飼料等については、有害物質等が基準・規格に適合しているかどうか試験を行っています。

引用:FAMIC

FAMICでは、検査結果を公表しています。下記の資料をご覧いただければ様子がわかります。下記表は一部抜粋したのを引用掲載しています。

令和5年4月に収去した飼料等の試験の結果の概要

安全性に関する検査の全体版はこちら農林水産省

製造事業場等の名称飼料又は飼料添加物の名称試験項目違反の内容
日本フードパッカー
(株)青森工場
チキンミール病 原 微 生 物-サルモネラ
動 物 性 飼 料-肉骨粉等
(株)但馬どり
和田山工場
チキンミール病 原 微 生 物-サルモネラ
動 物 性 飼 料-肉骨粉等
令和5年4月に収去した飼料等の試験の結果の概要

令和5年5月に収去した飼料等の試験の結果の概要

安全性に関する検査の全体版はこちら農林水産省)

製造事業場等の名称飼料又は飼料添加物の名称試験項目違反の内容
三共理化工業(株)
八戸工場
チキンミール動 物 性 飼 料-肉骨粉等
(株)ジャパンファー
ム化製品工場
チキンミール病 原 微 生 物-サルモネラ
動 物 性 飼 料-肉骨粉等
令和5年5月に収去した飼料等の試験の結果の概要

毎月のようにどこかしらのレンダリング施設にてサルモネラ菌などについて検査しています。見てわかるように違反の内容に何も表示されていませんので問題なしと読み取れます。これら検査はレンダリング施設に限らず「愛玩動物用飼料等」(ペットフード)でも重金属類を検査しています。

令和5年4月に収去した愛玩動物用飼料の検査結果の概要

愛玩動物用飼料とはペットフードのことを指します。ペットフードとは、「犬・猫の栄養に供することを目的として 使用される物をいう」と定義されています。

例として、ミ ネラルウォーター、生肉、スナック、ガム、サプリメント等も入ります。

下表は令和5年4月に行ったペットフードの検査結果です。その結果、試験項目には違反はありません。

令和5年4月に収去した愛玩動物用飼料の検査結果の全体版はこちら

製造業者等の種別愛玩動物用飼料等の種類愛玩動物用飼料等の名称賞味期限試験項目違反の有無及び違反の内容
IDEA DOG株式会社犬用ローストポークと青菜のヘルシーごはん2023年8月重金属等 - カドミウム 無

無機砒素
美藍屋(みらや) Jimmy’s Paw
ジミーズパウ
犬用広島県産 鹿肉ジャーキー2024年4月重金属等 - カドミウム 無

無機砒素
令和5年4月に収去した愛玩動物用飼料の検査結果の概要

令和5年3月に収去した愛玩動物用飼料の検査結果の概要

下表は令和5年3月に行ったペットフードの検査結果です。その結果、試験項目には違反はありません。

令和5年3月に集取した愛玩動物用飼料の検査結果の全体版はこちら

製造業者等の種別愛玩動物用飼料等の種類愛玩動物用飼料等の名称賞味期限試験項目違反の有無及び違反の内容
日本ヒルズ・コルゲート株式会社犬用ヒルズ サイエンス・ダイエット〈プロ〉体重管理機能 成犬1~6歳 小粒 1.6kg2023年9月かび毒 - デオキシニバレノール
マースジャパンリミテッド犬用プロマネージ 成犬用 柴犬専用
1.7kg
2024年3月かび毒 - デオキシニバレノール
添加物 - BHA、BHT、エトキシキン
令和5年3月に収去した愛玩動物用飼料の検査結果の概要

まとめ

チキンミールとは、日本のレンダリング施設においては、食用となる肉類を除いた部分からさらに食用油脂を取り除いた部分(不可食部位)を乾燥後に粉砕して作られた鶏肉のミール(粉末)です。

アメリカのAAFCOのガイドラインによるチキンミールとは、ひき肉ないし粒のサイズを小さくした鶏肉。足、もも、胸などの部位の鶏全体から取った肉と皮を食肉加工(新鮮な肉から水分と脂肪を除去する)して得られる乾燥ミールとされています。

一般的には、チキンミールは上記のように定義されていますが、メーカーによっては食用部位の肉のみを使ったチキンミールもあります。

ミートミールとは、一般的には、牛、豚、馬、羊、やぎ、(鶏は含まない)の骨(牛は除外)・脂・血液・内臓・皮等やくず肉に熱を加え、脂肪を除いて圧縮して粉砕した粉状のものをミートミールと言います。ただし、AAFCOの基準には、哺乳動物の血液、毛、ひづめ、角、皮、胃、及び第一胃の内容物や排泄物は含まれません。

どちらにしてもミールの安全性については、多少不安もありますが、国内においては、FAMICが毎月継続検査を実施していますので、不安全なチキンミールやミートミールが含まれたドッグフードが流通することは防げてると言えるでしょう。

しかしながら、油脂を絞った後に乾燥させ粉砕してできたチキンミールを主としたペットフードがペットにとって健康に役立ち、長生きできる成分とは考えにくいです。特に価格が安いドッグフードは、それなりの成分が使用されていますので、飛びつき買いは避けたほうがよいといえるでしょう。

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

ペットフードアドバイザー・ゆずりんをフォローする

犬はバナナを食べても大丈夫ですか?

タイトルとURLをコピーしました