犬の果物

愛犬がいちごで下痢をした!その原因とは?

      
犬の果物
       

愛犬にいちごを与えたら、下痢をしてしまった… そんな経験ありませんか?

実は、いちごは犬にとって思わぬ落とし穴となる場合があります!

このブログ記事では、いちごが犬に与える影響について詳しく解説しています。

愛犬といちごを安全に楽しむために、知っておくべきポイントについても分かりやすく説明していますので、愛犬の健康を守るために、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサー

愛犬といちご、下痢の原因

いちごを食べて下痢をした、その原因tとは

愛犬にとって、いちごは魅力的なおやつですよね。しかし、実はいちごは犬にとって消化しにくい果物なんです。 だから与えすぎると、下痢や嘔吐などの消化器症状を引き起こしてしまうことがあります。

なぜいちごは犬にとって消化しにくいのか? その理由は、主に以下の4つが挙げられます。

1. 食物繊維

いちごには、水溶性食物繊維であるペクチンが豊富に含まれています。 ペクチンは腸内環境を整え、善玉菌を増やす効果がありますが、過剰に摂取すると下痢の原因になることがあります。

犬はもともと雑食性であり、ある程度の食物繊維を消化することができますが、急激に多くの食物繊維を摂取すると、腸内環境が乱れて下痢を起こす可能性があります。

2. 農薬などの影響

いちごは農薬を使って栽培されていることが多いため、農薬が残留している場合、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。 特に、有機栽培でないいちごは、農薬の使用量が多いため注意が必要です。

3.

いちごにはクエン酸やリンゴ酸などの酸が含まれています。これらの酸は、犬にとってもある程度は問題ありませんが、犬の体質や胃腸の状態によっては、酸性の強い食べ物を摂取することで下痢などの消化不良を起こすことがあります。 特に、子犬や老犬、胃腸が弱い犬などは注意が必要です。

では、いちごを全く与えてはいけないのでしょうか?

答えはNOです。

与え方や量に気を付ければ、愛犬といちごを楽しむことはできます。

では、その適量とはどのくらいでしょうか?

こちらでそのことについてお伝えしています。

4. 犬がいちごを食べて下痢になるのはアレルギーによる原因の場合もある

いちごはバラ科の果物であり、桃やさくらんぼなどのバラ科の果物にアレルギーを持つ犬は、いちごを食べてもアレルギー反応を起こす可能性があります。

アレルギー反応として現れる症状は以下の通り。

  • 皮膚症状: 皮膚のかゆみ、赤み、発疹など
  • 消化器症状: 下痢、嘔吐、食欲不振など
  • 呼吸器症状: くしゃみ、鼻水、呼吸困難など

愛犬がいちごを食べた後にこのような症状が現れた場合は、 すぐにいちごを与えるのを中止して様子を見るか、症状がひどい場合は、獣医師に相談することが重要です。

犬の体重別、いちごの目安量

いちごは犬にとって 適量であれば問題ないおやつですが、 与えすぎると下痢や嘔吐などの消化器症状 を引き起こす可能性があると先ほどお伝えました・・・。

でも、適量っていういけれど、獣医師によってそれぞれ違うことを知っておいてください。

例えば、いちごのカロリーから算出して、小型(体重2~5kg)ならいちご4個~8個が適量としているケースもありますし、5kg程度の小型犬なら1粒を推奨とする獣医師もいます。

適量が大きく違うからどちらを信用していいのか迷いますよね。

考え方としては、犬それぞれ、体質的にいちごが合う合わないがあるから、はじめは少量を与えることが大事だとしておくのがベストです。

それと、総合栄養食のドッグフードをあげているなら、それで栄養は満たされていると考えられるため、それほどいちごなどの果物をたくさんあげる必要もないかと思います。

この考えから、少ない量を推奨している獣医師の適量をもとに、下に犬の体重別のいちごの適量を示しました。

ただし、 これはあくまでも目安なので、 愛犬の体調や体質によって適切な量は異なることは忘れないでくださいね。

与えた後は様子をよ~く観察して、 下痢などの症状が現れた場合はすぐに与えるのを中止して、獣医師に相談してください

小型犬(体重10kg未満)

体重10kgまでの小型犬のいちごは1個。柴犬、チワワ、パグ、ミニチュアピンシャー、トイプードルなど
  • 小型犬(10kg未満)は1日あたり: いちご1粒(約15~30g)

中型犬(体重10~25kg未満)

10~25kgの中型犬のいちごの量1日に2~3個。ボーダーコリー、フレンチブルドッグ、ビーグルなど
  • 1日あたり: いちご2~3個(約30~45g)

大型犬(体重25kg以上)

体重25kg以上の大型犬は1日3~4個のいちご。秋田犬、ラブラドルレトリバー、ゴールデンレトリーバーなど
  • 1日あたり: いちご3~4個(約45~60g)

いちごが下痢以外で犬に与える影響

下痢やアレルギー以外にも、いちごが犬に与える可能性のある影響は以下の通りです。

  • ムシ歯: いちごには糖分が多く含まれているため、与えすぎるとムシ歯の原因となるリスクがある。
  • 尿路結石: いちごにはシュウ酸が多く含まれているため、与えすぎると尿路結石の原因となる。

これらの影響を避けるためには、 いちごを少量ずつ、様子を見ながら与えることが重要です。

愛犬がいちごを安全に楽しむためのポイント

愛犬がいちごを安全に楽しむためのポイントについて解説

愛犬がいちごを安全に楽しむためには、以下の点に注意してください。

  • 少量から与える: 最初は少量ずつ与え、愛犬の様子を見ながら量を増やしてください。
  • 完熟したものだけを与える: 完熟していないいちごは、酸味が強く下痢の原因となる可能性があります。
  • ヘタを取り除く: ヘタには農薬が残っている可能性があるため、必ず取り除きましょう。
  • 水でよく洗う: いちごは農薬が使われていることがあるため、水でよく洗いましょう。
  • 様子を見ながら与える: 与えた後は、愛犬の様子をよく観察すること。下痢や嘔吐などの症状が現れた場合は、すぐに与えるのを中止してください。

上記のポイントを参考に、愛犬といちごを安全に楽しみましょう!

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

ペットフードアドバイザー・ゆずりんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました