犬が食べれる果物

犬はりんごの種や芯を食べてもいいの?

      
犬が食べれる果物
       

りんごは栄養価が高く、人にとって健康に良い果物とされていますが、犬にもあてはめることができるのでしょうか。そして、りんごについて飼い主が抱くたくさんの疑問。それは、犬にりんごを食べさせてもいいの?皮はどうなの?種や芯はどうなの?また、どのくらいが適量なの?アレルギーはあるの?子犬にはどうなの?などたくさんあるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、先ほどの疑問点に加え、りんごを与える際の注意点、りんごの効果などについて取り上げて解説します。

愛犬の健康と幸福を第一に考える飼い主の方々にとって、この情報が役立てば幸いです。

  1. 犬にりんごを与えてもいいの?
    1. 「犬にりんごを与えも平気」は獣医師のお墨付きです
    2. 子犬にりんごを与える場合
  2. 犬にりんごを与える前に種や芯を取り除く必要がありますか?
  3. りんごの栄養成分と犬との関係性
    1. ビタミン
    2. ミネラル
    3. 食物繊維
    4. プロシアニジン
  4. 犬はりんごを1日あたり何グラム食べれるの?
    1. 犬のりんごの上限量
    2. 小型犬(体重2~10kg)のりんごの量
    3. 中型犬(体重11~17kg)のりんごの量
    4. 大型犬(20~50kg)のりんごの量
    5. 幼犬(子犬)にはりんごをすりおりして与えてください
  5. 犬にりんごの皮を与えても大丈夫?
    1. りんごの皮の栄養素のメリット
  6. りんごを犬が食べることによる効果とは?
    1. 1、りんごのクエン酸により犬の尿管結石を防ぐ効果が期待できる
    2. 2、りんごは犬の消化促進に効果がある
    3. 3、免疫力の向上に効果
    4. 4、口腔衛生の向上効果
    5. 5、犬の体重管理に有効
    6. 6、アレルギー対策
    7. 7、りんごに含まれるペクチン
  7. すりおろしたりんごの効果
    1. すりおろしたりんごは犬の病気に効く!?
  8. 犬にりんごの皮を食べさせるときの注意点
    1. りんごはよく洗ってください
    2. 少量から食べさせてください
    3. りんごのアレルギー
  9. りんごについてのQ&A
  10. 犬へのりんごの与え方とは?
    1. 1、りんごの皮の扱い
    2. 2、りんごを食べさせる際の大きさ
    3. 3、与え方の基本
  11. 腎臓病の犬にりんごを与えていいの?
  12. 犬にりんごアレルギーはありますか?
  13. 犬のおやつ「りんごのフリーズドライ」は大丈夫?
  14. 犬のりんごレシピ
    1. 犬用のりんごとヨーグルトのレシピ
    2. 材料
    3. 作り方
    4. 調理時間
    5. 料理のカロリー
    6. 与えていい量
  15. まとめ
  16. 記事投稿者
  17. 関連記事

犬にりんごを与えてもいいの?

りんご(種や芯は除く)には、毒となる物質が含まれていませんので、犬にとって安全な果物です。むしろ、りんごにはペクチンという成分が含まれており、この成分は腸内細菌に良い影響を与えています。ペクチンとは水溶性の食物繊維で、特に腸内の善玉菌の餌となります。この特性により、ペクチンはプレバイオティクスとしての役割を果たし、犬の健康な腸内フローラのサポートに貢献します。
繰り返しになりますが、以上のことから犬にとってりんごは安全であり、食べても大丈夫な果物とされています。

「犬にりんごを与えも平気」は獣医師のお墨付きです

犬にりんごを与えても大丈夫です。とコンサルティング獣医師でもあるサンドラ・ミッチェル博士が監修した、ヘクター・ジョイ博士の記事に記されています。もちろん他のたくさんの獣医師もりんごの安全性については認めています。

ただし、すべての犬にとってりんごが安全というわけではありません。中には、りんごアレルギーを持っている犬もいるためです。ですから安全性を考えて、少量から食べさせて様子をみることが大切です。

またりんごの種子には有毒なシアン化物が含まれていますので、与える前に取り除いてください。さらには、りんごの中心にある「芯」は窒息の危険性があるため、こちらも取り除いてください。そうすることで、りんごを時々おやつとして安全に与えることができます。

子犬にりんごを与える場合

子犬にはりんごを与えるならば、りんごをすりおろしてから与えることを推奨します。注意点としては、りんごは糖分があるため、たくさん与えないでください。それと、糖尿病のある犬にりんごを与える際は獣医師に相談してからにしましょう。

犬にりんごを与える前に種や芯を取り除く必要がありますか?

手のひらの上にりんごの種

犬にりんごの種や芯は与えてはいけません。理由としては、りんごの種や芯には、「青酸配糖体」と呼ばれる物質が含まれているからです。 そのひとつがアミグダリンで、腸内細菌によってシアン化物に変わるとされています。このシアン化物は大量に摂取すると以下のような中毒症状が現れます。

  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹痛
  • 呼吸困難
  • 動悸
  • 発作
  • 意識の混濁や失神

これらの症状はシアン化水素の量に依存し、重度の場合は死に至ることもあります。そのため、犬に与えてはいけないのはもちろんですが、誤って口にしてしまうこともあるでしょう。そうしたときは飼い主としては犬がどうなってしまうのか、とても心配ですよね。

そこで、犬がりんごの種をどのくらい食べたら中毒症状が現れるのかについて調べてみました。そうしたところ、獣医師Sandra C. Mitchellが明確に答えていましたのでご紹介します。

りんごの種には犬にも人にも有毒なシアン化物が含まれています。ただし、犬がシアン化物中毒を引き起こすには、リンゴの種を大量に食べなければなりません。

中型犬の場合、約85グラムの種子、または約200個のリンゴの種子を噛み砕いて飲み込む必要があります。小型犬の場合はリンゴ約100個、大型犬の場合は約300個が必要です。

petMd

このように大量に食べなければ中毒症状は問題ないと回答していますので、少しのりんごの種を犬が口にした程度では心配はいらないようです。しかし、犬種や個体によって少量の種でも具合が悪くなる犬もいると思いますので、もし種を食べしてしまったら、その後は十分に観察をし、必要と思われるようでしたら獣医師の診察を受けることを推奨します。

りんごの栄養成分と犬との関係性

りんごは、犬にとっても非常に栄養価が高い食べ物です。このセクションでは、りんごに含まれる主要なビタミン、ミネラル、食物繊維の種類とそれぞれの健康効果について詳しく見ていきます。

ビタミン

  1. ビタミンC – 強力な抗酸化剤であり、免疫系を強化し、老化防止にも役立ちます。
  2. ビタミンA – 犬の皮膚、コート、筋肉、神経の健康に重要です。
  3. ビタミンK – 血液の凝固に必要で、骨の健康にも役立ちます。

ミネラル

  1. カリウム – 犬の筋肉、神経機能、酵素活動をサポートします。りんごは100gあたりカリウム120mg含有しています。ちなみにバナナのカリウムは、100gあたり360mgです。
  2. カルシウム – 骨と歯の健康を維持し、筋肉の動きと神経伝達にも必要です。

食物繊維

  • りんごに含まれる食物繊維は犬の消化を助け、腸内環境を改善します。特に、溶解性と不溶解性の両方の繊維が豊富で、満腹感を与え、体重管理にも役立ちます。

プロシアニジン

  • りんごには様々なフラボノイドやポリフェノールなどが含まれています。その中で注目されているのが、りんごに含まれるプロシアニジンです。このプロシアニジンは、特に強い抗酸化作用があることがわかっています。

抗酸化作用とは、活性酸素によって酸化を抑えることを、抗酸化と言い、活性酸素から体を守ることを抗酸化作用と言います。

公益財団法人長寿科学振興財団

犬にりんごを与えることは、多くの健康上の利点を提供します。ただし、犬に与える際には適量を守りましょう。そして常にバランスの取れた食事が犬の健康の基本であり、りんごはその補助としての役割と認識しておきましょう。

犬はりんごを1日あたり何グラム食べれるの?

適切な小サイズにカットされたりんご

りんごの与えすぎによる犬への弊害がありますので、犬の体重や年齢に応じた適切な量(グラム数)を与えることが大切です。以下に、異なる体重の犬に対するりんごの適切な量について詳しく説明します。

犬のりんごの上限量

りんごの豆知識

りんごのカロリーは、皮なしで100gあたり53kcalです。りんごの平均的な重さは250g~350gです。

犬のおやつの目安は、その犬の1日に必要なカロリーの10%が限度とされていて、残りの90%はバランスのとれたドッグフードから摂取してください。そのため、以下の計算フォームからは1日に必要なカロリーの10%を限度として「1日あたりのりんご摂取量」として算出することができます。

犬のりんごの限度摂取量・計算フォーム

53 kcal

犬にりんごを与えたときは、それに見合った主食のカロリーを減らしてください。

小型犬(体重2~10kg)のりんごの量

小型犬のポメラニアン

小型犬に食べさせてよいりんご1日の限度量の表です。幼犬は、生後4ヶ月から1年まで。成犬とシニア犬は、避妊去勢ありのケースでりんごの量を計算しています。

犬の体重幼犬のりんご量成犬のりんご量シニア犬(7歳以上)のりんご量
2kg44 g35 g27 g
3 kg60 g48 g36 g
4 kg74 g60 g45 g
5 kg88 g70 g53 g
6 kg101 g81 g61 g
7 kg114 g91 g68 g
8 kg126 g101 g75 g
9 kg137 g110 g83 g
10 kg149 g119 g89 g
小型犬のりんごの量(g)

中型犬(体重11~17kg)のりんごの量

中型犬に食べさせてよいりんご1日の限度量の表です。幼犬は、生後4ヶ月から1年まで。成犬とシニア犬は、避妊去勢ありのケースでりんごの量を計算しています。

犬の体重幼犬のりんご量成犬のりんご量シニア犬(7歳以上)のりんご量
11 kg160 g128 g96 g
12 kg170 g136 g102 g
13 kg181g145 g109 g
14 kg191 g153 g115 g
15 kg201 g161 g121 g
16 kg211 g169 g127 g
17 kg221 g177 g133 g
20 kg200 g150 g
中型犬(体重11~17kg)のりんごの量(g)

大型犬(20~50kg)のりんごの量

大型犬に食べさせてよいりんご1日の限度量の表です。大型犬の成犬とシニア犬は、避妊去勢ありのケースでりんごの量を計算しています。

犬の体重成犬のりんご量シニア犬(7歳以上)のりんご量
25 kg236 g177 g
30 kg270 g203 g
35 kg304 g228 g
40 kg336 g252 g
50 kg398 g298 g
大型犬(20~50kg)のりんごの量(g)

幼犬(子犬)にはりんごをすりおりして与えてください

  • 幼犬には、ごく少量から始めることが重要です。初めて与える場合は、りんごをすりおろして与える。または小さな一切れから試し、消化の様子を観察してください。

犬にりんごの皮を与えても大丈夫?

りんごの皮

犬にりんごの皮ごと与えることは基本的に安全です。りんごの皮には食物繊維やペクチン、ポリフェノールが豊富に含まれており、適量を与えることで犬の消化に良い影響を与えることができます。獣医師も、「皮を含めたりんごのスライスを犬に与えることができる」と述べています。

皮も含めた新鮮なリンゴのスライスを犬に与えることができます。ただし、窒息の危険があるため、犬にリンゴの芯は与えないでください。

Dr. Sandra Mitchell

りんごの皮の栄養素のメリット

りんごの皮には、果肉よりも食物繊維が約1.35倍、ビタミンCが約1.5倍多く含まれています。(日本食品標準成分表(八訂)増補2023年より)他にポリフェノールやフラボノイドも皮には多く含まれています。

犬にりんごの皮を与えるときは、以下の点に注意してください。

りんごを犬が食べることによる効果とは?

りんごは、犬の健康に多くの効果をもたらすとされています。このセクションでは、特に消化促進や免疫力向上などの側面に焦点を当てて、りんごが犬に与えるプラスの影響について詳しく掘り下げます。

1、りんごのクエン酸により犬の尿管結石を防ぐ効果が期待できる

りんごには、クエン酸が豊富に含まれています。クエン酸は、尿中でシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムの結晶化を抑制する働きがあります。また尿のアルカリPHを上昇させ酸性尿を改善するため、尿酸結石やシスチン結石ができるのを防ぐ効果もあります。こちらの効果は、人に対してのものですが、犬の尿管結石対策にもプラスに働くとされています。

参考文献:サルスクリニック 同友会グループ

2、りんごは犬の消化促進に効果がある

りんごに含まれる食物繊維は、犬の消化システムの正常な機能に役立ちます。特に、水溶性繊維は水に溶けてゲル状になり、便の量を増やし、腸内を滑らかに通過するのを助けます。これにより、便秘の予防や緩和に効果的です。

3、免疫力の向上に効果

りんごにはビタミンCやビタミンAなどの抗酸化ビタミンが含まれています。これらのビタミンは、犬の免疫システムを強化し、病気や感染からの保護に役立ちます。

4、口腔衛生の向上効果

犬にとってりんごを噛むことは、歯の健康にも良い影響を及ぼします。噛む行為は歯垢の除去に役立ち、またりんごの水分が口腔内をきれいにする助けとなります。

5、犬の体重管理に有効

低カロリーかつ高繊維質のりんごは、犬の体重管理に有効です。満腹感を与えることで過食を防ぎ、健康的な体重を維持するのに役立ちます。

6、アレルギー対策

りんごに含まれるケルセチンというフラボノイドは、アレルギー症状を抑制する作用を持ちます。これは、犬のアレルギー症状を緩和するのに役立つ可能性があります。

総じて、りんごは犬の健康に多くのプラスの影響を与えることができますが、適量を守ることが重要です。また、特定の健康状態や食物アレルギーを持つ犬には、獣医師の指導の下で与えるようにしましょう。常にりんごを新鮮かつ安全に提供することを心掛け、種や芯は取り除くことを忘れないでください。

7、りんごに含まれるペクチン

ペクチンは、りんごを含む多くの果物に自然に存在する水溶性食物繊維です。犬の健康にもたらす利点に焦点を当てて、ペクチンの効果と影響について深く掘り下げてみましょう。

ペクチンの健康効果

  1. 消化の改善 – ペクチンは消化器官を通過する際に水分を吸収し、便の量と質を改善します。これにより、便秘の予防や緩和に効果的です。
  2. 腸内環境の改善 – ペクチンは腸内細菌のバランスを改善し、健康な腸内フローラの維持に寄与します。これにより、腸の健康が促進され、免疫力の強化にも役立ちます。
  3. コレステロールの低下 – 研究によると、ペクチンは血中コレステロールの低下に寄与する可能性があります。これは、心臓病のリスクを減らすのに役立ちます。
  4. 血糖値の安定化 – ペクチンは食事からの糖の吸収を遅らせる効果があり、血糖値の急激な上昇を防ぐのに有効です。これは、糖尿病を持つ犬や体重管理が必要な犬に特に重要です。

犬への影響

  • ペクチンは犬にとって安全な成分ですが、適量を守ることが重要です。過剰に摂取すると、消化不良や下痢を引き起こす可能性があります。

ペクチンは、犬にりんごを与える際の重要な健康効果を持つ成分です。消化の改善、腸内環境の維持、コレステロールの低下、血糖値の安定化など、犬の健康に多くの利点を提供します。しかし、適切な量を守り、犬の反応を注意深く観察することが重要です。

すりおろしたりんごの効果

すりおろしたりんごは犬の病気に効く!?

「下痢や消化不良、風邪のときにすりおろしたりんごを2日間食べると、りんごの整腸作用により改善した」とドイツの科学者モーロが1927年に医学雑誌に発表した食事療法です。参考:りんご大学

こちらのモーロの発表は、人に対してのものです。犬での、すりおろしたりんごが下痢や消化不良などの病気の症状に効果的かどうかは不明です。

りんご酢(ACV)が犬の疾患などに効果的?

ついでに取り上げますと、犬の疾患などに効果があると注目されいるのが、リンゴ酢(ACV)です。以下の症状に効果があるとされています。

使用法として、りんご酢(ACV)と水を 50/50で混ぜ合わせたものを綿棒を使って痛みのある場所に直接塗布する方法です。必要に応じて再塗布します。

かゆみ、フケの軽減、くすんだ毛並みの改善、犬の耳を清潔に保ち、感染のリスクを減らす、犬の筋肉痛を和らげる、尿路感染症を解消し、腎臓および膀胱結石の形成を防ぐ。

また、りんご酢(ACV)が虫歯の予防に役立つという報告があります。りんご酢(ACV)に含まれる酢酸が歯垢を分解し、犬の歯から歯石を除去します。参考サイト:犬用のりんご酢は安全ですか?(英語)犬用アップルサイダービネガー

犬にりんごの皮を食べさせるときの注意点

犬にリンゴの皮を与える際の注意点がありますので見てみましょう。

りんごはよく洗ってください

りんごの皮には農薬や他の化学物質が残留している可能性があります。与える前にりんごをよく洗うか、できれば有機栽培のりんごを使用してください。

少量から食べさせてください

りんごの皮は犬によって消化しにくい場合があります。特に消化器系が敏感な犬や小型犬には、少量から始めて様子を見ることが重要です。

りんごのアレルギー

まれに犬がりんごや皮ににアレルギーを持っている場合があります。初めて与える場合は少量から始め、アレルギー反応や消化不良の兆候がないか注意深く観察してください。

りんごの皮を適切に処理して適量を守れば、犬の健康的なおやつとして利用できます。しかし、いつものように、新しい食品を犬の食事に導入する際は、獣医師のアドバイスを参考にすることが最善です。

りんごについてのQ&A

Q
りんごの糖質量はどのくらいありますか?
A

りんごの糖質量は100gあたり約14.3gです。りんご1個ですと、中程度の大きさで1個300gくらいはありますので、おおよそ52gくらいです。

Q
りんごを食べると血糖値は急激にあがりますか?
A

りんごには、ペクチンという水溶性食物繊維が含まれています。ペクチンは、糖質を吸収する働きがあるので、血糖値の急激な上昇を防ぐのに有効です。またセルロースなどの食物繊維も多く含まれているため、血糖値は穏やかに上昇する作用が働きます。犬にとっても、ペクチンは様々な健康上の利点を提供する可能性があります。

Q
りんごのGI値はどのくらいですか?
A

GI値とは、グリセミックインデックスの略で食後に上昇する血糖値の上がり方を数値化したものです。この数値が低いほど、血糖値の上昇が穏やかになります。最高値は、ブドウ糖のみを摂取した値を100としています。りんごのGI値は、平均で36とされていますので、低GI食品です。いちごみかんグレープフルーツなども低GI食品です。

犬へのりんごの与え方とは?

犬にりんごを与える際の正しい方法を知ることは、犬の健康と安全を守る上で非常に重要です。以下に、りんごの皮の取り扱い、サイズ、そして与え方に関する具体的なアドバイスを紹介します。

1、りんごの皮の扱い

  1. 皮付きでの与え方 – りんごの皮には栄養が豊富に含まれていますが、農薬や汚れも付着している可能性があります。新鮮で、農薬が使われていないりんごを選び、よく洗浄した後、皮付きで与えることができます。
  2. 皮をむく場合 – りんごの皮が消化に負担をかける可能性がある場合や、農薬の心配がある場合は、皮をむいてから食べさせるのが安全です。

2、りんごを食べさせる際の大きさ

  • りんごは、すりおろすか小さく切って与えます。これにより、窒息のリスクを減らし、飲み込むのが容易になります。特に小型犬や高齢犬には、すりおろすか一口大に切ることをお勧めします。

3、与え方の基本

  1. 種と芯の除去 – りんごの種にはシアン化物が含まれており、芯も窒息の原因となるため、必ず取り除いてください。
  2. 適量を守る – りんごはスナックとしてのみ与え、犬の食事の大部分を占めるべきではありません。サイズに応じた適切な量を守ります。
  3. 初めての場合の注意 – りんごを初めて与える場合は、小さな一切れから始め、犬の反応を観察します。消化不良やアレルギー反応の兆候がないか注意深くチェックしてください。

犬にとってりんごは健康的なおやつですが、正しい与え方を理解し、適切な量を守ることが重要です。りんごの種と芯は取り除き、小さく切って安全に与えましょう。また、犬の健康状態や食事のバランスにも注意を払い、必要に応じて獣医師のアドバイスを求めてください。

腎臓病の犬にりんごを与えていいの?

腎臓病を抱える犬にりんごを与える際には、特別な注意が必要です。腎臓病のある犬は特定の食事制限を必要とする場合が多く、りんごの与え方にも配慮が求められます。以下に、腎臓病のある犬にりんごを与える際の注意点と推奨事項について説明します。

注意点

  1. カリウム含有量 – りんごはカリウムを含むため、腎臓病の犬では、カリウムの摂取量を制限する必要がある場合があります。獣医師に相談し、りんごの与え方を調整してください。
  2. 水分負担 – 腎臓病の犬は水分のバランスに影響を受けやすいので、高水分の食品は注意が必要です。りんごは水分が多いため、適量を守ることが重要です。
  3. 食物繊維 – りんごに含まれる食物繊維は、通常は健康に良いですが、腎臓病の犬には消化器官への負担となる場合があります。獣医師の指導のもとで与えてください。

推奨事項

  1. 獣医師の指導 – 腎臓病の犬にりんごを含む新しい食品を与える前には、必ず獣医師に相談してください。獣医師は、犬の健康状態に応じた適切な食事計画を提案してくれます。
  2. 量の制限 – もし獣医師がりんごの摂取を許可した場合、小さな量から始め、犬の反応を慎重に観察してください。
  3. 種と芯の除去 – りんごの種や芯には犬に有害な成分が含まれているため、必ず取り除いてから与えてください。

腎臓病のある犬にりんごを与える場合、獣医師の指導のもと、慎重に量と頻度を調整することが重要です。りんごは栄養価が高く、健康に良い効果をもたらす可能性がありますが、腎臓病の犬にとっては特別な配慮が必要です。常に犬の健康を最優先に考え、獣医師の助言に従いましょう。

犬にりんごアレルギーはありますか?

りんごは通常、犬にとって安全な食品ですが、稀にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。ここでは、りんごによるアレルギー反応の兆候とその対処法について解説します。

アレルギー反応の兆候

  1. 皮膚の症状 – かゆみ、赤み、蕁麻疹(じんましん)、皮膚の刺激や炎症などが見られる場合があります。
  2. 消化器系の症状 – 下痢、嘔吐、胃腸の不調などがアレルギー反応の可能性を示す兆候です。
  3. 呼吸器系の症状 – 呼吸困難、咳、くしゃみなどが起こることもありますが、これは非常に重篤な症状で、すぐに獣医師の診察が必要です。
  4. 行動の変化 – 普段と異なる行動、元気がない、無気力などもアレルギーのサインとなることがあります。

対処法

  1. アレルギー反応の確認 – アレルギー反応が疑われる場合は、まずりんごの摂取を中止し、犬の状態を観察します。
  2. 獣医師の診察 – アレルギー症状が現れた場合は、迅速に獣医師の診察を受けることが重要です。獣医師は適切な治療とアドバイスを提供できます。
  3. アレルゲンの特定 – 獣医師はアレルギー検査を行い、りんご以外の原因がないか調べることがあります。
  4. 対症療法 – アレルギー症状によっては、抗ヒスタミン剤やステロイドなどの薬物治療が必要となる場合があります。

りんごによるアレルギー反応はまれですが、万が一症状が現れた場合は、すぐにりんごの摂取を中止し、獣医師の診察を受けることが重要です。また、初めてりんごを与える際には、小さな量から始めて犬の反応を慎重に観察することが推奨されます。

犬のおやつ「りんごのフリーズドライ」は大丈夫?

りんごのフリーズドライ
りんごのフリーズドライ

りんごのフリーズドライは、犬にとって安全で栄養価の高い選択肢となります。しかし、犬用以外のフリーズドライを与える際にはいくつかの注意点を考慮してください。以下に、りんごのフリーズドライの安全性と与える際のガイドラインを説明します。

安全性について

  • 品質の高いフリーズドライ – りんごのフリーズドライを選ぶ際には、全体的な品質と栄養バランスに注意してください。信頼できるメーカーから、無添加でバランスの取れた配合のフードを選ぶことが重要です。
  • 保存料や添加物 – りんごのフリーズドライを選ぶ際には、不必要な保存料や添加物が含まれていないか確認します。自然な成分から作られたフードの方が、犬の健康には適しています。

与える際のガイドライン

  1. 量の調整 – フリーズドライに含まれる乾燥りんごの量に応じて、犬の全体的な食事量を調整してください。りんごは補助的なおやつであり、主食を置き換えるものではありません。犬用のりんごフリーズドライは、100gあたり300~370kcalが一般的なカロリーですので、与える量には注意が必要です。
  2. アレルギー反応の確認 – 乾燥りんごを初めて含むフードを与える際には、犬のアレルギー反応に注意してください。最初は少量から始め、犬の健康状態を観察します。
  3. 水分補給 – 乾燥フードを与える場合、十分な水分補給が必要です。常に新鮮な水を利用可能にしておきましょう。
  4. 獣医師の相談 – 犬の健康状態や特定の栄養ニーズに応じて、獣医師と相談しながら適切なフリーズドライを選ぶことが推奨されます。

りんごのフリーズドライは、品質が良く、適切に与えれば犬にとって健康的なおやつの選択肢となる可能性があります。フードの選択には慎重に行い、犬の健康状態や食事のバランスを常に考慮してください。また、新しいフードへの切り替えは徐々に行い、犬の反応を注意深く観察することが重要です。

犬のりんごレシピ

犬が食べられるりんごを使った簡単なレシピを紹介します。このレシピでは、犬に安全な材料を使用し、犬の健康を考慮した食事を提供することができます。ただし、犬に新しい食べ物を導入する際は、少量から始めて、犬の反応を観察することが大切です。また、犬の健康状態やアレルギーの有無によっては、食べられない場合もあるので、獣医師に相談することをお勧めします。

犬用のりんごとヨーグルトのレシピ

犬用のりんごとヨーグルトのレシピを紹介します。このレシピは、犬の消化を助け、健康をサポートするために選ばれた成分を使用しています。ただし、犬にヨーグルトを初めて与える場合は、無糖かつ無添加のプレーンヨーグルトを選び、少量から始めてください。また、犬が乳製品にアレルギーを持っていないことを確認してください。

材料

  • りんご 1/2個(種と芯を取り除き、皮をむく)
  • プレーンヨーグルト 大さじ2

作り方

  1. りんごをよく洗い、皮をむきます。
  2. 種と芯を取り除き、りんごを小さめのサイコロ状に切ります。
  3. 切ったりんごをボウルに入れ、プレーンヨーグルトを加えます。
  4. りんごとヨーグルトをよく混ぜ合わせます。

調理時間

  • 約5分

料理のカロリー

  • りんご1個約80カロリー、プレーンヨーグルト(大さじ2)約30カロリー。合計約110カロリー。※これは一般的な目安です。

与えていい量

  • このレシピは、小型犬であれば3回分、中型犬で2回分程度です。ただし、犬のサイズや活動量によって調整してください。

まとめ

この記事では、「犬はりんごを食べてもいいのか、そして皮はどうなのか」という疑問に答えました。私たちは、りんごの栄養素、犬にとってのりんごの効果、適切なりんごの量、ペクチンの健康効果、腎臓病のある犬に対するりんごの影響、安全なりんごの与え方、アレルギーの可能性、りんごのフリーズドライの摂取について詳しく説明しました。

私たちの調査によると、りんごは犬にとって多くの健康上の利点を提供します。これには、消化の促進、免疫力の向上、体重管理の助けとなることなどが含まれます。しかし、りんごを与える際には、適量を守り、種や芯を取り除くことが重要です。また、特定の健康状態を持つ犬やアレルギー反応を示す犬には注意が必要です。

総じて、りんごは犬にとって安全で栄養価の高いおやつですが、いかなる食品も適切に与えることが重要です。この記事を通じて、飼い主が愛犬にりんごを安全に与えるためのガイドラインを提供しました。

記事投稿者

ペットフードアドバイザー・ゆずりん

私が子どもの頃、犬を飼い始めたのはペットフードがまだ広く普及していない時代でした。その当時、私の近所では多くの人が犬にご飯に味噌汁をかけたものを食べさせていましたので、私もそれを見て同じようにしていました。しかし、その犬たちが短命だったのは、後になって理解したことですが、塩分の過剰摂取、タンパク質の不足、及び栄養バランスの不備が原因であったと考えられます。このような個人的な経験を通じて、ペットフードや犬の健康に関する知識を深めてきました。この知識を生かして、私は記事を書き、それをオンラインで共有しています。

関連記事

犬はバナナ食べても大丈夫!小型犬の量や注意点とは
犬が食べていい果物と食べてはいけない果物
犬に柿を食べさせても大丈夫?干し柿は?適切な量とは?
タイトルとURLをコピーしました