ドッグフード

子犬のドッグフードふやかすのはいつまで?いつからカリカリに?

      
ドッグフード
       
管理人:ゆずりん
管理人:ゆずりん

子犬って、本当に可愛いよね! でも、まだ生まれたばかりだと、カリカリのドッグフードは上手に食べられないって知ってた?

妹

「えー、そうなの?!」

管理人:ゆずりん
管理人:ゆずりん

そうなのよ。子犬は、生後間もない頃は歯や消化器官が未発達だから、固いカリカリのドッグフードをうまく噛んだり消化したりできないのね。だから、そんな時はドッグフードをお湯でふやかしてあげると、食べやすくなって、消化もしやすくなのよ。

妹

「なるほどね。じゃあ、いつまでふやかしてあげればいいの?」

管理人:ゆずりん
管理人:ゆずりん

それでは説明するね・・・

スポンサー

1. 子犬のドッグフードをふやかす期間

一般的には、子犬が生後3ヶ月頃まで、ドッグフードをふやかしてあげるのが良いとされているんだ。その後は、徐々に固いカリカリのフードに慣らしていく必要があるんだけど、目安としては、下の歯が生え揃う頃までふやかしてあげると良いよ。

「下の歯が生え揃う頃って、いつ頃なの?」

下の歯が生え揃う頃は、生後4ヶ月頃だよ。ただし、これはあくまでも目安で、によって差があることを覚えておいてね。

「犬によって差があるとはどういうこと?」

例えば、小型犬は大型犬よりも成長が早いので、下の歯が生え揃うのも早くなるんだ。逆に、大型犬は小型犬よりも成長が遅いので、下の歯が生え揃うのも遅くなるだよ。

「なるほど。じゃあ、差がある場合は、どうすればいいの?」

差がある場合は、愛犬の様子を見ながら、ふやかす期間を調整する必要があるのよ。

「愛犬の様子って、具体的にはどんなこと?」

例えば、

  • 固いカリカリのフードを嫌がる
  • 消化不良を起こしやすい
  • 体重の増加が遅い

などの場合は、もう少し長くふやかしてあげる必要があるかもしれないね。

「逆に、早く固いカリカリのフードに慣らしたい場合は?」

早く固いカリカリのフードに慣らしたい場合は、ふやかす時間を少しずつ短くしていくといいよ。ただし、愛犬の様子をよく観察しながら、無理のないように進めてあげよう。

これらのポイントを参考に、子犬の成長に合わせて、適切な方法でドッグフードを与えてあげよう!

愛犬の健康のために、栄養バランスの良い食事をしっかりと与えてあげることが大切だよ。

2. 子犬のドッグフードをふやかす方法

ドッグフードをふやかす方法について解説

2-1. ドッグフードを容器に入れる

まず、愛犬の年齢や体重に合った量のドッグフードを容器に入れる。

2-2. お湯を注ぐ

次に、30~40℃のお湯をドッグフードが完全に浸るまで注ぐよ。熱すぎるお湯は栄養素を壊してしまうから、必ずぬるま湯を使うようにね。

2-3. 10~15分放置する

最後に、10~15分ほど放置して、ドッグフードがふやけるのを待つだけ!

2-4. 水分ごと与える

ふやけたドッグフードは、水分ごと与えてあげよう。水分は、消化を助ける効果もあるからね。

これで、子犬も美味しいご飯を安心して食べられるようになるよ!

愛犬の健康のために、栄養バランスの良い食事をしっかりと与えてあげることが大切だよ。

3. ドッグフードをふやかす際の注意点

ドッグフードふやかす際の注意点について解説
  • お湯の温度: 熱すぎるお湯は、ドッグフードの栄養素を壊してしまうため、30~40℃のぬるま湯を使用しよう。
  • ふやかす時間: ふやかす時間が短すぎると、ドッグフードが固く残ってしまうことがあるよ。逆に、ふやかす時間が長すぎると、ドッグフードがべちゃべちゃになってしまうので5~10分程度が目安だよ。
  • 余分な水分: ふやかしたドッグフードの水分は栄養成分が溶けだしているので、捨てないで与えよう。

3-1. 子犬のドッグフードをふやかす際の注意点

  • ドッグフードの種類や粒の大きさによって、ふやかすお湯の量や時間が異なる。
  • ふやかしたドッグフードは、すぐに与えよう。 時間経過とともに、腐敗が進むので長時間おいておくのは厳禁だよ。
  • 食べ残したドッグフードは、片づけよう。 再利用したドッグフードで下痢を起こす場合があります。

4. まとめ

子犬のドッグフードをふやかすのは、生後3~4ヶ月頃までが目安です。

この頃になると、乳歯が生え揃い、噛む力が強くなり、消化器官も発達するため、固いドッグフードも消化できるようになるからです。

ただし、以下の場合は、もう少し長くふやかす必要がある場合があります。

  • 体調が弱い
  • 下痢や嘔吐などの消化不良を起こしやすい
  • 固いフードを嫌がる
  • 体重の増加が遅い

逆に、早く固いフードに慣らしたい場合は、ふやかす時間を少しずつ短くしていくといいでしょう。

ふやかす方法はとても簡単です。

  1. ドッグフードを容器に入れる
  2. 30~40℃のお湯を注ぐ
  3. 10~15分放置する
  4. 水分ごと与える

愛犬の様子を見ながら、適切な方法でドッグフードを与えてあげましょう。

栄養バランスの良い食事をしっかりと与えることが、愛犬の健康にとって大切です。

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

ペットフードアドバイザー・ゆずりんをフォローする

関連記事

タイトルとURLをコピーしました